青木カナのブログ

ブラジルを中心に、南米大陸と中米諸国を、食べて歩いて、音楽を聞いて、歌って、踊って、旅する青木カナのブログです。

ほぼ断捨離

家の断捨離、まだ続いています。
いらないものがこんなにもあったなんて!驚きでした。
でも、今はスッキリ。まだまだ行きます。

サンパウロの季節は冬。今日は8月なんで真冬ですね。
朝晩は冷えますが、昼は25度ぐらいあります。
特にここの所、雨が降らないので空気が乾燥しきっています。
雨降らないかな〜?

またゼッカ(バレイロ)との新曲が2曲出来ました。
私が直接会う時間が無いので、レオが交渉してくれます。
レオの人としての才能も素晴らしいと思います。
人に好かれなきゃ、詩人なんて出来ない仕事だからです。
ゼッカ、レオに感謝して新曲を覚えます!!
そして、この時期に新曲をどんどん作って行きたいと思います。

朝、イチローのyoutubeを見て元気づけられました。
あんな大リーガーの実力派野球選手のプレッシャーに比べたら、私なんてなんにもしていないのと同じです。とにかくどんどん勢いに乗って行きたいと思います。


Zeca Baleiroのライブに飛び入りライブ!!

IMG_4920昨夜、歌っちゃいました!
念願のゼッカ・バレイロのBaile do Baleiroで歌わせていただきました。彼は他の人の人気ソングを歌いまくるカバーライブを年に一回、それも年末にするのが恒例でした。しかし、今年はなんと2回目ということで、曲もみんなが大好きで一緒に歌える曲ばかりでした。なんだか終わってみると、年末が来たみたいで、今年1年分歌った気分です。会場は超満員でした!!

IMG_4913IMG_4912IMG_4930






リハーサルからずーーーーっとゼッカはそのままの感じで自然でした。
いつだったか彼に聞いてみました。「なぜライブも私生活も同じに行動出来るのでしょうか?」ゼッカ曰く「俺は自然にしか行動出来ないよ。どうすりゃいいっていうんだい?」くーーーーっ!かっこいい!とにかくサウンドも人間もメチャクチャ男っぽいです!!
IMG_4902IMG_4901
あれ?私がいない。。。笑
あ、私が撮った写真だった。
レオの携帯にある私の写真を奪わねば。。。



実は、この間、マラニョン州のサンルイスのゼッカの実家に行ってきちゃいました。妹さんのルシアが友達でゼッカに近づけたのは事実です。近々私たち夫婦は日本へ本帰国するので、その前に彼女にどうしてもお別れとお礼がしたかったのでした。ちゃっかりお昼ご飯をご馳走になり、ゼッカの家族にも会って来ました。楽しかったー!夜は日本食レストランでまたルシアと宴会でした。サンルイスのブンバ・メウ・ボイもあったのですが、20年前に行った時よりもかなり小さな規模になってしまって、かなり悲しかったです。リオやサンパウロのカーニバルのように入場料がかかるので、街の人々からますます遠ざかるフェスタになっていました。。。あーあ。。。残念。ブラジルの文化は素晴らしいのに朽ちてゆくのを放っておくわけにはいかない!そんな素晴らしい州知事さんが現れるとよいのですが。。。以前の活気を取り戻して欲しいです。


断捨離するために

本を読んでいます。今までになかったぐらいに。
それはそれで楽しいけど結構忙しいです。

今、ミラン・クンデラを読んでいてワインを飲むシーンが頭の中を駆け巡ってしまい。。。
ワインを飲みながらクンデラを読んだら楽しさが倍増しました!!
カッコつけるわけではありませんが、やはりフランス文学は奥が深〜い。
まぁ、断捨離しないといけないので本を読みまくっているわけです。
でも、一度受けた感動というものはずっと心に残るものなので。

IMG_4269 のコピー人間の真髄をさらけ出しているような彼の作風は自分を振り返るのにいいみたいです。私はブラジルに来て、自分は大したことない人間というのがありありと分かったように、もっと深いところまで感じなければ表現出来ない部分を見せつけてくれます。それでももっとしなければ、そしてしたい事があるのは幸せです。

本ってすごいな〜

ワインが良いからなのか、幸せ感じています。
日本での生活の第一歩が不安でしょうがないですが、このまま進むだけですね。
とりあえず本を読んで、人生の勉強をしたいと思っています。
レオはKindleで恐怖小説を読んで喜んでいます。。。。(笑)
人生のパトナーがいることに感謝!!

