粉寒天 飲む寒天 寒天コーヒー 寒天クッキー 寒天スープ


寒天をおさがしですか?寒天はダイエットに効くといわれています。それも粉寒天の方が、
調理もしやすく、どんなレシピにでも粉末なので、加えることができます。また、お茶に
も混ぜることもできます。糸寒天、棒寒天ならそうはいかないですよね。最近では、たく
さんの寒天レシピがあり、本にまでなっています。このサイトでじっくりと寒天について、
調べていただき、寒天商品をお探しになってくださいね。

※価格は掲載時のものです。変動している場合がありますのでご注意ください。

寒天とモズクのダイエットスナック もずっ子5個セット

寒天とモズクのダイエットスナック もずっ子5個セット寒天とモズクのダイエットスナック もずっ子5個セット
そよ風全店集計 9月売上第一位商品
商品説明
生まれも育ちもウチナーです!<さっぱりとした味>
   <チップスのような「パリッ」とした、不思議な食感>
         【ビールやお酒のおつまみにも】
                  【お子様のおやつに】
                      【ダイエットスナック】モズクと寒天のヘルシースナック!!お召し上がり方
おやつにパリ!
おつまみにパリ!
ダイエットにパリ!!
    原材料
モズク・寒天
商品特徴
120gのモズク  −> 乾燥すると −−>わずか5g
 今話題の寒天で加工した乾燥菓子です
 ☆ ◎ 店長イチオシの商品です。 ◎ ☆
寒天ラーメン 5個セット
一食分わずか10カロリーのラーメンです。小腹が好いたときや物足りないとき、スープ代わりに食べてます。
イソフラテンペHG
ダイエットしたい方にオススメ!
ポッコリもスッキリ!
粉末寒天と一緒にお買いになると送料無料とうがらしうめ茶
とうがらしに含まれるカプサイシンに注目。うめと昆布で味を調えてピリからで美味しいお茶にしました。
寒天ラーメンはコンニャクラーメンより更に低カロリー

さらに詳しい情報はコチラ≫


     

寒天?食物繊維?
寒天とは・・・

海藻であるテングサを煮た汁を固めたものがトコロテン。寒天(かんてん)とは、天草(テングサ)などの藻を原料として作られるトコロテンを乾燥させた物です。トコロテンは奈良時代から親しまれており、平安時代には既に料理として食べられていました。江戸時代に余ったトコロテンを寒い戸外に置いていたところ、凍って乾物になったのが寒天の始まりといわれています。試しにそれを煮てみると、トコロテン独特の臭みが無い透明の固まりができました。食物繊維を多く含み、ダイエット食品としても利用されています。


食物繊維(ファイバー)とは・・・

従来の日本人の食生活では食物繊維の不足は考えられませんでした。ところが、現代人は、食事が欧米化していることにより、昔より20%も食物繊維の摂取量が減っているそうです。食生活が欧米化したことにより、動物性脂肪の摂取が増え、最近では食物繊維の重要性が認識されています。

というのも、昔は、日本では大腸ガンという病気はほとんどありませんでした。ところが最近では、非常に増えてきています。食物繊維は、腸のお掃除屋さんです。食物繊維自体には栄養価はありませんが、健康を保つ上で非常に大切です。日々の食事の中でバランスよく取り入れることが大事です。
寒天はダイエット食として定番の食材!
寒天は海藻の一種である天草(テングサ)を煮詰めて作られています。食物繊維が豊富でローカロリーなので、ダイエット食品としては定番の食材です。

寒天は食物繊維含有量No.1です。わずか10gで大キャベツ1個分の食物繊維を含んでいます。

近年では、この寒天がダイエット食品としてだけではなく、生活習慣病の予防にも効果が見られることがわかってきました。寒天に含まれる食物繊維には大量の水を保持し続ける特徴があります。

人の消化液で分解されないのが食物繊維ですが、寒天はさらに大量の水を保持したまま腸へとやってくるため、腸内で大幅な体積を占める特異的な存在の食べ物です。

その結果、糖やコレステロールの吸収が阻害され、血糖値の上昇が緩やかになり、余分なコレスレロールを体外に排出してくれます。この寒天の性質が高血糖、高コレステロール、高血圧、肥満の対策にもつながるということです。

こんな実験がありました・・・

【ゾウに寒天の上にのってもらう】

実験に使用した寒天は50キログラムでしたが、実験後、そのうち水分が47.5キログラムを占めていました。

つまり、体重3トンのゾウが乗っても、それだけの水分を保持し続ける力を持っていることが、寒天の食物繊維の大きな特徴なのです。
寒天の摂取量は?
1日どのくらいの寒天を摂取したらいいのでしょうか?
また、上限の量はどのくらいでしょうか?

