CIMG0422
ソフビ「ウルトラ怪獣DX」の紹介ページ。ウルトラマンオーブの登場怪獣(主に魔王獣)を扱っています。
随時追加予定。
・ウルトラ怪獣DX 風ノ魔王獣マガバッサー
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/9
定価:2,160円

CIMG9478
CIMG9479
風ノ魔王獣 マガバッサー
第1話に登場した新怪獣。ウルトラマンメビウスの力で封印されていた風ノ魔王獣。
翼の羽ばたきによって強風を放つ怪獣で、東京の上空で「マガ嵐」という竜巻を発生させた。

CIMG9483
CIMG9484
前後から。分かり易く鳥怪獣です。巨大な翼が目立ちます。

CIMG9481
CIMG9480
左右から。

CIMG9485
凶悪に見えてつぶらな瞳というか、じっと見てると何だか間の抜けた顔にも思えてきます。
額には魔王獣の特徴である赤いマガクリスタル。

CIMG9486
脚部(後ろ足)のみ可動します。

CIMG9524
ウルトラマンオーブとサイズ比較。
当初はマガバッサーが大きすぎるのではないかと思いましたが、劇中でもこれくらいの比率でした。
むしろマガバッサーが若干小さいくらい。

CIMG8948
ウルトラフュージョンカード マガバッサー
マガバッサーがオーブにより撃破された後にジャグラスジャグラーが入手したカード。

・ウルトラ怪獣DX 土ノ魔王獣マガグランドキング
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/9
定価:2,160円

CIMG9487
CIMG9488
土ノ魔王獣 マガグランドキング
第2話に登場。ウルトラマンタロウの力で封印されていた土ノ魔王獣。
タロウが龍脈の力で封印していた為、復活の過程で龍脈上にある建造物を地盤沈下させていた。 
スペリオン光線も跳ね返す装甲と強力なレーザー「マガ穿孔」が武器。

CIMG9491
CIMG9492
前後から。

CIMG9490
CIMG9489
左右から。
頭部以外は「ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング」の流用。

CIMG9493
頭部アップ。額にはマガクリスタル、面構えはオリジナルのグランドキングに近いです。

CIMG9494
CIMG9496
腕部と首が可動。

CIMG9495
足裏にはライブサインの名残が。 

CIMG8950
ウルトラフュージョンカード マガグランドキング
マガグランドキングがオーブにより撃破された後にジャグラスジャグラーが入手したカード。

・ウルトラ怪獣DX 水ノ魔王獣マガジャッパ
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/23
定価:2,160円

CIMG9497
CIMG9498
水ノ魔王獣 マガジャッパ
第3話に登場した新怪獣。ウルトラマンジャックの力で封印されていた水ノ魔王獣。
特徴はその悪臭で、浸かった水に悪臭が移り水質が汚染される。
温泉巡りのように各地の湖を転々とし、大自然を風呂代わりにしていた。掛け湯はしない。

CIMG9500
前後から。怪獣らしいフォルムをベースに、タツノオトシゴとタコのダブルモチーフのようです。

CIMG9502
CIMG9501
左右から。

CIMG9503
CIMG9504
腕や尻尾にある吸盤など、タコの様な器官もあります。
というか尻尾は完全にタコの脚。

CIMG9505
頭部のベースはタツノオトシゴかな。
キョトンとしているような感じで、どうにも間が抜けているような印象の顔。 

CIMG9539
ウルトラフュージョンカード マガジャッパ 
マガジャッパがオーブにより撃破された後にジャグラスジャグラーが入手したカード。
劇中でもカードに匂いは無いようで鼻と唇に近づけても大丈夫そうでした。

・ウルトラ怪獣DX 火ノ魔王獣マガパンドン
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/23
定価:2,160円

CIMG9506
CIMG9507
火ノ魔王獣 マガパンドン
第4話に登場。ウルトラマンゼロの力で封印されていた火ノ魔王獣。
最初は燃え盛る火の球の状態で出現して熱波を放ち、街を猛暑で襲った。一旦オーブにより宇宙まで追い出されるものの、再度地球へ下降し、マガ火球で再び街を襲った怪獣。

