馬産地

2008年07月30日

タヤスツヨシ死亡(2008.7.30)

1995年のダービー馬で
現在は種牡馬として活躍していたタヤスツヨシが、
29日(火)10時10分、
繋養先の北海道・日高町にあるブリーダーズ・スタリオン・ステーションで
右大腿骨々折のため、死亡した。
この日の午前5時ごろ、放牧地に向かう途中の農道で立ち上がり、
バランスを崩して転倒した際に疾病を発症、
安楽死の措置が取られたとのこと。

タヤスツヨシはサンデーサイレンス産駒の16歳牡馬。
フジキセキやジェニュインなどとともに、
サンデーサイレンスの初年度産駒として注目を集めた。
1995年の日本ダービーの他、
前年のラジオたんぱ賞3歳Sを制している。
種牡馬となってからは2006年のダービーグランプリ(盛岡)を制した
マンオブパーサーの他、
ナスダックパワー(2001年ユニコーンS)、ディーエスサンダー(2003年マーキュリーカップ)、
ビービートルネード(2006年東京ダービー)、トップサバトン(2007年羽田盃)などを輩出していた。


サンデーサイレンス初年度産駒のダービー馬 タヤスツヨシ号の死亡について(JRA公式サイト)

kan16i at 07:32|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年07月17日

セレクトセール2008終了(2008.7.17)

北海道・苫小牧のノーザンホースパークで開催されていた
「セレクトセール2008」は16日(水)に3日間の全日程を終了した。
3日間合わせての結果は次の通り。

上場頭数:465頭(前年比マイナス2頭)

取引頭数:327頭(前年比マイナス21頭)

落札率:70.3%(前年比マイナス4.2ポイント)

落札価格:96億8660万円(前年比83.7%)


☆セレクトセール☆〜全日程終了、売上総額は前年比8割強(ラジオNIKKEI競馬実況ホームページ)



kan16i at 07:14|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年07月16日

セレクトセール2日目 ディープインパクト×ビワハイジに2億2000万円(2008.7.16)

北海道・苫小牧のノーザンホースパークで行われている
「セレクトセール2008」は2日目の15日(火)、
当歳馬のセールが行われた。

この日の上場頭数は165頭で落札されたのは124頭(落札率75.2%)、
落札価格は44億7150万円だった。
この日、最も高い金額で落札されたのは
ディープインパクト産駒の「ビワハイジの2008」で2億2000万円。
落札したのは「トーセン」の島川隆哉氏。
ディープインパクト産駒はこの他、
「エアトゥーレの2008」が1億円、
「スプリットザナイトの2008」が1億2500万円で落札されている。


☆セレクトセール☆〜2日目(当歳馬)の取引結果(ラジオNIKKEI競馬実況ホームページ)

ディープの子、2億2000万円(サンスポ)

kan16i at 06:09|PermalinkTrackBack(0)clip!

BTCが育成調教技術者研修生を募集(2008.7.16)

軽種馬育成調教センター(BTC)では、
育成技術者養成研修・第27期生を募集する。
今回の研修は2009年4月開講予定で、
北海道・浦河のBTC日高事業所において1年間、
全寮制で実施する。
応募資格は入講時、中学校卒業以上で30歳以下、
体重が概ね45キロから60キロで、
研修修了後必ず軽種馬の生産・育成に3年以上携わることが
出来る人、となっている。
詳しくは以下のリンク先を参照のこと。

育成調教技術者研修生募集!【軽種馬育成調教センター(BTC)】(JRA公式サイト)



kan16i at 05:53|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年07月15日

セレクトセール1日目 落札総額は大幅ダウン(2008.7.15)

14日(月)より北海道・苫小牧のノーザンホースパークで
「セレクトセール2008」がスタート。
1歳馬のセリが行われた14日(月)は
上場頭数151頭に対して105頭(前年比マイナス3頭)が落札された。
落札率は69.5%(同マイナス2.5%)、
落札総額は23億4760万円(前年比71.4%)という、
前年を大きく下回る結果に終わった。
最高落札価格馬はアグネスタキオン産駒の
「ブルーアヴェニューの2007」で
落札価格は2億4500万円。
クロフネの半弟にあたる。

15日(火)、16日(水)の2、3日目は当歳馬のセリが行われる。
注目のディープインパクトの初年度産駒36頭が
上場される予定となっている。

※金額はいずれも消費税は含まれていない。

★セレクトセール★(1日目)〜落札総額、前年比で7割強にとどまる(ラジオNIKKEI競馬実況ホームページ)