食物繊維は1日に20g〜25g必要と言われており、現代人は1日5〜6g不足していると言われています。
これを補うため、寒天を6〜7g(寒天は、約8割が食物繊維)摂取すればよく、上限はありませんが、20g程度に留めたほうがよいでしょう。食物繊維をあまりに摂りすぎてしまうと、必要な糖・塩分・脂肪量の吸収をも抑えてしまう恐れがあります。
水溶性食物繊維 不溶性食物繊維
食物繊維の種類には、水にとける水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維に大別できます。

寒天は、水溶性・不溶性食物繊維、どちらにも分類されます。

水溶性食物繊維には、下記のものがあります。
リンゴ、ミカン等の果物、芋類、キャベツや大根等の野菜類(ペクチン)
こんぶやわかめなどの海藻類等(ヘミセルロース)
大豆やカラス麦等の麦類、海藻類等(ガム質)

水溶性食物繊維の効果として、
・水分保持能力が強く、ドロドロと粘りのある状態になって胃の中での滞留時間を延ばします。
・小腸での栄養素の消化吸収を抑えて遅らせます。また、有害物質を吸着して体外へ運びます。

不溶性食物繊維には、下記のものがあります。
大豆、ごぼう、小麦ふすま、穀類など(セルロース)
小麦ふすま、大豆、穀類、野菜類など(ヘミセルロース)
小麦ふすま、穀類、完熟野菜類など(リグニン)

不溶性食物繊維の効能として、
・腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を盛んにし、消化管を通過する時間を短縮させます。
・消化管内で水分をかかえ込んで容積を増加させます。それによって糞便の量を増やして便の排泄を促進します。

これらの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をうまく組み合わせておなかの中をいつもキレイにしましょう。 そして、食物繊維でおなかの中をキレイにそうじして、成人病・生活習慣病・肥満予防対策を心がけましょう!
普段の食事に寒天を!
コーヒー・紅茶に!
コーヒー・紅茶にティースプーン1杯を入れると、おいしく食物繊維も一緒にお飲みいただけます。

お米に!
お米1合に2gの粉寒天を入れて炊くと、ツヤのあるごはんに炊き上がります。

カレー・シチュー・グラタンに!
カレー・シチュー・グラタンに入れると、まろやかに仕上がりさらに食物繊維も摂取できます。
寒天レシピ
・トマト寒天
・ポテトサラダ
・牛乳寒天
・ジンジャーキューブ
・抹茶ようかん
・コーヒー寒天(ノンシュガー)
・ももプリン
・蜂蜜寒天

【トマト寒天】
■材料
・トマトジュース 500ミリリットル
・棒寒天 1本(8グラム) (または、粉寒天 4グラム)

■作り方
1.トマトジュースを火にかけ、沸騰したら寒天を入れる。
2.弱火で2〜3分煮溶かしたら火を止め、固まるまで放置する。
※寒天をしっかり煮溶かすのがポイント。

【ポテトサラダ(8人分)】
■材料
・ジャガイモ(火を通して皮をむきつぶしておく) 4個
・キュウリ(薄切りにしたもの) 1本分
・ニンジン(角切りにして火を通しておく) 30グラム
・粉寒天 2グラム または 棒寒天 4グラム
・水 1カップ
・塩 小さじ1
・こしょう 少々
・マスタード 適宜

■作り方
1.野菜をあわせておく。
2.鍋に水と寒天を入れ中火にかけ、煮立ったら弱火にして2〜3分後に塩コショウをする。
3.野菜を一旦電子レンジで温め、温かいうちに[2] の寒天液を加えて混ぜる。
4.適当な容器に移して、そのまま固まるまで放置。
5.切ってマスタードを添えれば完成。

【牛乳寒天】
■材料(4〜5人分)
・粉寒天 5g
・牛乳 500cc
・水 250cc
・砂糖 好みで75g〜100g程度

■作り方
1.水に粉寒天を溶かし入れ、よく溶いてから火にかけます。かき混ぜながら沸騰させます。
2.2分ほど沸騰したらお砂糖を溶かして火を止めます。
3.電子レンジで2分ほど人肌の温度に温めた牛乳を加えてかき混ぜます。
4.タッパーなどの容器にうつして、冷蔵庫で冷やして固めます。
5.冷たく冷えたら出来上がりです。

