CIMG6156
『来い!ガタックゼクター!!』
時は来た!今こそ手に入れろ!ベルトのパワー!解き放て、その熱き力を!
過去のDX変身シリーズの金型を使用し、ハイターゲット向けにブラッシュアップして発売している
「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」より、変身ベルトDXガタックゼクターが登場!
発売元:バンダイ
定価:12,960円
受注日:2015/8/24~2015/11/2
発送日:2016/2/25
備考:「プレミアムバンダイ」限定商品

CIMG5852
輸送用段ボール。商品ロゴが掛かれています。

CIMG5853
パッケージ。大きな化粧箱です。

CIMG5854
内箱。

CIMG5855
発泡スチロール製の梱包材です。

CIMG6131
ベルトはワンタッチで取り外すタイプになっています。

CIMG6132
リアバックルを被せます。

CIMG6133
CIMG6134
左右にサイドバックルを装着すれば、組立完了。
右腰のサイドバックルがクロックアップ用バックル、左腰が通常のバックルになります。

CIMG6135
CIMG6136
ライダーベルト(仮面ライダーガタック)
加賀美新が装着する仮面ライダーガタックの変身ベルト。
正面のバックル部分は当時品と同じ型ですが、それ以外のベルト部分は全て新規のもの。
とはいえ、先に発売されていた「CSMカブトゼクター」と同じものではあるんですが。

CIMG6139
CIMG6140
前後から。
バックルの色分けに関しては当時品とほぼ変わらず。墨入れが追加されている程度ですね。

CIMG6142
CIMG6141
左右から。

CIMG6137
ベルトのパーツは1つ1つ分かれており、蛇腹状になっています。

CIMG6144
続いてガタックゼクター本体。
単四乾電池を2本使用。電源スイッチは本体後部にあります。
当時品では赤いスイッチで、電源のオンオフを示す○×の表記がありましたが、本商品では黒いスイッチで○×表記も削除されています。

CIMG6145
電源を入れると
「キュウゥゥゥン!」
という起動音が流れ、本体中央の赤いLEDがお尻から頭に向かって流れます。

CIMG6148
CIMG6149
ガタックゼクター
クワガタ型のコアで、戦いの神とも呼ばれるツンデ…もとい、気性の荒いゼクターで、資格候補者を容赦なく半殺しにし、有資格者だった加賀美も攻撃しています。
大型のゼクターで、角の形状を見るにモチーフはノコギリクワガタ。
元々カブトと対になるキャラクターとして設定されていた為、脚部形状等カブトゼクターと似ている部分が多くあります。

CIMG6152
CIMG6153
前後から。当時品と基本的に同じ金型を使用していますが、ゼクターホーンの素材がプラスチックからダイキャストに変更されています。

CIMG6151
CIMG6150
左右から。

CIMG6154
上部から。当時品もメタリック塗装だったと思いますが、より劇中に近い色合いになっています。 

CIMG6146
ゼクター単体遊び。黄色いボタンを押すと
「キュゥーオッ!」
「ヴヴヴン、ヴヴヴン、ヴヴヴン!」
「キュウゥゥゥン!」
「ヴヴヴン、ビシュオォォーーッ!シュゥーーン…」

という4種類の効果音(飛行音)が流れます。

CIMG6147
ゼクターホーンを動かすと
『MISTAKE!』
という音声が流れます。

CIMG6156
ライダーベルトとガタックゼクターで仮面ライダーガタックに変身!

CIMG6157
ガタックゼクター裏側のレールをベルトのレールに合わせて滑らせます。

CIMG6158
ガタックゼクターをベルトに装着すると
「ピロッ!キュイィィィンウォン!『HEN-SHIN!』キュゥン、ガコォン!」
という変身音が流れ、LEDが発光して仮面ライダーガタック・マスクドフォームに変身完了!

CIMG6159
CIMG6160
変身ベルト ガタックゼクター(マスクドフォーム変身状態)
ライダーベルトのバックル部分にガタックゼクターを装着、マスクドアーマーを纏い変身した状態。

CIMG6161
真正面から。
基本的にバックル部分の大きさは当時品から変化していませんが、ゼクターホーンがダイキャスト製になっているので重くなっています。

CIMG6162
CIMG6163
左右から。

CIMG6165
マスクドフォームに変身した状態で黄色いボタンを押すと
「ビシュ、タァーン!」
といった感じの攻撃効果音(ガタックバルカンの発射音?)が流れ、LEDが発光。

CIMG6167
マスクドフォームからライダーフォームへキャストオフ!
ゼクターホーンを開くと
「ガチャッ!キュゥーーン、キュゥーーン、キュゥーン、キュゥーン、キュゥーンキュゥンキュゥンキュゥンキュンキュンキュンキュンキュン…」
というキャストオフの待機音(マスクドアーマーが浮き上がる際の音声)が流れ、LEDが両端から中央に向かって流れる形で発光します。

CIMG6168
CIMG6170
ゼクターホーンを倒し切ると
「ガチャッ!『CAST-OFF!!』ヴゥン!キュピィゥピロロロロロロッ!ピッ!キュゥゥーーン!シュォィ!
 『CHANGE!STAG-BEETLE!!』」

という変身音と共にLEDが発光し、ライダーフォームに変身完了!