Kindle

_V270043615_Kindleにはまってしまった。
昨日、一冊の本を買えた!!
今まで、日本の本はブラジルからだと買えなくて、なんで?
と怒りまくっていた。海外にお住みの方も同じ気持ちだろう。
海外にいるんだからこそ、日本語の本が読みたいんだ!!
こちらで買うにしても高くて、欲しい本に手が届かない事が多々。
それが、すんなりと購入出来たからびっくりした。

うちのレオも日本でブラジルの本を買うのだろうから、それが出来るのか不安。
あの人は活字がないと、めちゃくちゃ機嫌が悪くなる。
いつも温厚なだけに不気味なほど人が変わる。
なので、本だけはどこへ行くにも持ち歩かせている。

本というのは心に安らぎをくれるなぁ。。。
Kindle、まずはレオに買ってあげよう。

 

読みかけの本

日本にいた時に比べると、ブラジルに住んでからめっきり本を読まなくなった。
電車通勤がなくなったせいなのか、本屋がほとんど無いからなのかよくわからないが、とにかく読書をあまりしなくなった。あ、分かった!多分、まわりがうるさくて本に集中出来ないからなのかもしれない。それほどこの国は賑やかだ。ブラジル行きの飛行機に乗り込むとそこはブラジルっていうぐらいブラジル人は明るく、よくしゃべり、人と接するのが大好きだ。

今、だから読みかけの本を読み始めた。たくさんある。
日本に本帰国したら、これらの本を全部置いていくだろう。
だから未練が残らないように始めた事は終えていこうと思う。
寂しいといえば寂しいけど、ブラジルに疲れてしまった。
ここは混乱の国だ。ここに一生は住めない。私には無理だ。
だって、日本に残してきたものの大きさが今、分かったから。 
11164825_823101861093175_1537289490807870121_n 

私のピアノの先生

Aluízio Pontes というベテランピアニストが私の先生。
とにかく凄い!リズムとハーモニーが美しすぎるほどブラジルしている。
あんなに性格もよく、優しい先生はなかなかいない!!

彼は昔、フローラ・プリンとアイルトン・モレイラと仕事をしていたと話していた。
で、彼の奥さんからその証拠写真をもらった。凄い!みんな若い!(笑)
フローラの左側にいるのがお師匠様です。
まだまだ面白い話はあるけれど、次にまた書きましょう。
 16880794_10206389983146863_1228758007_o

2017年とは?

2017年もとうとう明けました。
ブログ、見ていただけて幸いです。
ありがとうございます。

さて、クリスマス前に海へ行ってきました。
ベルチオーガという海岸ですが、なかなか有意義に ゆっくり出来ました。
市長さんが騒音禁止令を出したことで、ビーチが静かで子供達の声、笑い声など自然な雰囲気のブラジルで初めて味わえました。どこでも客引きで大音響で音楽をかけているのがもう我慢出来ないのでした。
とにかく静かなところが好きなので、それをうちの主人に話すと「山に引きこもるしかない」とよく言われます。それほどブラジルでの生活は音、特に騒音にあふれているわけです。

foto fumenその海への旅行時からアレンジ、譜面書きの嵐が続いています。
ずっとずーっと書き続けて練習する時間もままならなかったです。
多分、50枚以上のページを仕上げたと思います。
まだまだ続きます。。。プロデューサーからお仕事をもらえるので、やるだけがんばろうと今年は思います。もうすでに息切れですが、パワーは溢れています!!寝ないでもがんばれます!でも食べないと無理です。
今年のテーマは「ギリギリ」です。ギリギリのところまで自分を追い詰めてみよう!! 

言語について

なんだか堅そうな題になってしまいましたが、私が必要な言語とはポルトガル語、日本語、英語にスペイン語です、今の所。もう新しいプロジェクトは随分前から始めています。やはりバイレ(ダンスホールの演奏)をやりたいんですね!バンド総勢7人と私、それに出来たらパーカッション、そして欲張ればキーボードも。。。そうすると9人、それに男性ボーカルが加われば10人か。。。大事です。(笑)

それの曲選び、アレンジと実は今、てんてこ舞い。。。
アレンジも気が乗った時にやらないと良いものは出来ないし、普段勉強してないと知らないことばかりで後で調べていると時間がかかったり。 

ずっと一緒に演奏してもらっているトリオ(ドラム、ベース、ギター)の他に4人のサックスクアルテット。まずはそのアレンジで七転八倒しています。かなり手ごたえあります。一気に一曲を仕上げるのもいいけど、後で手直しが必要になるので、じっくり時間をかけて気にいるまで繰り返しアレンジし続けます。クアルテットのメンバーが、やばい所は弾きながら直してくれるので助かります。4本管というのはかなり素敵です。しっかり食いつく感じのアレンジになります。アレンジ中はパズルをしているのと同じで頭がぐーるぐるします。(笑) 

やはりスペイン語が歌っていて楽しいかも。4拍子も歌うのは燃えます!
さー選曲、バンバンしてバンバンアレンジ仕上げないと時間がない!がんばります!

