HeadSectionCommon1st HeadSectionCommon2nd HeadSectionCommon3rd 1年留学inオレゴン - livedoor Blog(ブログ)

2006年09月17日

やっぱり書きます 笑

お久しぶりです。
って、まだ消えてないんだ!?ってけこうビックリ+恥ずかしい。。
でも未だに何人か来てくれてる人がいるみたい。まぁ嬉しいわ!!


ところで。。
やっぱりブログを再び書くことにしました!!
けど、留学ブログではなくなるので、ここではしません。
引っ越します!!!
探さないで下さい。




とかしたかったけど、やっぱり読んでくれる人がいないとつまらないので、
リンク貼ることにしました。良かったら来て下さい★

新しいブログmy new blogです。更新を全て日本語・英語でやりたいなぁと思っています。できるかな?

それでは、新しいブログのほうで!!!

kana_ryugaku at 16:27コメント(1)トラックバック(0) 
私・私の周り 

2006年06月01日

久しぶり&さようなら long time no see & bye!!

大好きなdallasの家約1ヶ月ぶりオースチンでえりかちゃんにパーティーに連れて行ってもらって未成年飲酒で警察に捕まりそうになったり、sarahに観光スポットに連れ回してもらったり、ダラスでは昔の家や小学校を見に行ったり、six flagsという大きな遊園地で遊んだりした旅行の後帰国そして昨日は、1週間うちに泊まっていたsarahが帰ってしまいました先週の火曜日から日光に1泊2日旅行した後は、ジブリ美術館、吉祥寺、秋葉原、上野動物園、アメ横、新宿、銀座、築地。。と観光客並みに東京散策しまくり、毎日毎日歩きまくって足も少し細くなったみたい 笑 楽しかったけど、やっぱり少し疲れた。。それはみんなそうだとは思うけど。お客さんに対しては、うちの両親と妹弟はすばらしい歓迎をしてたと思うけど、私はもう少し気を配れたら良かったのに…と反省。まだまだ本当に子供だ次の機会までに少しでも成長できればいいけど。。
でも、今回のことはとっても素敵な思い出になるだろうな




それでは、1年弱の留学ブログを読んで下さった皆様、本当にありがとう普段口が悪いし、文章力もないので拙いブログだったけど、読んでくれたことはすごく嬉しいです。実はやめちゃうのはなんとなく悲しい気もしたから、他の“日常ブログ”を作ろうかとも考えたんだけど。。実家ではあんまりPCを開かないので、やっぱり断念それに卒業が危ぶまれる私には、もっと時間を費やすべきものが他にあるはず

放っておいたらどうやら数ヶ月で全部消えちゃうらしいlivedoor bogだけど、昔から日記を書いても、後で読み返した時に恥ずかしくて捨ててしまうような人だから(笑)ちょうどいいのかもあ、でも、極たまにになるだろうけど、みんなのブログはこれからも拝見させていただきます!あとmixiの日記も!!facebookも!?それでは


kana_ryugaku at 10:58コメント(2)トラックバック(0) 

2006年05月05日

最後

大好きolof今日で最後。今日帰った人もいるけど、大体が明日発っちゃうから、公式の最後の夜。部屋がどんどん空っぽになっても、他の留学生がルームメートとの別れで泣きまくったって聞いても、ルームメートが明日発つからってお別れのプレゼントくれても。。なんか全く実感がなくて全然悲しくなんてなかったのに、こんなの書いてると悲しくなってきそうで嫌だな。






最近aikoの“アンドロメダ”を聞きまくってる。遅れてるけど。。aikoって前は全く好きじゃなくて、今頃私の中で流行っているというわけ。たぶんこれからの人生で、この曲を聞く度、私は留学生活の終わりの懐かしさを思い出すんだろうなぁ。