CIMG9509
前後から。
ネオパンドンやキングパンドンのように首から分かれているフォルムではなく、初代に近いフォルム。

CIMG9511
CIMG9510
左右から。

CIMG9512
頭部はネオ、キングのように目や嘴が視認し易いですが、初代を踏襲した揚げ物のような首です。
首の分かれ目の部分にマガクリスタルを配しているようです。
首全体を頭部として見てしまうとクリスタルのせいかゼットンみたいな顔にも見えてきます。

CIMG9537
ウルトラフュージョンカード マガパンドン
マガパンドンがオーブにより撃破された後にジャグラスジャグラーが入手したカード。

・ウルトラ怪獣DX スペシャル限定 光ノ魔王獣マガゼットン ダークネスブルーver.
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/22
定価:1,296円
備考:ウルトラマンフェスティバル&ウルトラマンショップ限定商品

CIMG9996
光ノ魔王獣 マガゼットン
第1話のアバンに登場。ウルトラマンの力で封印されていた光ノ魔王獣。
今から108年前(1908年)に北欧に出現し、他のウルトラマンの力を借りていないオリジナルの状態のオーブによって撃破された怪獣。
玩具的には2013年まで展開されていた旧ウルトラ怪獣シリーズのソフビの金型を流用、成型色を変更しただけのものになっています。

CIMG0002
前後から。造形的には所々ダルいのは仕方ないのかな。
全体が青いですが、劇中では基本的に光っていたのでここまで青かったかと言われるとうーん。

CIMG9998
左右から。

CIMG9994
足の裏には「1983 CHINA」の刻印が。
…旧ソフビのゼットンって1回もリニューアルされてなかったんですね。
しかし33年前の金型を用いて(色変えとはいえ)新商品を出す、というのもなかなか凄い話です。

CIMG0004
頭部アップ。オリジナルのゼットンでは黄色かった頭部の発光体はマガクリスタルとなっています(形状自体は同じです)。

CIMG0005
胸部の発光体も青色に変化しています。

CIMG0006
ウルトラマンオーブと比較。旧ソフビの色が変わっただけと聞いて大丈夫かなと思っていたのですが、ちゃんと魔王獣らしくボリュームがあります。

CIMG0007
マガバッサーと一緒に。大きさ的には魔王獣と並べても遜色無いですね。

CIMG0009
ウルトラフュージョンカード マガゼットン
ジャグラスジャグラーが持っていたカード。いつ入手したかは現時点では不明。

CIMG0010
ジャグラーの持つ6枚の魔王獣カードのうち5枚が揃いました。

・ウルトラ怪獣DX 大魔王獣マガオロチ
発売元:バンダイ
発売日:2016/9/17
定価:2,700円

CIMG0409
タグ、カード付。 

CIMG0410
CIMG0411
大魔王獣 マガオロチ
第11話で登場した新怪獣。
6体の魔王獣を束ね、その頂点に立つ強大な魔王獣。玉響姫と光の勇者(ゾフィー)によって入らずの森に封印されていたが、ジャグラーの手により復活。
ウルトラマンオーブを一度完全敗北させ街を蹂躙しました。
他の魔王獣のように「(属性)ノ魔王獣」という名前ではなく、「大魔王獣」となっているのも特徴。

CIMG0414
前後から。多数の棘や牙など、文字通り禍々しいデザインで、魔王獣を束ねる大魔王獣、というのも納得のビジュアルです。
 
CIMG0416
CIMG0415
左右から。ザ・怪獣!みたいな見た目ですね。
背中から生えた4つのパーツも特徴です。 

CIMG0417
頭部アップ。怖い顔してます。
角になっているのがマガオロチのマガクリスタルなのかな? 