クロフネ弟2億4500万円/セレクトセール(ニッカン)

kan16i at 07:05|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年06月08日

ウォーエンブレム 生殖能力回復の兆しが(2008.6.8)

繁殖牝馬を怖がるなどの理由により、
種牡馬となってからの種付け頭数が
初年度4頭、2年目33頭、3年目5頭、4年目0頭と
厳しい状況が続く米国2冠馬ウォーエンブレムについて、
繋養先の社台スタリオンステーションでは、
米国ペンシルバニア大学のマクダネル博士の助力で集中的な治療を実施。
その結果、ここ数週間は毎日1頭ずつの種付けが行えるまでに
なっているとのこと。
重賞勝ち馬を輩出している種牡馬だけに、
今後の動向が注目される。

ウォーエンブレムに生殖能力の回復の兆し(サンスポ)



kan16i at 05:38|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年05月15日

リンデンリリー死亡(2008.5.15)

1991年のエリザベス女王杯を制したリンデンリリーが5日(月)、
北海道・厚真町の阿部栄乃進牧場で死亡した。
20歳だった。

リンデンリリーはミルジョージ産駒。
エリザベス女王杯のほか、
1991年にローズSを制している。
エリザベス女王杯で手綱を取ったのは、
後にレース中の落馬事故でこの世を去った故岡潤一郎騎手だった。
リンデンリリーはそのエリザベス女王杯のレース直後に
右前浅屈腱不全断裂を発症し、そのまま引退。
繁殖入りして、2003年のフィリーズレビューを制した
ヤマカツリリーを輩出している。

91年エ女王杯馬リンデンリリー死んでいた…(スポニチ)

kan16i at 07:25|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年05月14日

エアグルーヴ 父ディープインパクトの牝馬を出産(2008.5.14)

1996年のオークス、翌1997年の天皇賞・秋などを制したエアグルーヴが、
繋養先の北海道・安平町のノーザンファームで11日(日)午後11時15分、
父ディープインパクトの牝馬を出産した。
母仔ともに健康とのこと。

ディープインパクト×エアグルーヴの娘が誕生(netkeiba.com)



kan16i at 06:52|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年04月29日

中山競馬場でブリーズアップセール開催 最高落札額は2600万円(2008.4.29)

28日(月)、中山競馬場ではJRA育成馬によるセリ市、
ブリーズアップセールが行われた。
上場されたのは日高、宮崎で育成された71頭で、
落札されたのは牡馬30頭、牝馬29頭の計59頭で、
昨年よりも9頭減という結果となった。
総売却額は5億2196万円(前年比マイナス1億64万円
平均落札額は牡馬が1076万円(前年比マイナス85万9000円)、
牝馬が686万6000円(前年比マイナス242万円)。
最高落札額は「セイウンクノイチの2006」(父グラスワンダー)の2600万円。
昨年の最高落札額は3050万円だった。
今回、落札されなかった馬については、
今後、民間のトレーニングセールに上場する予定とのこと。

2008ブリーズアップセール〜売却総額は減少も売却率はほぼ同率(ラジオNIKKEI競馬実況Web)

最高落札額はセイウンクノイチの06…中山ブリーズアップセール(サンスポ)


馬産地80話―日高から見た日本競馬



kan16i at 06:23|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年04月25日

リージェントブラフ死亡(2008.4.25)

2002年の川崎記念など、
ダートグレードレース3勝をマークしたリージェントブラフが、
繋養先の北海道・浦河の大原ファームで、
リンパ種のため、死亡していたことが明らかとなった。12歳だった。

リージェントブラフはパークリージェント産駒。
2002年の川崎記念のほか、2001年のダイオライト記念、
2003年の名古屋グランプリを制している。
また2001年の帝王賞、東京大賞典、
2002年のジャパンカップダート、
2003年の川崎記念の4つのダートG1で2着。
ダート戦線には欠かせない存在の1頭だった。
2004年のドバイワールドカップ(9着)を最後に引退、種牡馬入り。
2頭の産駒は今年デビューする予定。


リージェントブラフ、リンパ腫のため死亡…JRA通算42戦6勝(サンスポ)


アーバンダート百科



kan16i at 07:33|PermalinkTrackBack(0)clip!