2007年08月

2007年08月31日

ダービーグランプリ 今年は岩手所属馬限定戦の見通し(2007.8.31)

サンケイスポーツは31日(金)付の紙面で、
9月17日(月・祝)に盛岡競馬場で予定されている
ダービーグランプリについて、
今年は例年のJRA所属馬も含めた全国交流のJpn1競走ではなく、
岩手所属馬のみのレースとして行うことになった、と報じている。
馬インフルエンザの影響により、
JRA馬、及び他地区地方馬の移動が出来ない現状を受けて、
交流レースとしての実施は困難であると判断された模様。
尚、Jpn1で実施される場合には、
1着賞金は4000万円(昨年は5000万円)の予定だったが、
地元馬限定戦ということで1着賞金は600万円に変更の上、実施される。

ダービーグランプリが地方馬限定レースに…「交流GI」は中止(サンスポ)

残念ですが、今年に限ってはこの形で仕方がないように思えます。
岩手競馬自身も大きな出費がなくなった訳ですから、
これを競馬再建のいいきっかけに、
と前向きに考えた方がいいように思えます。

アーバンダート百科



kan16i at 07:11|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

佐賀競馬 更に39頭が陽性に 馬インフルエンザ問題・地方競馬の動き(2007.8.31)

岩手県競馬組合は30日(木)、
盛岡所属の9頭から馬インフルエンザの陽性反応が見つかったと発表した。

馬インフルエンザの状況について(30日16:00時点)(岩手競馬公式サイト)

大井競馬で29日(水)、30日(木)に行った馬インフルエンザの検査結果が
発表された。
29日(水)は大井競馬場から7頭、小林分場から1頭、
30日(木)は大井競馬場、小林分場からそれぞれ1頭が
陽性と診断されている。

馬インフルエンザウイルスの検査結果について(大井競馬公式サイト)

開催中止となった9月2日(日)の大井競馬場及び各オフト等関連施設、
川崎、船橋、浦和競馬場では、
払戻業務のみが行われる。
大井競馬場内ふるさとコーナーも含めて、
他地区広域発売は行なわれない。
前売された指定席については
払戻の措置が取られるとのこと。

またこの日、大井競馬場で行われる予定だった、
「相馬野馬追」、「ミニチュアホースとのふれあい」、
「ポニー乗馬」、「クライズデールとのふれあい」は中止となった。
「相馬野馬追」は、日を改めて実施の予定。
「スタークルージング」については、
馬インフルエンザウイルスの防疫強化のため、
9月3日(月)〜9月7日(金)も中止となった。

9月2日(日)に放送予定だった、
「TOKYO MX」、「スカイパーフェクTV!(120ch)」、
およびケーブルテレビ各社の大井競馬中継も中止となっている。

第10回大井競馬開催日程変更等に伴う各サービスについて(大井競馬公式サイト)

当初、8月26日(日)に実施予定だった金沢競馬場の
「金沢ホースパークファン感謝デー」は
9月16日(日)に行われることになった。
「西城秀樹スペシャルライブ」もこの日に行われる。

金沢競馬からのお知らせ No.8(金沢競馬公式サイト)

佐賀競馬では30日(木)、馬インフルエンザについて、
これまで検査していなかった全ての馬(357頭)を検査、
このうち、39頭から陽性反応が出た。
これで佐賀で陽性反応が見つかった馬は103頭となった。
9月1日(土)、2日(日)の開催日については
全出走予定馬に前日検査を行い、
馬インフルエンザに感染していないことが確認された馬については、
競馬までの間、万全の管理を行い、
当日の出走前に臨床検査を実施し、
発熱等の病状を呈していない馬のみで予定どおり開催を行うとのこと。

佐賀競馬における馬インフルエンザの発症状況について(佐賀競馬公式サイト)

岩手も佐賀同様、全頭検査を行えば、
同様の頭数になるような気がします。
その岩手ですが、これまで感染は水沢所属馬ばかりだったのですが、
ここにきて盛岡所属馬からの感染が見つかっています。
これはレースを続けている事による影響のように思えるのですが、
どうなのでしょうか?

全国地方競馬ガイド (SOFTBANK MOOK)



kan16i at 06:57|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

JRA 1日(土)・2日(日)の出走予定馬からは1頭が陽性(2007.8.31)

JRAは30日(木)の19時10分頃、
9月1日(土)・2日(日)の
札幌・新潟・小倉競馬における「馬番なし出馬表」を発表した。
出馬投票を行った全馬について簡易キットによる
馬インフルエンザの検査を行った結果、
1頭から陽性反応が見つかったとのこと。

9月1日(土)、2日(日)分の「馬番なし出馬表」について(JRA公式サイト)