CIMG0418
バストアップ。胸部も顔のように見えます。

CIMG0419
背中の突起。
 
CIMG0420
ウルトラマンオーブと一緒に。
もうちょっと価格高くしてもいいんじゃないか、というくらいのボリュームで、ただでさえ大きい魔王獣たちよりも更にボリュームがあります。

CIMG0424
ウルトラフュージョンカード マガオロチ
マガオロチの力が封印されたカード。「全」という特殊な属性の振り分けになっています。

・ウルトラ怪獣DX ギャラクトロン
発売元:バンダイ
発売日:2016/10/8
定価:4,320円

CIMG1180
タグ、カード付。大きいせいかタグは2つまとめて突っ込まれています。

CIMG1194
CIMG1195
シビルジャッジメンター ギャラクトロン
第14話で登場した新怪獣。
「ギャラクトロン」の名称は地球人側が呼んでいるもので、ジェッタ提案の「ギャラクシードラゴン」とシン提案の「サルヴァトロン」を足して、ナオミが名付けたもの。
異次元からやってきたと推測されたロボット兵器で、全ての争いを止める事が使命。
しかし、地球上のデータを観測し、争いを止めるために地球をリセットすると決定し、ナオミを体内に取り込み乗っ取って攻撃を開始。食物連鎖という進化の形が間違っているとして、人類のみならず地球上の全生物を消滅させようとしましたが、最後はサンダーブレスターの容赦のない猛攻により(取り込まれたナオミごと)ゼットシウム光線を受けて爆散。 

CIMG1199
CIMG1200
前後から。
魔王獣でもなければ映画の怪獣というわけでもない、かといってパワーアップ回(新タイプお披露目)の相手を務めた敵というわけでもないのですが(確かに強敵なんですが)、価格は4,000円、大きさは約24cmというウルトラ怪獣DXの中でも最大級のボリュームとなっています。
 
CIMG1198
CIMG1197
左右から。人型寄りのボディに長い東洋龍のようなフォルムの怪獣の頭部が乗っかっているという、正統的に見えて結構独特のデザインをしています。
これは尻尾と言って良いのか、それともおさげ髪とでも言うべきなのか…。

CIMG1187
頭部アップ。体に刻まれた無数の直線的な模様やコード状の関節など、明らかな異文明によって製作されていることが分かるようなデザイン。 

CIMG1188
おなか。赤い部分にはナオミキャップが取り込まれました。

CIMG1189
CIMG1190
クロー状の右腕は銃口のようなものも備えています。
 
CIMG1193
CIMG1192
何となくマックスギャラクシーに似ている左腕のパーツは回転可能。
回転させるとクロー状になります。

CIMG1201
おさげの先にもクローが。

CIMG1191
腕と脚の付け根が可動します。
ポーズを付けられるわけじゃないんですが、座らせるとちょっと可愛い。

CIMG1216
劇中ではここまでの大きさではない(大柄ではあるけれど、魔王獣と同クラス)のに、ここまで巨大な玩具になった理由なのですが、同日に発売された「ウルトラBIGソフビ ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン」と一緒に遊べるサイズとして想定された可能性があるのではないかと。
実際、BIGソフビのオーブと並べてみるとほぼ劇中対比の大きさです。 

CIMG1336
ウルトラフュージョンカード ギャラクトロン
ギャラクトロンの力が封印されたカード…でいいのかな。属性は「風」です。

☆「光ノ魔王獣マガゼットン」ゲット!!キャンペーン
CIMG1220
ギャラクトロンの発売日だった10/8(土)より、対象のウルトラ怪獣DX(ギャラクトロン1個、或いはウルトラ怪獣DXシリーズ2個)を買うと、先着でマガゼットンが貰えるキャンペーンが開催されました。
ジャグラスジャグラーが「お前に素敵なキャー↑ンペェー↑↑ンを教えてやろう」と言う告知CMも色々な意味でインパクトがあったので印象的でした。

CIMG1222
光ノ魔王獣 マガゼットン
かつてオーブ(オーブオリジン)を苦しめた光ノ魔王獣。
マガゼットンのソフビ自体は上述の通りウルトラマンフェスティバル2016、ウルトラマンショップ限定という形で旧シリーズの成型色を変更し、魔王獣カードを付けて発売していたのですが、地域限定品だったから…ということなのか、今回全国区で配布という形になりました。
このマガゼットンは現行のウルトラ怪獣シリーズと同じ大きさで、ゼットンの成型色を変更したもの。

CIMG1223
CIMG1224
前後から。

CIMG1225
左右から。

CIMG1228
バストアップ。全身がクリアラメ成型で、塗装は頭部の発光体(マガクリスタル)と胸部のみ。
腕や脚は白いのですが、そのあたりは省略されています。

CIMG1229
限定販売版のマガゼットンと比較。造形自体は現行版の方が良い(というか、そもそも金型が作られたのが旧シリーズが1983年、現行が2013年なので後者の方が良いのは当然なのですが)のですけれど、塗装の力は結構大きいですね。

