2006年12月25日

FX

自分が読んでいるメルマガが来年の相場予想について述べていたのでここに勝手に掲載しておく。自分はいつも今年は1ドル=130円になると予想していたが、その予想は叶わなかった。しかし来年は間違いなく130円になることは間違いない。


現状、米国金利が利下げに傾いている分、ドルに上昇余地があるとすと、ドル円は早々に125円近辺まで上昇する可能性があるかと考えます。

リスクシナリオとして、万が一、米国が利下げせざるを得ない場合には、さすがに日米の金融政策のズレ(日本は利上げバイアス、米国利下げバイアス)が金利差縮小を強く連想させることから、今度は一転して110円を割る程の円高に繋がる可能性はあります。

こうしてドル円は堅調な地合いを維持しながら、来年前半には125-130円程度までの上昇を予想します。そうなると、当然ユーロ円も160円の大台を突破、ポンド円に至っては250円の大台という購買力平価ではとても説明出来ない水準まで上がることでしょう。


kanagasa at 22:48│Comments(0)FX | FX

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