2018年12月07日

UQ HOLDER! Stage.155 神と意地の張り合い

なるほど、真祖は興味からエヴァを泳がせてたのね
(144話の感想を参照)
しかし今度は、真祖は夏凛が十蔵に救われたのを
何で見過ごしてるのか問題が出てきたぞ。
140年の間に、誰かに倒されてしまったわけではないだろうし。
 
刀太の「ああ…やっぱ好きだ!みたいな感じ」はわかる。
結局、刀太の場合は恋愛感情を経由しないで、
だけど恋愛を経ての愛情かのようになってるんだよな。
対象が誰であれ(←これ、超重要)
夏凛はそれを初々しさと評してたけど、
その解釈は、俺は間違いだと思う。
 
夏凛がかつて仮住まいにしていた家に刀太を案内するの、
「仕方ない」と前置きしてるのは、
これ、またひとつ心許したぞぃ、ってことなんだろうな。
今はホルダーの都心部用の拠点として使っているのなら、
刀太も躊躇なく案内出来るわけで。
そこにひとつクッションをかましたのは、
かつての仮住まいに案内することが
自分の内側に招き入れることと同義なんだと思う。
 
アプリがホイポイカプセルみたいになっとる。
つか、仮契約にまつわるものまでアプリ化しちゃっていいのか。
技術的にどうとかじゃなくて道義的、倫理的に。
(まぁ、パクる手段がキスってのはカモ流なだけみたいだし、
 仮契約は仮だけにそんなに重たくないってことかな)
(でも、魔力の供給とかあるし、そんな軽いもんか?と思うのだけど)
 
ご褒美セリフは刀太っぽくないなぁ。
掠れ声の広瀬ゆうきに「拝めよ」とグギギされたくらいに
女性の身体にノー興味なのが刀太だと思うのだけど。
今回に限らず、無意識の女たらしという設定の中でブレてる印象がある。
 
一方で、
「神の拒絶をねじ伏せよう」
「勝手に決められてたまるか」
というのは、
とても刀太っぽいし、
UQ HOLDER!という物語を進めていくエンジンなので、
これはとても良いと思う。
 
ところで、雪姫だ俺たちだと言ってるけど、
これ、結局のところ、
「夏凛先輩、あんたのことを救いたいんだ」ってやつで、
そりゃ夏凛先輩もキスしちゃうよね。
雪姫のことを言い訳にしながら。
 
まー、とりあえず、夏凛は雪姫ともパクり直しましょう^^
 
最後のページは「This is 赤松健」ということで。



kanata_izumi at 23:30|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | マガジン連載

2018年11月09日

UQ HOLDER! Stage.154 魔王誕生の軌跡

魔王誕生の軌跡は把握出来たが、
わからないことが幾つか。
 
1)真祖がエヴァの一行を追わない理由
自分が噛んでる一件(世界規模のオオゴト)を
エヴァが覆さんとしていることがハッキリした以上、
エヴァは明確に「消すべき」存在。
逃してしまうことには害しか無く、
追手に有象無象しか派遣しないのは疑問である。
(更に言えば、議員のもとへ乗り込んでくるまで
 エヴァを放置していたのも謎である)
 
2)七尾が甚兵衛を遮りバアルとエヴァの一対一を促した理由
この行為は、
双方に(特にエヴァに)
「この相手との一対一に意味(因縁)がある」ことを
表すと思うんだけど、
真祖としてはエヴァには思い入れは無いと思うし
(あるならばここに至るまでのエヴァに
 もっと干渉してそうなものじゃない?)
エヴァが真祖に思い入れがわかるけど
七尾がそれを汲む理由は無いと思うんだよね。
七尾がエヴァと同じように「作られた」存在とかならともかく。
(それか!?)
 
3)あの流れで議員を仕留め損なった理由
いや、あれは仕留めてるだろ(笑)
あれで仕留めてないとなると、
エヴァの能力に抗える実力者がエヴァに悟られることなくあの場にいて
「仕留めたと思わせる」仕事を遂行したことになる。
議員(とその後ろ盾)の目的を考えた時に、
そんな面倒で意味のないことする?
何なら真祖を潜ませておいて一気に叩くチャンスじゃん。
 
 
続いて、現在(刀太が夏凛に話を聞いてるところ)に戻って
わからないことが幾つか
(先月の感想と重複する)
 