CIMG1230
一応ウルトラヒーローオーブと組み合わせてサイズ的に違和感が無いのはキャンペーン版の方かな。
限定販売版の相対的な大きさも魅力的ですが。

・ウルトラ怪獣DX ゼッパンドン
発売元:バンダイ
発売日:2016/10/8
定価:2,180円

CIMG1563
タグ、カード付。
 
CIMG1564
CIMG1565
合体魔王獣 ゼッパンドン
第16話で登場した合体怪獣。カードによって呼び出したゼットンとパンドンの力を、オーブが引き千切ったマガオロチの尻尾と合体させることで生み出された新たな魔王獣。
ジャグラー自身も融合している為、ゼッパンドンの意識はそのままジャグラーの意識。

CIMG1566
CIMG1567
前後から。
ゼットン+パンドン+マガオロチ(+ジャグラー)というデザインですが、前後から見た場合はそれぞれゼットンとマガオロチの自己主張が強め。胸部はゼットン、肩から突き出た突起はマガオロチかな?

CIMG1570
CIMG1568
左右から。こちらから見た場合はパンドン要素が強く出ています。

CIMG1571
頭部アップ。ゼットンともパンドンとも違う独自の怪獣的な頭部が形成されています。ちょっとだけシェパードン風。…マガオロチの皮剥いだイメージ?
青い瞳は恐らくジャグラー要素。 

CIMG1572
上部から見るとゼットンの特徴である発光体が。
魔王獣の特徴であるマガクリスタルがゼッパンドンには存在していない為、マガオロチの一部を使った「合体魔王獣」ではあるけれど魔王獣とは異なる、ということかな。

CIMG1573
パンドンの頭は大きく口を開いています。
 
CIMG1574
サンダーブレスターがぶった切って盾にした後に放り投げたマガオロチの尻尾を利用している為、尻尾はマガオロチと同じものになっています。

CIMG1575
とはいえ、玩具の造形的には全く異なるものになっており、ゼッパンドンの尻尾の方は全体的に太めで簡略化されています。

CIMG1576
素体になったゼットン、パンドンと…両方マガですが。
CIMG1577
CIMG1591
お借りします…はありませんでしたね。

CIMG1589
ウルトラフュージョンカード ゼッパンドン
ゲーム「ウルトラマン フュージョンファイト!」で使用できるカード。
劇中ではゼットンとパンドンのカードを使って生み出された合体魔王獣であるため、この状態のカードは存在しない(はず)ですね。 

・ウルトラ怪獣DX 超大魔王獣マガタノオロチ
発売元:バンダイ
発売日:2016/11/5
定価:2,700円

CIMG1952
タグ、カード付。 

CIMG1953
CIMG1954
超大魔王獣 マガタノオロチ
最終回付近で登場予定(恐らく)の新怪獣。
第11話、12話においてオーブを苦しめたマガオロチの成体となる魔王獣で、地球のエネルギーを吸って成長。文字通り星が無くなるまで、その星を喰らい尽くす…との事。
禍々しくも怪獣らしいフォルムだったマガオロチとは異なり、竜と触手が絡み合って構成されたような、不気味な風貌が特徴です。 

CIMG1956
前後から。
 
CIMG1958
CIMG1957
左右から。赤面積の多かったマガオロチとは異なり、青面積が一気に増えています。

CIMG1960
バストアップ?
頭部は何気にマガオロチと大差ないデザインだったり。
マガクリスタルも同形状ですね。

CIMG1961
CIMG1962
CIMG1963
CIMG1964
触手をベースに大蛇が巻き付いているような形。
ところで元ネタはどう考えても八岐大蛇だと思うのですが、頭部が5個しかない(マガクリスタル部分を別カウントしても6個)んですよね。

CIMG1967
幼体のマガオロチと。これで幼体かよって感じですが、まあハイパーゼットンギガントとかもアレで幼体だったのでわからないものです。
怪獣としての格好良さや怖さはマガオロチですが、得体の知れない不気味な"怪物"(怪獣ではなく)、物の怪としての存在感は確かにマガタノオロチの方があるのかなーと。
 