今年最後のライブは12月17日(土)夜9時から
2 Santo Bar Musical : Rua São Vicente, 157 Bixiga
Kana & Ellen Arruda Quinteto 皆様をお待ちしています!

Ellen quinteto
Ellen Arruda: Guitar
Rogerio Clementino: Bass
Ian Arruda: Trombone
Pedro Teixeira: Percussion
Kana: Keyboad and vocal
 
なんと!14歳〜21歳のバンドにひとりおばさんが紛れ込んでいます。
お楽しみに! 

11月5日(土)ショーロイベント

11月5日(土)の午後1時からショーロのイベントを開催いたします!今回はgrupo Chorando em Ré Menor (グルーポ・ショランド・エィン・ヘメノール)を呼んで、ボサノバ、サンバのルーツを聞く機会を設けたいと思っています。私も数曲歌で参加させていただきます。ブラジル音楽を一緒に聞いて楽しんでいただいて、そしてもっとブラジルを知り、もっと好きになっていただけましたら幸いです。
開催地はDevassa Bela Cintra/ R. Bela Cintra, 1579 - Consolação, São Paulo
席に限りがございますので、席の予約として前売り券を発売いたします。大人R$20、お子様(小学校以上)R$10でご用意させていただきます。お問い合わせは、私、まで連絡ください。お待ちしています!

Re menor 1ということで、企画を日本へ行く前に立ててみた。店はなかなか洒落たビール小屋だけど、音響がない!ということでがんばって音響セット持参、6人のメンバーと一緒にショーロについて語り演奏するというもの。このショーログループはなかなか良いのにサンパウロでは仕事のオファーが来ない、というか演奏する場所がない。もったいない!ということで立ち上げた企画だ。

この間、日本へ行った時に中央線沿線なんかではブラジル音楽業界花盛りでボサノバばっかりすごい勢いで演奏されていて、お客さんも楽しそうだったけど。すごいな~って思った。で、ブラジル、どうなってんの?っていうぐらい下火。というか、MPBさえない。今回、副大統領が大統領になっちゃって、テメールっていう人だけど、まぁ~ひどい。こんな政治家があるの!?っていうぐらいひどい。まず教育費、病院などの経費削減でカットするという。また犯罪が増えて貧乏人は治療がますます受けられなくなる。国民を痛めつけるだけなのに!あなた達は国民の税金で生きているんじゃないの!?って声をあげたい。ヂウマ前大統領がお膳立てしていた原油プロジェクトは全てそのために用意されたものだったのよ!学校、教育、医療制度に使われるはずだったお金をテメールは政治家達と分けるつもりらしい。だからヂウマは引き摺り下ろされちゃった。


同じレストランに入ると3回目には値上げされている。もう5年ぐらい前からだと3倍ぐらい上がっている。

2017年、さぁどうなる????

ありがとうございました!

日本から先週戻りまして、とにかく時差ボケがひどく、寝て寝て、また寝てやっと元気がフツフツと湧き出てきました!日本でピットインのライブにお越しいただいたお客様、どうもありがとうございました!

ピットインのスタッフの方々の協力、ギターの廣木さん、ピアノの田中さん、そして日本の友達、知り合いの皆様、スタッフの皆様、本当に ありがとうございました!日本に癒されました。

さてこちらに帰ってきて、議員選挙があり、ありゃ〜サンパウロは大丈夫かしらん?という状態です。
失業率はマックス、ブラジルレアルも低値が続きこれからの市民の生活は?と疑問を抱いています。物価はすこぶる高くなり、さて来年はちゃんと生きていけるのか心配です。年をとったのか、今までになく弱気になっている自分がいます。ただ、こちらで出来る事はやってしまわないと!と気ばかり焦っています。 出来る事から、近いところからどんどん進めて行こう!と力なく力んでおります。。。とりあえず昨夜から二葉亭四迷を読み始めました。。。日本文学が好きな自分が意外です。。。

さぁ、今日はピアノのレッスン、行ってきま〜す!!







 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