メディアの中には新たな陽性馬が1頭ということで、
「沈静化」という表現を使っているところがありますが、
これはいくら何でも早すぎるかと思われます。
25日(土)・26日(日)に出走した馬も多数出走すると見られる
9月8日(土)・9日(日)の状況を見るべきではないでしょうか。
「レース出走」による影響は見極めないといけないでしょう。
それからこの週末も「感冒」による出走取消馬が多数出るようなら、
別のウイルスの可能性も含めて注意する必要があると思います。
そして何より現在、放牧などで施設の外にいる馬の移動が
出来るようにならないと、
とても「沈静化」とは言えないでしょうね。

競走馬の科学 (ブルーバックス)



kan16i at 06:17|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

札幌記念 記念入場券の発売はなし(2007.8.31)

JRAは30日(木)、
9月2日(日)に日程を変更の上で行う札幌記念について、
当日、札幌競馬場での記念入場券の発売を行なわないと発表した。

記念入場券の発売中止について【札幌競馬場】(JRA公式サイト)

既に発表されているデザインを見ると、

第43回札幌記念(JpnII)当日 記念入場券の発売のお知らせ【札幌競馬場】(JRA公式サイト)

券面に日付が入ってしまっています。
(当然と言えば当然ですが)
確かにこれでは売る訳にはいかないでしょうね。
勿体無い気はしますが・・・。

JRAディープ・インサイド―知られざる「競馬主催者」の素顔



kan16i at 06:04|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

京都大賞典に外国馬2頭(2007.8.31)

JRAは30日(木)、
京都大賞典に英国からプレッシング(牡4歳)、スーダン(牡4歳)の2頭が
予備登録したと発表した。

毎日王冠(GII)・京都大賞典(GII)・府中牝馬S(GIII)・ペルセウスS 外国馬情報(1)(JRA公式サイト)

京都大賞典の頃には
馬インフルエンザ問題が沈静化していて欲しいと
思っているのですが、果たして・・・。

海外競馬完全読本〈2006‐2007〉



2007年08月30日

(速報)船橋で3頭から陽性反応 川崎出走予定馬は除外に(追記あり)(2007.8.30)

30日(木)朝、船橋競馬場で
馬インフルエンザ感染の可能性のある馬5頭を検査したところ、
うち3頭から陽性反応が見つかった。
同競馬場では本日のうちに、
この3頭と同じ厩舎の馬について検査を行う。
また明日は全在厩馬の検査を行うとしている。

この影響により、
この日開催される川崎競馬に出走を予定していた船橋所属馬19頭は、
いずれも公正保持のため、競走除外となった。

馬インフルエンザ陽性馬の確認について(船橋競馬公式サイト)

30日(木)の川崎競馬(NAR公式サイト)

※追記―31日(金)6:24

陽性反応が出た3頭と同じ厩舎棟にいる馬49頭を検査したところ、
更に5頭から陽性反応が出た。
陽性馬の数は計8頭となった。
この8頭は既に隔離する措置が取られているとのこと。



kan16i at 15:41|PermalinkTrackBack(0)clip!速報 | 地方競馬

佐賀で新たに37頭が陽性 馬インフルエンザ問題・地方競馬の動き(2007.8.30)

佐賀県競馬組合は29日(水)、
在厩馬のうち、
新たに37頭から馬インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。
この日までに見つかった陽性馬は12厩舎64頭とのこと。
9月1日(土)・2日(日)の競馬開催については、
30日(木)に保健所と協議の上、決定するとのこと。

佐賀競馬 さらに37頭陽性(スポニチ)

岩手県競馬組合は29日(木)、
水沢所属馬3頭、盛岡所属馬4頭の計7頭から、
新たに馬インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。

新たに7頭…岩手競馬の感染馬54頭に(スポニチ)

北海道競馬事務所は29日(木)、
30日(木)の旭川競馬に出走予定の127頭のうち、
4頭から馬インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。
30日(木)の競馬開催はこの4頭を除いた形で行われる。
この他、発熱などの症状を示した馬とその関連する馬を検査の上、
更に7頭からも陽性反応が出たとのこと。

ホッカイドウ競馬の陽性馬は16頭に/馬インフル(netkeiba.com)

馬インフルエンザの影響による
園田競馬開催中止期間中の
同競馬場における場外発売の予定は次の通り。

9月4日(火)〜6日(木):名古屋競馬

9月10日(月):金沢競馬

9月11日(火)〜13日(木):笠松競馬

ニュースリリース(園田・姫路競馬公式サイト)より

佐賀で陽性馬が増えています。
今回の事態が発覚する直前にJRAとの交流競走が行われていましたから、
このような事態になることは予想できたことではありますが・・・。

地方競馬の場合、
「1日の開催中止」が存廃問題に結び付いてしまう感がありますが、
長期化して出走馬が確保できず、
「開催期間短縮」という状況になると
結果的には同じ事になってしまう気がします。
難しい判断ではありますが、
代替日を確保の上で「中止」の期間を作る決断も必要な気がします。



kan16i at 06:57|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

ベンバウン スプリンターズSに選出(2007.8.30)