CIMG1970
ウルトラフュージョンカード マガタノオロチ
マガタノオロチの力が封印されたカード。振り分けはマガオロチ同様に「全」の属性。
誰の力で封印されていた、とかそういうものが無いせいか、カード下部の胸模様の封印マークはオーブのものになっています。 

・ウルトラ怪獣DX サデス
発売元:バンダイ
発売日:2017/2/25
定価:1,620円
CIMG6894
タグ。

CIMG6896
奇機械宇宙人 ガピヤ星人 サデス
映画「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」に登場する宇宙人。かつてクレナイ・ガイ=ウルトラマンオーブと戦って倒されるも、体を半機械化して復活したサイボーグ宇宙人。

CIMG6900
前後から。生物的なラインと機械的なラインの2つが混じっており、サイボーグ復活した宇宙人、という設定がビジュアル的にも分かりやすいかと。

CIMG6897
左右から。

CIMG6901
頭部アップ。クモ類を思わせる瞳です。

CIMG6902
腕部の武器。

CIMG6907
劇中ではオーブと同じ大きさですが、ウルトラ怪獣DXでは一回り以上大きくなっています。

CIMG6908
旧サイズのソフビとだいたい同じくらいの大きさと思えば良いかなと。

CIMG6904
ウルトラフュージョンカード サデス
ゲーム「ウルトラマン フュージョンファイト!」で使用できるカード。

CIMG6905
オーブリングでスキャンすると『風の 怪獣!』という台詞と共にLEDが発光。
スイッチを押してリングを開くと共通効果音が流れます。
怪獣じゃなくて宇宙人だろうという突っ込みは野暮でしょうか。 

・ウルトラ怪獣DX 奇機械怪獣デアボリック
発売元:バンダイ
発売日:2017/2/25
定価:2,700円

CIMG6910
CIMG6911
奇機械怪獣 デアボリック
宇宙魔女賊ムルナウがダークリングの力で召喚した奇機械怪獣。全身の様々な部分が武器と化しているほか、強力な装甲による高い防御力も備えており破壊の限りを尽くす。右腕のジェムアームからは、ウルトラマンをも問答無用でクリスタルに変える光線「ジュエリックブレーズ」を放つ。
そうなった経緯は不明ですが、サデスと同様に半機械化されたサイボーグ怪獣という印象を受けます。
 
CIMG6912
CIMG6913
前後から。尻尾が長い…。

CIMG6915
CIMG6914
左右から。

CIMG6919
CIMG6920
頭部アップ。レイズナーのゴステロみたいですね。
何だかマガオロチに似てる顔だなぁ、と思ったのですが、見比べてみたところ特に似ているわけでもありませんでした。

CIMG6917
CIMG6918
射撃武器多めというか、近接格闘よりは遠距離戦に特化しているような改造?です。

CIMG6921
サデスと一緒に。デアボリックとサデスを並べた時のサイズ比はほぼ同じ。

CIMG6922
オーブトリニティと並べて。

CIMG6924
ウルトラフュージョンカード デアボリック
ゲーム「ウルトラマン フュージョンファイト!」で使用できるカード。

 
CIMG6925
オーブリングでスキャンすると『闇の 怪獣!』という台詞と共にLEDが発光。
スイッチを押してリングを開くと共通効果音が流れます。
サデスもそうですが、ものすごくざっくりした共通音声です。 


・ウルトラ怪獣DX レイバトス
発売元:バンダイ
発売日:2017/4/29
定価:1,620円
 
CIMG8491
タグ。

CIMG8510
亡霊魔導士 レイバトス
「ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!」に登場するレイオニクス。
素性は良く分かっていませんが、亡霊魔導士の名の通り、死んだ怪獣の魂を操ることが可能。
ネクロマンサーという表現が一番しっくり来るかな。
 
CIMG8514
前後から。トサカがあったり胸の部分に発光体があったりと、何となくウルトラ戦士に近いところがあるようなデザインになっています。
最初なんとなくガイバーに似てるなと思ったんですが比べてみるとそうでもなかった。 

CIMG8511
左右から。

CIMG6901
CIMG8515
頭部アップ。