2017年12月28日

「魔法先生ネギま!」二次創作サークル・萌え尽きて。、冬コミ(C93)当選。

冬コミ当選しました。
 
2日目(12月30日sat)
東7ホール・の−08b
萌え尽きて。
 
「魔法先生ネギま!」の二次創作テキストサークルです。
ネギま!のキャラクタで漫才や童話を書いています。
 
当日の頒布情報については、12月3週目辺りに告知致します。
よろしくどうぞ。

kanata_izumi at 23:00|PermalinkComments(0) 概要/主旨/管理人 

2017年11月14日

UQ HOLDER! 07「リセット&リスタート」感想

キリヱ登場&能力説明と
フェイト捕獲作戦(前半)の回。
 

これは原作の時も感じていたことなんだけど。
一空先輩による
「弱点を晒すことになる」「裏切り」という話も
理解出来るんだけど、
UQホルダーという組織の目的を鑑みたら
そんなことは小っちゃいことじゃね?
仲間にきちんと話通しておけよ。
それをしないのなら
自分の想定の中のベストの通りに振る舞わない刀太に
苛立ったりせずに、
淡々と、淡々とループしとけよ。
まどか☆マギカのほむらみたいに。
…という感情を、キリヱに対して抱いてしまうのよなー。
 
この情報共有や意思疎通の面で、
原作に対しても首を傾げることがたまにある。
 
 
さておき、かやのんの「むのー」は良いのではないでしょうか。
あと、アニメのキリヱって、原作よりも頬のぷに度が増してるよね。
 
逢坂良太による赤松擬音(ふっとばされた時の言葉にならない反応)出た(笑)
 
先週(第6話)もそうだったけど、
脱げない回は見えるということでOK?
 
 


MXでの放送終了直後にアニメ公式がしたこのツイートが気になる〜。

 

作戦決行のタイミングで、カトラスが現場に居たね。
どういう圧縮の仕方に繋がるか。
 
こういう、ちょっとした要素からの推察なんかを読みたい人は
すきものがたりを読むといいよ。

kanata_izumi at 03:35|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | アニメ

2017年11月12日

【第4回】UQR ネギまHOLDERラジお!『カモくんは外れますよね?!』感想

UQ HOLDER!のWebラジオ
「UQR ネギまHOLDERラジお!」第4回(17/11/12配信)の
感想記事です。
 
http://www.animatetimes.com/radio/details.php?id=uqr
放送は上記URL。
 
 
とりあえず1周した雑感を箇条書き。
 
 
・幼児ver.
(これ、リク送れば良いのでは?説)
・ナンバー9だけど6人目
・「6をひっくり返せば9になる!」
(バッファローマン理論!!)
・ハロウィーンに乗せられてかぼちゃ、は、
わからんでもない
・今のは自作のお菓子を
 持ってきて振る舞う流れでは(苦笑)
・生牡蠣10個をいっぺんに…。
・「女子力vs酒飲み」の感ある(←
・チャイナ服、ツイート上がってたな
・お茶会行きたかった…。
・「ネギま(串)で乾杯」、見覚えありますね…。
・ゆかてぃさん、それ見てたからあのツイートなのね
・お茶会の趣旨が把握されてねえ(笑)
・ゆかてぃさんチョロい説
・けっこうマジに選びに行ってるなぁ。
 こんなのあしらえばいいのに(笑)
・フォローするほどキツくなるパターン
・カモフラージュ問題
・収録時点で「わからない」のか。
(赤松先生が既に外れるツイートしてる)
・ゆうゆうさんは残念な人推し
・逃げた(笑)
 しかし、どう考えても掘り下げるべきはそっち(笑)
・逢坂くんは変態だからね(断言)
・「二人だけのバージョンを聴いた」とな。
 それ、後々mix違い出してくるやつじゃないスかね。
・各所で話題の、夏凛先輩のランニングフォーム
・かやのんキリヱ一択だったのかよ。
 小倉唯の低め狙いに続いての驚き。
・「むのー」がハマるかどうかは大事だよね、キリヱは。
・演じる順番と作中の流れは
 確かにシンクロしてるに越したことはないよなー
・キリヱのイントネーション問題、
 キャストも「切り絵」だと思ってたのか!
・鶴岡さんいい加減覚えて(笑)
・一空先輩については一空先輩とだけ呼べばOK(ぁ
・古いリスナー『呼び捨て希望』来た━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
・ゆかてぃさん、女子高か。
 女子にモテそうだよなー…。
・「青春は女の子同士でも出来ますよ」
 百合厨(ガタッ
・どうでもいいけど、かやたんがナチュラルにたかたんて呼んでるので、
 プレ放送第1回の時点でそれを主張しておけば良かったのでは。
・ノリでやると定番化したり後々になってもイジられたりするから
 要注意だよね^^


kanata_izumi at 23:36|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | UQR

2017年11月09日

UQ HOLDER! Stage.142 憎しみから生まれたもの

面白かった!
甚兵衛&源五郎強えーっ!
 
強いんだけど、
源五郎の戦い方が基本「化学兵器」任せなので
(対魔仕様ではあるもののねー)
そこはちょっと「下」に見えてしまうのが
ファンタジーものだよね。
善行積むと残機増えるのか。
UQホルダーでの活動、彼にぴったりじゃないか。
 
首落とされて目が座った甚兵衛イイねー。
 
 
遠近法で爆笑した(爆笑)
ギャグ漫画の手法だろ、これ(笑)
 
 
カトラスはやっぱり個人の暴走だったのかなー。
そういう「エラー」も、実際には有り得るか。
彼女の言う「今日にでも」が本当に起きてしまったとようだけど、
これはUQホルダーは事前に気付いてなかったのかな。
とすれば、オモテの世界も気付いてなさそうなもんだけど、
どうだろう。
雪広みぞれ(雪広あやかと那波千鶴が源流と俺は踏んでいる)の
世界の救い方が披露されるターンになりそうか。

kanata_izumi at 23:50|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | マガジン連載

2017年11月07日

UQ HOLDER! 06「九郎丸は苦労する」感想

九郎丸女装キャラ九龍ちゃんのデート回で
九郎丸可愛いよ九郎丸な回。
 
可愛く描けてたので良し。
 
ただし、再び登場の変態(超)とのバトルシーンは、
もっと作画のタッチとかSEとかお芝居とか
緊迫感を持たせて欲しかったなー。
 
赤松ラブコメと血がドバドバ身体もげまくりのバトルを
「一話の中に両方ぶち込んでいく」という方針なんだよね?
であれば、一話の中でそのギャップが大きければ大きい程いいわけで。
 
九郎丸が可愛く描けていたからこそ、
もっと「ヤバい、やられる」という緊迫感が欲しかった。
 
 
キリヱと石田彰が顔見せ^^


ところで。
原作のどこが活かされててどこが飛ばされてるのか、という話に興味のある人は
時雨の制作日記を読むといいと思います。


kanata_izumi at 01:39|PermalinkComments(0) UQ HOLDER | アニメ