CIMG1817
令和の1号ライダー・ゼロワン。企業のナンバーワン社長ライダー・ゼロワン。0と1のデジタル世界を駆け抜けるAIライダー・ゼロワン。ゼロワンから令和元年が始まる!
RKFシリーズに、令和ライダー第1号・仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーが登場!
発売元:バンダイ
発売日:2019/8/31
定価:2,500円+税

CIMG1794
パッケージ。昨年までのRKFと一切変化がありません。

CIMG1795
内箱。

CIMG1797
仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー
先代社長の祖父・飛電是之助の遺言により飛電インテリジェンス代表取締役社長となった飛電或人が飛電ゼロワンドライバーとライジングホッパープログライズキーを使用して変身した姿。
バッタの戦闘力・能力を身に付けた仮面ライダーゼロワンの基本形態で、跳躍力に秀でた姿。パンチやキックを中心とした格闘技を駆使する。必殺技は跳躍力を生かして飛び上がり、高空から落下する際の勢いを利用して威力を増幅した蹴りを相手の弱点目掛けて撃ち込む「ライジングインパクト」。
令和第1号ということを強く意識したのか、モチーフは原点回帰とも言えるバッタとなっています。
黒をベースに蛍光系のイエローを乗せているのが目を引きますが、複雑な部分は無くかなりシンプル。
全く知らない人が見ても「仮面ライダーだ」と認識できるようなデザインになっています。

CIMG1801
前後から。
胸部回りもコンバーターラングを想起させるラインになっています。
背中は本来黄色い部分が結構多いのですが塗装はまるごと省略されています。

CIMG1802
前後から。

CIMG1804
バストアップ。面が張り付いたような形状が印象的なマスクです。

CIMG1806
真正面から。丸い目に涙ライン、上に伸びた触角と、かなりオーソドックスなライダー顔です。

CIMG1807
CIMG1808
下半身のアップ。

CIMG1820
前年主役のジオウと並べて。2年連続で黒のベーススーツなのは最近にしては珍しい気が。

CIMG1809
CIMG1811
CIMG1812
CIMG1813
RKFの標準可動域となっているので、特に動きやすいとか動かしにくいといった部分は無いかなと。

CIMG1814
交換用手首が付属。左手用は平手。

CIMG1815
右手用は人差し指をピッと立てたものになっています。

CIMG1816
パッケージのポーズで。

CIMG1817
どちらかというとこのポーズの再現用に用意されたのかな?と思いますが、ちょっと指の形が違いますね。

CIMG1818
CIMG1819
CIMG1821
CIMG1810
アクション。

総評
まあ、いつものRKFかなぁ、というところ。
ただ昨年のジオウよりも付属品が減っている(ジオウはジカンギレードが付属しましたがゼロワンはそれすらありません)のにも関わらず価格が上がっているのは納得いかないところです。代わりに両手分交換用手首が付いているじゃないか、と言われるかもしれませんが交換用手首1個で武器が減って500円もアップする理由が無いわけで…。
出来は悪くないんですが価格が足元見過ぎで割高ですね。この値段だったら最低限アタッシュカリバーは付属させるべきだったかと。