JRAは29日(水)、
英国のベンバウン(セン6歳)をスプリンターズSに選出したと発表した。
またオーストラリアのマグナス(牡5歳)も選出されたが、
管理調教師から出走辞退の連絡が入ったとのこと。

スプリンターズステークス(GI) 外国馬情報(2)(JRA公式サイト)

スプリンターズSが行われる9月30日(日)の時点で、
外国馬がレースに参戦できるほどにまで、
馬インフルエンザ問題は終息しているでしょうか?
かなり難しいと思うのですが・・・。

海外競馬完全読本〈2006‐2007〉



2007年08月29日

(速報)笠松競馬 次回開催を2日短縮(訂正・追記あり)(2007.8.29)

岐阜県競馬組合は29日(水)、
次回の笠松競馬の開催日程を
9月9日(日)・11日(火)〜14日(金)の5日間開催という当初予定から、
9月11日(火)・12日(水)・13日(木)の3日間開催に変更すると発表した。
馬インフルエンザ防疫のため、他地区との交流を制限して、
競馬開催を行うことが開催期間短縮の理由となっている。

 ※最初にアップした際、
当初の開催予定を9月9日(日)・11日(火)〜13日(木)までの
4日間とお伝えしましたが、
14日(金)までの5日間の誤りでした。
開催日数は2日間減となります。お詫び・訂正します。(20:41)

 (追記―23:08)

笠松競馬場では9日(日)、10日(月)は
金沢競馬の場外発売を実施する。
また14日(金)は川崎の・ナイター競馬の場外発売を実施する。

第10回笠松競馬開催日程の変更について(笠松競馬公式サイト)

笠松は普段の競馬開催を見ていても
名古屋からの遠征馬がいるから成立している感があります。
馬インフルエンザの影響で、
その名古屋所属馬が参戦できない現状だけに、
この措置は止むを得ません。
名古屋―笠松間の交流再開が待たれるところです。



kan16i at 15:24|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 | 速報

金沢競馬「陽性馬」が全馬「陰性」に 馬インフルエンザ問題・地方競馬の動き(2007.8.29)

2日(日)の大井競馬が中止になった事により、
同競馬場内ふるさとコーナーで予定されていた
ばんえい十勝の場外発売は中止されることになった。

大井競馬の開催変更に伴う「ふるさとコーナー」での発売中止について(ばんえい十勝公式サイト)

ホッカイドウ競馬では28日(火)、
29日(水)の旭川競馬における出走予定馬のうち、
2頭から陽性反応が出たとのこと。
この2頭については隔離厩舎で厳重に管理中で、
レースには出走させないとのこと。

馬インフルエンザの検査結果について(8月28日)(ホッカイドウ競馬公式サイト)

岩手競馬では28日(火)、
水沢所属馬1頭から新たに馬インフルエンザの陽性反応が出た馬が
確認された。
また22日(水)〜24日(金)に陽性反応が確認され、
隔離措置をとっていた24頭のうち23頭について、
再検査の結果、陰性であることが確認されたことから、
隔離していた厩舎から帰厩させているとのこと。

馬インフルエンザの状況について(28日16:00時点)(岩手競馬公式サイト)

金沢競馬で「陽性」と確認されていた117頭は、
28日(火)の再検査の結果、
全頭陰性に転じたことが明らかとなった。
2日(日)、3日(月)の開催は、
出走前に再度簡易キットによる検査を行なった上で、
レースを実施する。

金沢競馬所属馬の馬インフルエンザ再検査結果について(金沢競馬公式サイト)

愛知県競馬組合は28日(火)、
臨時執務委員会で9月4日(火)〜7日(金)の名古屋競馬について、
公正確保のため、下記の措置を講じることによって、
競馬開催を行うことになった。

(1) 出走投票のあった競走馬を出走前日に、馬インフルエンザ簡易検査を行う。
(2) 出走当日、弥富トレーニングセンター(弥富市駒野町)で獣医による馬体検査を行う。
(3) 出走当日、名古屋競馬場(港区泰明町)で、獣医による十分な馬体検査を行う。

9月4日(火)〜9月7日(金)の開催について(名古屋競馬公式サイト)

佐賀競馬では28日(火)も在厩馬8頭から馬インフルエンザの
陽性反応馬が確認されている。

馬インフルエンザ発生と開催状況のお知らせ(8/28)(NAR公式サイト)

金沢は休催した効果が出た、と見るべきではないでしょうか。
まだこれで100%ではありませんが、
かなりのレベルで「安心して競馬を楽しめる競馬場」になるのは確実でしょう。
結果的に他よりも早く終息に向かっている、
そんな印象を受けました。



kan16i at 07:41|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