CIMG6185
LEDの発光は非常に複雑なパターンになっており、「ガチャッ」という効果音で中央の赤いLEDが一個だけ発光、

CIMG6181
「CAST-OFF!」で周囲の黄色いLED6つ、赤いLEDは中央1個のみ発光。

CIMG6177
効果音と共に赤いLEDの発光数が増減し、

CIMG6171
「CHANGE!」で左斜め上と右斜め下、

CIMG6176
「STAG」で右斜め上と左斜め下、

CIMG6178
「BEE」で中央の上下2個、

CIMG6172
「TLE!」で黄色いLEDが全て発光するような形になります。
実際に見ると台詞に合わせて細かく発光パターンが変わっていって楽しいんですが、写真と文章に落とすと恐ろしく煩雑になりますね…。

CIMG6183
変身ベルト ガタックゼクター(ライダーフォーム変身状態)
マスクドフォームがマスクドアーマーをパージし、ライダーフォームに変身した際の状態。

CIMG6184
真正面から。キャストオフしてしまうとクワガタには見えなくなってしまいますね。

CIMG6195
プットオン遊び。ライダーフォームに変身した後でゼクターホーンを元の位置に戻すと
「キュゥゥーン…『PUT-ON!』」
という音声が流れ、再びマスクドフォームに戻ることが出来ます。

CIMG6185
CIMG6186
CIMG6187
必殺技を発動!ライダーフォームに変身した状態で中央の黄色いボタンを押すと
「ONE!」「TWO!」「THREE!」
と1回押すごとに数字がカウントされていきます。
3回目を押す(「THREE!」の音声を発動させる)と、それに続いて
「ドッギュゥゥン!」
という効果音が流れます。3回目以降にボタンを押した場合は、この効果音が流れる形になります。

CIMG6188
ボタンを押した後は無音になりますが、LEDは流れるように発光を続けます。

CIMG6190
一旦ゼクターホーンを戻します。

CIMG6191
ゼクターホーンを開くと、キャストオフ時と同様の待機音が流れます。

CIMG6192
そして、ゼクターホーンを倒し切ると
「ガチャッ!『RIDER-KICK!!』
 ギュゥン!キュロロロロッ!ガチャキュオッ!ヒューーゥォオッ!チュドォォーーン!」
という必殺効果音と共にLEDが発光します。
ライダーキックでワームを倒せ!

CIMG6196
そして、CSMの独自機能。サイドバックルには音声ユニットが仕込まれており、サイドバックルを叩く(バックル自体が大きなボタンになっています)と
『CLOCK-UP!』
の台詞が流れ、それに続いて
「シュォォォォ…シュォォォォ…」
といった感じの効果音が流れます。

CIMG6197
サイドバックルを再度叩く、もしくは効果音が流れている状態で何もせずに20秒ほど放っておくと
『CLOCK-OVER!』
の音声が流れ、効果音が停止します。 
クロックアップ/クロックオーバーの音声はカブトのものとは異なり、ピッチが変更されエコーが掛かった専用音声になっているほか、効果音の時間(クロックオーバーするまでの時間)もカブトより長くなっているようです。

CIMG6198
クロックオーバーになるまでの時間も長くなっているので、
キャストオフ→クロックアップ→1,2,3→ライダーキック→爆発音の直後に時間でクロックオーバー
というような遊び方も(タイミングがちょっと難しいかもですが)可能です。

CIMG6200
CIMG6201
ガタックゼクターを取り外す際は、ロック解除ボタンを押しながらスライドさせます。
取り外す際には「キュゥゥーン…」という取り外し音が流れます。


総評
サブライダーからCSMの商品化に抜擢されたガタックゼクター。人気が高い事に加え、ベルト部分の形状自体はカブトと変わらないという商品化しやすい部分もあったのかとは思います。
クロックアップスイッチが追加された以外は、DX版のギミックをそのまま踏襲しており、ガタックゼクターの音声自体も当時品からほぼ変化がありません。
変更点としてはライダーキック時の音声の順番が変わり、1,2,3⇒戻す⇒再び角を倒す⇒攻撃効果音⇒RIDER KICK!だったところが角を倒すと真っ先にRIDER KICK!の音声が流れるようになっています。
しかし、仮面ライダーカブトDX変身シリーズは人気が高く価格も高騰している現状で、クロックアップスイッチを追加したガタックゼクターの発売は素直に嬉しいところ。
自分がCSMのカブトゼクターを購入していなかった事もあるのですが、特にこれといった不満も無く、良い出来かなと。