【ジンジャーキューブ】
■材料(2人分)
・土ショウガ汁 小2 
・粉寒天 4g
  ・水 350ml
  ・三温糖 100g
・ハチミツ 大3

■作り方
1.鍋に水を入れ、粉寒天を振り入れて木ベラで混ぜて溶かす。強火にかけ煮立てば、煮立った状態でふきこぼれない火加減のままで1分煮る。
2.三温糖を加え、煮溶ければハチミツを加えよく混ぜ合わせる。火からおろし、鍋底を氷水につけ、ショウガ汁を加え時々混ぜながら粗熱がとれるまで冷ます。
3.流しカンの内側を水でぬらし、2を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
4.固まればキューブ状に切って、器に盛る。

【抹茶ようかん】
■材料(3〜4人分)
・粉寒天 2g
  ・水 150ml
  ・豆乳 100ml
  ・砂糖 大3 
・粉抹茶 大1.5
  ・熱湯 大3
  ・小豆缶 200g
  ・きな粉 大3

■作り方
1.鍋に水、粉寒天を加え、木べらでよく混ぜて中火にかけ、煮立った状態で1〜1.5分煮る。砂糖を加え砂糖が溶ければ火を止め豆乳を加える。 粉抹茶は熱湯でダマが出来ないようによく混ぜ合わせる。
2.抹茶液を加えて全体に混ぜ合わせ、小豆缶を加えて手早く混ぜ合わせる。
3.内側を水でぬらした流しカン又はバットに流し入れる。容器を冷水に重ね、粗熱が取れれば、冷蔵庫で冷やし固める。30〜1時間で固まります。食べやすい大きさに切り、器に盛り、きな粉をかける。

【コーヒー寒天(ノンシュガー)】
■材料(4人分位)
・水 500ml
・インスタントコーヒー(今回はエスプレッソを使用) 大2
・粉寒天 4グラム
・ホイップクリーム お好みで
・黒蜜 お好みで

■作り方
1.鍋に水と粉寒天を入れよく溶かします
2.火にかけ、沸騰したら少し火を弱め2分くらい加熱します。
3.火を止めたら、インスタントコーヒーを加え、手早く混ぜます。
4.バッドや密閉容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。(この時、1人分ずつ容器にいれてもOK)
5.食べやすい大きさにカットし(私はさいの目状にカットします)器に盛り付け。ホイップクリームをお好みで、砂糖を全く使用してないので、黒蜜を上からかけるのオススメです。

【ももプリン】
■材料( 10人分(ひとり約70cc) )
・桃(黄桃)缶詰 160g(缶詰もも約4個)
・缶詰シロップ 100cc
・生クリーム 100cc
・牛乳 300cc
・砂糖 30g
・粉寒天 2g
・水 100cc
・黒みつ  ひとり小さじ1

■作り方
1.桃とシロップをミキサーにかけ、ピューレにする。
2.小なべに牛乳、生クリームを入れて電子レンジにかけて人肌程度に温める。
3.鍋に粉寒天と水を入れ、弱火にかけてゆっくりに溶かす。1〜2分は煮る。
4.?を火からおろして?、?と砂糖を加える。
5.砂糖が溶けたら型に入れて冷やす。(ひとり70cc位)冷え固まったら黒蜜をかけいただく。

【蜂蜜寒天】
■材料
・粉寒天 4g
・水 500〜600cc
・砂糖 15g
・蜂蜜 大さじ1

■作り方
1.鍋に水と粉寒天を入れ、中火で混ぜながら沸騰させる。沸騰したら火を弱め、2〜3分かき混ぜる。
2.砂糖・蜂蜜を加え、1分間煮る。
3.タッパーなどに入れ、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やす。食べやすく切り分ける。
当サイトについて
・当サイトはアフィリエイトプログラムによって商品を紹介させていただいているため、 特定商取引に関する法律に基づく表記については各販売店様のページにてご確認していただけますようお願い致します

・お客様のご注文、お支払いなどは販売店様とお取引きいただくことになります。

・送料、消費税、お支払い方法、注文方法、商品配送方法、商品購入の詳細、販売者などについてはそれぞれのリンク先の販売店に記載してあります。各販売店様の通販ページをご覧ください。 なお、価格・在庫とも変動する事がございますので、移動した先の販売店(お店・企業)の情報を必ずご確認下さい。

・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。当サイトでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

・商品に関するお問い合わせは、各販売店様に対応していただいております。
(各販売店様ページから直接お問い合わせしていただきますようお願いいたします。)
当サイトでもお受けしておりますがアフィリエイトプログラム経由で販売店様に確認をとってからのお返事となりますので、お時間がかかる場合がございます。
商品販売に関するこれらの情報についてのお客様のお問合せにはお答えできない場合がございますのでご了承ください。




ダイエット 寒天 便秘 解消 トマト コーヒー レシピ 食物繊維 デザート 効果 飲む あるある 糸 棒 業務用 原料 天草 調理 ダイエット 粉