こんな新曲が聴きたい!(その34)さよならが言えない

2010年04月28日

「ネギま!オンライン」を考えてみる(その1)

所謂MMORPGで、舞台は麻帆良祭最終日の
「火星ロボ軍団vs学園防衛魔法騎士団」。
 
プレイヤーは、
学園騎士団側から任意のキャラクターを選択するか 
自身のアバターを持ちキャラとすることで
「火星ロボ軍団vs学園防衛魔法騎士団」に参加し、
同イベントでのランキング一位を目指す。
 
1プレイの時間が決まっており
(60分くらいが妥当か?
 また、これにより開始時刻と終了時刻も決定し
 運営はメンテも含めたスケジューリングをすることが可能)
その中で一定時間が経過するごとに
ヒーローユニット(NPC)の登場などの演出もアリ。
 
B.C.T.L.は、喰らうと30秒間フリーズ&ポイント減算がいいかな。
 
この設定だと、直接イベントには関わらなかったり
ヒーローユニットになっていたりで
選択出来ないクラスメイトが大半を占め、
故に、ネギま!成分はかなり薄くなってしまうので、
そこをどうするかが課題(←
 
ゲームを複数回こなしてポイントを溜めていくことで、
スタンドアローンで楽しむサブシナリオが
プレイ出来るようにして、
そこに、例えば楓になりきるものを用意する…というのを
考えたんだけど、
それだと完全に別モノのゲームになっちゃうから
ネギま!ファンは喜ぶかも知れないけど
「やりこみのご褒美」としては相応しくないよねぇ…。
素直に、「楓姉でもゲームに参戦出来る」にした方が良いか。
 
ゲーム開始前にインターミッションを設けて、
出番のないキャラはそこでナビ的なことをしてもらうとか…。
一定条件を満たすとより強力な魔法具を入手出来るという設定を作れば
隊長なんかは武器ショップの売り子に使えるが…。
 
やっぱり、クラスメイトは動かしたいよねぇ。
 
ヒーローユニットは、ポイントにハンデ付けて選択出来るようにすべきか。
いや、しかし、登場タイミングがあるから
プレイヤーに「遊び」の時間が出来てしまうし…。
 
 
 
今後もふとした時に考えて記事にするかも。


「魔法先生ネギま!」のキャラソン完全新曲リリース希望!
shomei_banner01a


(↑署名企画のバナー。署名ページへ飛びます)
 
http://blog.livedoor.jp/kanata_izumi/archives/51338297.html
(↑当ブログの、企画への賛同を表す記事)

和泉彼方個人ページ
本日記「和泉彼方の萌え尽き日記。」
個人サイト「萌え尽きて。」

kanata_izumi at 22:29│Comments(0)TrackBack(0) ネタ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こんな新曲が聴きたい!(その34)さよならが言えない