1)エヴァ、この経験があるのに「ネギま!」での振る舞いは…。
ネギのやろうとしてることに対しての見込みが甘過ぎるよねぇ。
 
2)夏凛、現在の噛ませ犬ポジションは…。
ちょっと無理があるよねぇ。
どう考えても、刀太が経験してきてる戦いよりも
ヤバいレベルの戦いを生き抜いて来てるのに。
 
3)エヴァと夏凛、大幅に戦闘能力を落としてる可能性あるよね?
可能性あるどころの騒ぎじゃないけど。
エヴァに至っては夏凛が「当時の」とまで注釈つけちゃってる。
能力が低下する要因は何なのか。
解明すれば対真祖や対ヨルダに転用出来る可能性があるのでは。
 
 
 
まぁ、後出しで「くぐり抜けてきた死線」を描かねばならないので
どうしても「これを経て今の(少し前の)アレかぁ?」となるのは
仕方のないことだよね、と理解はしている。

あと、今月は作画凄く良かった。

kanata_izumi at 15:36|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | マガジン連載

2018年11月03日

【C95】萌え尽きて。、当選報告。

C95(冬コミ)、当選してました。
 
1日目(12月29日(土))
東6ホール:ナ−32b/萌え尽きて。
 
いつものように、
「魔法先生ネギま!」クラスメイトで
漫才を書いています。
 
頒布物の詳細やサンプル等、
12月3週目辺りに改めてご案内しますので
よろしくお願いします。

kanata_izumi at 02:32|PermalinkComments(0)

2018年10月09日

UQ HOLDER! Stage.153 魔法使い共

UQで読みたかったやーつが
その全貌から少しずつ引き出されて読めた。
 
しかし、エヴァ、この段階で裏火星にまで乗り込んでるのか。
そうなると、色々と問題じゃないかねぇ…。
 
・この経験があるならネギと共にやる時は
 もっと上手くやれたんじゃねえの?
・このあとにナギとのあれこれとか気を抜き過ぎじゃね?
・ネギま!の世界線の時に夏凛らを駆り出さなかった理由は?
 
 
俺が時間軸を正しく把握出来てないだけかな?
(少し前からきちんと読み直した上でブログ書けよ)

kanata_izumi at 23:23|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | マガジン連載

2018年09月07日

UQ HOLDER! Stage.152 神の愛

作画悪いなぁ…。
2ページ目とか特にキレが無い……。
 

「久々に」の「久々」が「何百年ぶり」は
ちょっと笑う。
 
ほのいさ普通に仙鏡館で働いてるじゃねえかよ。
いやいやお前ら出自何なんだ、と。
お前らはその話からだろ。
 
九郎丸とキリヱを夕映とのどかの位置に持っていくのに
「アイツは私を必要としていない」
だから
「仲間が増えて嬉しい」
は、
ここだけ切り取ると上手いと思うけど…。
相当に推してた「刀太の本命=キリヱ」の構図を
特に何のきっかけもなく壊してしまうのは
やっぱりナンダカナと思うし、
上手いけど、これ、
暗に「アンタもアイツに必要とされてないわよ、九郎丸」って話だぜ。
キリヱ、超印象悪くない?(苦笑)
 
 
夏凛先輩の噛ませ犬ぶりをキリヱが指摘してる(笑)
 
雪姫とパクれなかったことがショックだとはいえ、
夏凛の曲解と言うか誤認と言うかは酷いな。
パクれることと(神に愛されし夏凛の生きる)この世界に必要であるのとは
イコールではないぜ。
そして、雪姫に道具として作られた「必要」と、
「(神に愛されし夏凛の生きる)この世界に必要」ともまた、
別のものである。
雪姫が必要だの自分が不必要だのという部分も、ちょっと。
意図的にこういうふうにゴチャゴチャにしてるのだと思うけど、
その意図が見えてこないな…。
この辺、他の人の感想を見て回るか…。
ネギま!時代から生き残ってる感想ブログの皆さん、
この件についての推察とか読み解きをよろしく!
 

エルサレムで銀貨30枚は、ググればすぐよ。
実際にそうなのかはまぁハッキリとさせないだろうけど、
とりあえず、何でエヴァと対峙したのかはきちんとした理由を示して欲しい。
抜け殻が何でそんなことになったのか、を。
 
 
 
 
なぜなにナデシコみたいコーナー、速攻で無くなってるじゃねえかよ!!
やる気あんのか!! 
 


kanata_izumi at 23:39|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | マガジン連載