2007年04月29日

兵庫県尼崎市に「関西国際競馬場(仮称)」案(2007.4.29)

関西の民間企業などで組織されている「大阪科学技術センター」が
兵庫県競馬(園田、姫路)の再建策として、
兵庫県尼崎市に「関西国際競馬場(仮称)」という新競馬場を建設する計画を
3月下旬に兵庫県などに提案している事が明らかになった。
計画案では、関西国際空港や神戸空港などの臨海部にある尼崎市なら
三木ホースランドパークの検疫施設を利用すれば、
国際レースも可能との事で、
総投資額は100億円以上と見積もられ、6年で回収できると試算しているとのこと。

「関西国際競馬場」計画を提案(netkeiba.com)

どこまで実現性のある話なのでしょうか?
確かに園田などは手狭でしょうから、
新たに競馬場を作った方が、
Jpn1レースの新設も期待できるとは思いますが、
果たしてそんな予算は・・・?
国際レースの話ですが、
三木ホースランドパークは検疫施設はありますが、
調教コースはなかった筈。
千葉県白井市のJRA競馬学校のように、
調教コースがないと外国馬を呼ぶのは難しいのでは?

神戸学



kan16i at 05:53│TrackBack(0)clip!地方競馬 

トラックバックURL