kana_ryugaku at 15:16コメント(7)トラックバック(0) 
寮生活 | 留学関連

2006年05月01日

歴史を学ぶということ

最近面倒なので写真を省いてます期末試験が終われば、この文の削除と共に写真をちゃんと載せます、一個前のも。

勉強からの現実逃避にちょっと語ります。明日は日本史の期末試験です。SILS的に言えば、私が留学中にとった唯一のちゃんとした授業。リーディングが多くて嫌な時もあったけど(でも全部やってないから嫌とか言う権利はない。。)本当にとって良かった授業です。というのは、私はちゃんと日本史を、もっと言えば歴史を学んだことがなかったから。高校で1年間日本史、3年間世界史を学んだけど、授業を聞く気がしなかったのであまり学べませんでした。というのは、先生達がすごく偏っていたので、聞くのが嫌だったからです。彼らが教育者であっていいのか未だに疑問です。そして、歴史を学ぶと愛国心が裏目にでるのかなぁと、歴史を学ぶこと自体に嫌気がさして、その意義すらないのでは、とまで思ってたけど。。この1年で“真の歴史の学び方”を教えてもらったことが、大きな収穫でした。1つ、この授業で特に衝撃的だったのは“know your enemy”という、第二次世界大戦中にアメリカが軍で観せるために制作し、とても評判だったために一般公開にもなったという“恐ろしいエネミー=日本”を紹介するドキュメンタリー映画を観たこと。その中で、教育についてナレーターが触れる部分があるんだけど、そこで「彼らの教育とは、“学ぶ”という心の発達を育むことではなく、ただ公に決められた“事実”と何かの“やり方”を教え込むことだ」という一節。これを映画館で聞いた60年前のアメリカ人は、「まぁ恐ろしい」と思ったのかな。この時に、私と一緒に授業で聞いていたクラスメート達も「こんな恐ろしい国だったんだ、日本って」と思うかな。と思いながら、私は「未だにそうじゃん…」と、逆にすごく驚いてしまいました。
受験制度がある限り、これはどうしようもないことかもしれないとも思います。個人的に、受験制度はそんなに悪いとは思っていませんでした…。けど、“公に決められた事実”はどっかで誰かが、その人たちに都合のいいように操られてます。そして、それを国民全員が“事実”と認めることは国としてはやり易いけど、やっぱり色んな危険は大きいと思います。

今の時代に留学した私でも驚いたのに、諭吉さんはもっとびっくりしただろうねそれとも、そういう予想はついていたのかも

ちょっと逃避し過ぎた。。時間が


kana_ryugaku at 20:52コメント(2)トラックバック(0) 
語る | 留学関連

2006年04月28日

the last weekend in portland...

today was such a beautiful day that we couldn't study (no, we really did triy to, but it just didn't happen) so we played frisbie outside just like my friends wrote in their blogs, i just felt so happy for no particular reason. having a nice, hot and sunny day being in porland is a big deal itself, but i think it's the end-of-a-certain-period-of-time happiness which consist of simple happiness of the end of the school year, a little nervousness of the finals coming up, excitement of the long vacation ahead, and, paradoxically, more than half of it taken with feeling of sadness and also the awareness that you'll miss this a lot.


i was talking to one my japanese friends that since my good friends are visiting japan after the semester's over and my roommate's eventually ganna come back to japan because her family lives there, i don't feel as sad as the other japanese students say they do. but because sarah was starting to pack her stuff last night, as I watched her room walls become bare white without her posters that had always been there... i did feel sad. now i'm kinda scared to pack up my stuff in my own room, but we've got only a week till we leave!!

kana_ryugaku at 23:26コメント(2)トラックバック(0) 

もう

サーカスせーーーっかく頑張って長々と英語で書いてたのにーーーー。消えたからふてくされて自棄。


明日、終にバイオリンのテスト(?)がある二つのヴァイオリンのための協奏曲の1楽章の第一バイオリン。たぶん。この曲大好きで、弾けることはすごく嬉しいけど。。人前で弾くのは緊張するね

親には感謝してもし足りないけど、特に音楽、ピアノとバイオリンを習わせてもらったことに関しては本当にありがたいと思う。ピアノは幼稚園から始めて。。しかもそう言ったのは覚えてないけど、理由は友達が弾いてたかららしい↓でもその、本当に動くフランス人形みたいな子が幼稚園でピアノを弾いてたのは覚えてる小学校の時は辞めたくて辞めたくて仕方なくて、毎週水曜日になったら「くっそーもうなんで私ピアノとか習いよんの?だりーし!こんなんなかったらみんなと一緒に遊べるんにー。先生怖ーし(→自分が練習しないから)、あーもう本当嫌やぁ〜」(小学生の、大分弁かなこって思ってたのに、母親は絶っ対に辞めさえてくれなかったのでした。自分が小さい頃に辞めて、大人になったときに後悔したからって言ってたけんだど、小学生の私には“大人になってから”っていうのがうさんくさくて、「もう〜私は死んでも後悔せんっちゃ」とか思ってたけど…いやいや、絶対しまくったやっぱり小さい頃練習しなかったせいか、同じくらいやってた周りの人よりも弾けないけど。。それでも、小学生で辞めてたら今頃全く弾けなかったと思う。

