CIMG6221
『俺は既に未来を掴んでいる。そしてこれからも…掴み続ける!』
『そうだ…俺は加賀美新。天道じゃない。俺は、俺だーー!』

ハイパーゼクターが舞い降りる時、新たな力がベルトに宿る!
手に入れろ!未知なるスピードと新たなパワー!
過去のDX変身シリーズの金型を使用し、ハイターゲット向けにブラッシュアップして発売している
「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」より、ハイパーゼクターが登場!
発売元:バンダイ
定価:5,940円
受注日:2015/8/24~2015/11/2
発送日:2016/2/25
備考:「プレミアムバンダイ」限定商品

CIMG5850
輸送用段ボール。

CIMG6205
CIMG6206
パッケージ。

CIMG6207
ハイパーカブトとハイパーガタックが描かれています。

CIMG6208
内箱。ハイパーゼクター本体と装着用のサイドバックル、そして台座が付属。

CIMG6209
サイドバックルはカブトゼクター/ガタックゼクターの左腰用サイドバックルと取り換えて装着。

CIMG6210
ハイパーゼクターは単四乾電池を2本使用。電源スイッチは本体側面にあります。

CIMG6211
電源を入れると
「ビィシュゥゥゥオオォォーー!」
という音声が流れ、ハイパーゼクターの両目が発光。

CIMG6212
CIMG6213
ハイパーゼクター
ZECTが開発したマスクドライダーシステムの強化ツール。ジョウントと呼ばれる能力で様々な時空を飛び越えることが可能で、空間だけでなく時間も超えることができるゼクター。
未来の天道総司が過去の(2006年の)自分に送ったものですが、未来の天道が如何にしてハイパーゼクターを入手したかという事に関しては不明。
玩具としては放映当時に発売された「DXハイパーゼクター」の改修品…かと思いきや、完全新規造形で作られているアイテム。
流石に設計レベルではデータの流用等があると思いますが、変身ベルトでも無い強化ツールを新規造形という思い切ったことをしています。

CIMG6217
前後から。

CIMG6215
CIMG6214
左右から。角が当時品と比べ大型化し、ダイキャスト製になっている為に重量が前方に偏り自立しなくなっています。その為、ディスプレイする為の台形型の台座(角の下に置いているやつです)が付属。
 
CIMG6218
上部から。

CIMG6220
当時品では分かり易くスピーカーの穴が開いていたスイッチ部分が、極力目立たないような形でアレンジされています。

CIMG6219
ホーン部分のアップ。

CIMG6221
時を超えて現れたハイパーゼクターが、ライダーに新たな力を与える!

CIMG6222
サイドバックルにハイパーゼクターを取り付けます。

CIMG6223
CIMG6224
横に嵌めて、90度回転させてロックする仕組みになっています。

CIMG6226
CIMG6227
ハイパーゼクターのゼクターホーンを倒すと
「ピュルルル!キュゥーーン、キュゥーーン、キュゥーーン…」
という待機音が流れます。

CIMG6228
ゼクターホーンを離し、元の位置まで戻す(スプリングが内蔵されているので手を放せば元の位置に戻ります)と、
「『HYPER CAST-OFF!』バシィィーン!キュゥゥン!ピュロロロロッ!バシュンバシュゥーーン!
  『CHANGE HYPER-BEETLE!』」

というハイパーフォームへの変身音が流れ、変身完了!

CIMG6229
円形のハイパークロックアップボタンを押すと
『HYPER CLOCK-UP!!』
という音声が流れ、続いて
「ピュゥーンピュゥーン…ピュゥーンピュゥーン…」
というハイパークロックアップの効果音が流れます。

CIMG6232
CIMG6230
ハイパークロックアップを発動した状態でゼクターホーンを倒すと待機音が流れ、元に戻すと
『MAXIMUM...RIDER...POWER...』
の音声が流れます。
MAXIMUMライダーパワーの音声を流した後もハイパークロックアップの効果音は持続します。

CIMG6231
効果音は放っておくと15秒を過ぎたあたりから加速し、ハイパークロックアップ発動から約20秒後に
『HYPER CLOCK-OVER!!』
の音声が流れます。


CIMG6233
さらに、ハイパーゼクターは仮面ライダーガタックの強化も可能。

CIMG6234
ゼクターホーンを倒した状態で3秒以上保持すると
『HYPER STAG-BEETLE!!』
というモード切替の台詞が流れ、ガタックに対応した音声に変化。
カブト用の音声に戻す時はもう一度同じ操作を行い、
『HYPER BEETLE!!』
の台詞が流れたら元に戻ります。

CIMG6235
ゼクターホーンから手を放すと、
「『HYPER CAST-OFF!』バシィィーン!キュゥゥン!ピュロロロロッ!バシュンバシュゥーーン!
  『CHANGE HYPER-STAG-BEETLE!』」

という音声が流れ、仮面ライダーガタック・ハイパーフォームに変身完了!

CIMG6237
変身ベルト ガタックゼクター(ハイパーフォーム変身状態)
「てれびくん 超バトルDVD 誕生!ガタックハイパーフォーム」に登場した形態。
未来から送られてきたもう一つのハイパーゼクターを使用、ハイパーフォームに変身した状態。

CIMG6238
真正面から。
ハイパーガタックは超バトルDVD、そして放映当時に発売されたPS2ゲームの隠しキャラクターとして登場した程度の存在だったのですが、妙に知名度が高いこともあってか、今回ハイパーガタックへの変身機能も搭載されています。

CIMG6239

CIMG6242
カブトと異なるのはハイパーキャストオフ時の電子音声のみで、ハイパークロックアップやマキシマムライダーパワー等の音声はカブト時と同様。
これは別に手抜きというわけではなく、超バトルDVDでも同じような形になっていたので劇中準拠。

CIMG6241
ハイパーフォームに変身してハイパーキックを発動!

CIMG6243
ハイパーゼクターをサイドバックルから取り外す際は、上部の大きなボタンを押してロックを解除しながら回転させて取り外します。


総評
CSMとしては初となる最終フォーム用の変身アイテム(玩具的に言うとハイパーゼクター自体は中間フォーム相当のアイテムなんですけどね)が発売。完全新規造形で、当時品には(あるわけが)無かったガタック対応の音声も収録するなど、妙に気合の入った作りとなっています。
CSMのカブトゼクターを買っていなかったので連動遊びの紹介が不完全になってしまっているのが申し訳ないところです…。
ハイパーフォームへの変身特化といったアイテムで、変身用ゼクターに比べると少々遊びの幅が狭いのが難点ではありますが、まあその辺りは当時品からの問題である為CSMのせいではないですね。
何にせよ「ハイパーガタック対応の音声が入ったハイパーゼクター」という、その一点だけでも(個人的には)十分に元が取れるくらいの内容です。
しかしハイパーガタックは児童誌のOV出身にしては妙に優遇されてますよね…関係ないですが。