CIMG4953
闘魂ブースト魂から更なるゴーストチェンジ!英雄と心を繋ぎその力を受け取れ!
仮面ライダーゴーストより、新形態ゴエモン魂とリョウマ魂のパーカーセットが登場!
発売元:バンダイ
発売日:2016/1/15
定価:2,808円

CIMG4958
パッケージ。パーカーゴーストセットのいつも通りのフォーマット。
前弾とは打って変わって青に黄色という鮮やかな原色です。

CIMG4959
内箱。ゴエモン・リョウマのパーカーゴーストと台座が付属。

CIMG4974
ゴエモンゴースト
戦国時代の盗賊・石川五右衛門の魂が宿ったパーカーゴースト。
実際の五右衛門…というよりは歌舞伎の演目としての石川五右衛門がモチーフとなっています。
それにしてもビリー、ロビンに続いて強盗・盗賊カテゴリーに属する人物がこれで3人目です。

CIMG4976
前後から。ロングのダウンコートのような形状になっています。
縄を襷掛けにして縛っている辺り、やはり本人よりも変身音の通り歌舞伎の色が強いですね。

CIMG4977
可動範囲は袖の付け根と腕?にあたる細い部分のみ。

CIMG4967
リョウマゴースト
幕末の土佐藩志士、坂本龍馬の魂が宿るパーカーゴースト。
海援隊の白袴をモチーフにしています。

CIMG4969
前後から。張り出したブロック状の肩パーツが特徴的です。それにしても腕が短い。

CIMG4970
バストアップ。肩のパーツは黒船を模しています。

CIMG4978
"カイガン!ンゴォォエモン!"
ゴーストチェンジで仮面ライダーゴースト・ゴエモン魂に変身!

CIMG4980
ロングコート部分にはジョイントがあり、固定できるようになっています。
って蛍光イエローだから余計に見えなくなってますね…。
ゴーストにパーカーを着せる際は、このジョイントを外します。

CIMG4981
頭部を回転させてフェイスパーツを表にし、腕を反転させます。
これで準備完了。

CIMG4982
"歌ぁ舞伎!ウキウキ!乱れ咲き!!"

CIMG4984
仮面ライダーゴースト ゴエモン魂
闘魂ブースト魂に変身した状態でゴーストドライバーにゴエモンゴーストアイコンを装填、出現したパーカーゴーストのゴエモンゴーストを纏って変身した仮面ライダーゴーストの派生形態。
忍者という説もある五右衛門の魂だけに、身軽な動きで相手を追い詰める。 

CIMG4986
前後から。闘魂ブーストを素体としている為、蛍光イエローに赤というド派手な色使い。
忍者説という説明があった割には忍ぶつもりはござらぬよ、といった風情です。 

CIMG4987
左右から。

CIMG4989
バストアップ。フェイスパーツは歌舞伎の隈取がモチーフになっています。
袖などの部分には小銭を模したパーツがびっしりと張り付いてます。

CIMG4990
CIMG4993
可動範囲は他形態と同様ですが、パーカーと素体の接続が甘いのかちょっと浮きやすいです。 
頭部も可動しますが、髷結わいのラインが途切れるのでちょっと違和感。

CIMG4994
CIMG4995
サングラスラッシャー逆手持ち。やはりこれも忍者イメージ?

CIMG4996
CIMG4991
『あ、絶景かなーー!』

CIMG4971
”カイガン!リョウマ!”
闘魂ブースト魂からリョウマ魂にゴーストチェンジ!

CIMG5005
”目覚めよ日本!夜明けぜよ!!”
装着方法はゴエモン魂とほぼ同じなので省略。

CIMG5000
仮面ライダーゴースト リョウマ魂
闘魂ブースト魂に変身した状態でゴーストドライバーにリョウマゴーストアイコンを装填、出現したパーカーゴーストのリョウマゴーストを纏って変身した仮面ライダーゴーストの派生形態。
剣術の達人であると同時に、拳銃も携行していた坂本龍馬の魂だけあり、サングラスラッシャーを持つ闘魂ブーストの素体とは相性が良い、との事。

CIMG5001
前後から。こちらも闘魂ブーストを素体としている為、赤・青・黒・白という鮮やかな色使い。 

CIMG5004
左右から。

CIMG5005
バストアップ。「龍馬」だけあり、竜の頭部の絵柄になっています。
この辺りのデザインのアプローチは仮面ライダーウィザードのドラゴン系スタイルに近いですかね。
パーカー側面からは竜の角が伸びています。

CIMG5006
CIMG5007
CIMG5008
CIMG5009
CIMG5011
CIMG5012
CIMG5013
アクション。

CIMG4997
CIMG4998
勿論、闘魂ブースト以外の素体にも装着可能…ということで通常のトランジェント体に装着。
造形がマッシブに変更された闘魂ブーストにフィットするように作られている為、ゴーストやスペクターの通常素体ではちょっと浮きます。
どちらも闘魂状態ほどの派手さはないものの似合っています。
理屈的にはこの状態も可能なはずなんですよね。

CIMG4960
CIMG4961
CIMG4962
さて「リョウマ」といえば…ということで。
主任に着せるとなんとなく奥州筆頭のような雰囲気も出ます。

総評
闘魂ブーストに対応した着せ替え用パーカー。
ゴースト、スペクター、闘魂ブーストと各素体に対応したパーカーを出していく戦略なのでしょうか。
闘魂に着せるというのも勿論ですが、これまではベートーベンくらいでしか採用されていなかったロングコート状のパーカーゴーストということで、 シルエットも変化するのが面白いところ。
しかし武器も付いていないのに既存のパーカーセットよりも少し高めになっている(といっても100円程度なんですが)のはちょっとつまらない、というか疑問だったりします。
ロングコートにした分の材料費の問題なんでしょうか。