バイオリンは、ダラスで中学校に上がった時に、音楽のオーケストラを選択して始めた。その時は楽器をレンタルしてたんだけど、中学を1年と数ヶ月行ったくらいに帰国が決まって、その楽器を楽器屋さんに返しに行った時父親が「バイオリン買ったら?」って言ってくれました。普通の子供らしく貰える物は貰っとけ精神で素直に「うん」と言えばいいものを、私は「いやーたぶん帰国しても弾かんやろうし。。せっかく買っちょんのに弾かんやったらもったいないやん?やけんいいわ」(中学生の、大分弁かなこ)という全く可愛げない返事に対して、困った顔をしながら「でも。。まぁ買っててもいいんじゃない」って言ってくれたのを鮮明に覚えていますそして、本当にやる気なさそうに適当に選んで買ってもらったそのバイオリンが、再び渡米するとは人生でこの4ヶ月ほどバイオリンを練習したことはないでしょう授業選択のときに「バイオリンのレッスンとろうと思うんやけどさー、$120かかるんやけど、いい?」(大学生、大分弁かなこって電話で聞いたときに、「$120持っててもバイオリン弾けるようにはならないもんね、いいんじゃないの?」って言ってくれた母親にも本当に感謝ピアノと同じように、中学高校とやっていた期間の割りに弾けないバイオリンだけど、あの時楽器を買って貰えてなかったら弾こうとさえ思う機会もなくて、後々今以上に悔しい思いをしたんだろうな
本当にありがたい




自棄になった割には長く書いたな
大分弁の響きがすてき過ぎる 笑
よし、いざevans music centerへ。。練習

kana_ryugaku at 13:12コメント(7)トラックバック(0) 
授業関連 | 私・私の周り

2006年04月21日

あー忙し忙し

アメリ
と言いつつ、実はほとんど何もしてないから今週末死ぬかもあ、でも唯一してるのがバイオリンの練習。人生でこれほど弾いたことはない…。たくさん歩いた日とか、夜になったら足がだるくて痛くなることあるよね?それが、腕にまでくることがあり得るなんて。。律のみなさん、前よりはかなりましになったと思いますどうしても生理的に合わない、毎回遅刻して来るバイオリンの先生に毎週火曜日笑顔引きつらせてレッスンを受けた甲斐があった来週の金曜の演奏テストまでまだまだ練習は必要だけど

先週末に観た「アメリ」。ほんわかなのを想像してたらけっこうすごかった。。観たことある人は意味分かると思うけど 笑 フラ語に英語字幕。。しかも普通のストーリーじゃなくてナレーションっぽい感じで、字幕がざーーーって続くことも多かった中で「絵が観たい!」とかやってた私はほとんど理解不能。もう一回観ないきゃ!

今日は台湾人のダラスの中学校の時の友達elaineのブログが、新しくなってることを発見して、朝からかなりハッピーだって英語→中国語になってたんだもん課題する時間も惜しんで()頑張って中国語でコメント残したさ。これで生きたチャイ語を読む練習ができる!

そういえば、この前の選挙がネット上の問題で再選挙になったんだ。で、昨日立候補者の内の1人が(ってか立候補2人しかいない。。)やって来て、手作りクッキーを置いていった。。賄賂!!! ひねくれてます。でもまぁでも前回も彼に入れたことだし、今回も私の清き一票を彼に。クッキーも食べちゃったしね


と話が飛び飛びで、幼稚な日本語が読み返してムカつくけど。。今日はこの辺で
今からバイオリンの練習に行って、今夜はサーカスに行くからね

kana_ryugaku at 16:03コメント(4)トラックバック(0) 
ごちゃごちゃ | 1日の出来事
WELCOME!!




Profile
かなこ
早稲田大学国際教養学部から、オレゴン州・ポートランドにあるLewis & Clark Collegeに1年間交換留学しました。今は東京で一生懸命日本語、英語、中国語、ドイツ語を勉強し、教習所に通い、家庭教師(もしくは塾)のバイトをし、就活の準備をし、家事を少しは手伝っている。。ようになる予定です。

まぁ全ては撤去された自転車を取りに行ってから 汗

それでは、さようなら
かなこ
Note
Thank you for reading my blog! I only made this to keep record of my 1 year exchange student life at Lewis & Clark... and since the school year is over now and i'm back in Japan, this will be the last thing i'll be posting on this blog. i assume everthing will dissapper in a few months, but that's ok... i'd always felt so embarrassed every time i read back my old diaries ;D

i still haven't determined what i should do from now on... but i really want to keep my English, Chinise, and German i learned in the States so i think that's what i'm gonna be working on the most while i spend the longest summer vacation i'd ever get this summer... almost 5 months!!! also, i should work part-time, go to driving school and have to start job hunting soon, and, hopefully, graduate in a year and a half!!

bye, kanako


Archives
Amazonライブリンク


音楽座ミュージカル/Rカンパニーオフィシャルサイトへ星の王子様公式サイトへ