手作りマスクでハッピーハロウィン!

2021年11月02日

Let`s try リモート傾聴!!【たあみなる】

誰かに気持ち良く自分の話を聴いてもらえた時、心がホッとするのを感じますよね

傾聴ボランティアは、ご利用者さまやご入居者さまの話をじっくり聴いてくださる心のボランティア活動です。

とはいえ、傾聴のためには言葉だけではなく、表情やしぐさ、相手との距離(ふれあい)など、非言語コミュニケーションも大切な要素であり、コロナ禍での実施は難しさを感じていたのですが・・・

 試してみました『リモート傾聴』

ご協力いただいたのは傾聴グループ『たあみなる』の皆さま。
苑内の部屋よりパソコンを使用してご入居者さまとリモートで繋がります

IMG_0557
今回は見学のためテレビにも映しています。

ご入居者さまはタブレットとマイク付きヘッドフォンを使用し、1対1での対面です。

IMG_0549

「はじめまして!傾聴ボランティアの〇〇です。」
画面越しに名前を書いた紙を見せ、自己紹介をしてスタートです!

IMG_0551
「こんにちは。よろしくお願いします。」とご入居者さま

初対面なので始めこそ少し緊張の様子も見られましたが、、、

さすがベテランのボランティアさん!ご入居者さまの懐かしいお話をどんどん引き出し、盛り上がっていました

職員が初めて聞く話もいろいろ伺う事ができました。

IMG_0554
(リモートという時代の波にもすんなり馴染んでいます。)

IMG_0555
身振り手振りで少女時代のお話を聞かせてくださいます。

今回はお一人20分ずつ、3名のご入居者さまに参加していただきました。


さて
活動終了後、ボランティアさんと振り返りを行いました。

「想像以上に上手くいってびっくりしています。直接会えたとしてもマスクは必須。リモートでもお互いの表情を見てお話しするのは重要だと感じました。久しぶりに傾聴活動ができて楽しかったです。」

「ご入居者さまが私に集中していただいているのが分かりました。ヘッドフォンが良いのかもしれません。いつもより会話が続いてやりやすかったです。」

「人によって向き不向きはあると思います。いろいろな方に試して広げていけたら良いですね。」

との感想をいただきました。


 新しい形での傾聴活動、
  結果は・・・大成功でした

今後も皆さまのアイディアやお力を借りながら、ボランティアの皆さまに来ていただける環境を作って行きたいと思います。

『たあみなる』の皆さま
ご協力ありがとうございました!

そして

今後もどうぞよろしくお願いいたします





あなたも一緒にかないばら苑の仲間になりませんか
kanaibara at 13:07│Comments(0) ボランティア | 金井原苑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
手作りマスクでハッピーハロウィン!