CIMG8516
ソフビ「ウルトラヒーローオーブ」の紹介ページ。
随時追加予定。
・ウルトラヒーローオーブ01 ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン)
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/9
定価:648円

CIMG9535
『ウルトラマンさん!ティガさん!光の力!お借りします!』
”フュージョン・アップ!” "ウルトラマン・オーブ!スペシウムゼペリオン!"


CIMG9514
ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン
クレナイ・ガイがウルトラマン、ウルトラマンティガの2枚のウルトラフュージョンカードとオーブリングを使用して変身するウルトラマンオーブの暫定基本形態。必殺技はスペリオン光線。
名前は「スペシウム光線」+「ゼペリオン光線」から。

CIMG9517
CIMG9518
赤、紫、銀に加え黒が配されたカラーリング。
外見上はウルトラマンティガの特徴がより強く表れているのが分かります。

CIMG9520
頭部アップ。
オーブの瞳は淡い青色で発光していますが、ソフビではそこまで再現してはいません。

CIMG9522
胸部。腕の赤いラインの通り方はウルトラマンを踏襲。
ほぼ黒メインのビクトリーなんかも居ますが、主役でここまで黒が多く使われているのも珍しい。

・ウルトラヒーローオーブ02 ウルトラマンオーブ(バーンマイト)
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/23
定価:648円

CIMG9534
『タロウさん!メビウスさん!熱い奴、頼みます!』
"フュージョン・アップ!" "ウルトラマン・オーブ!バーンマイト!"


CIMG9530
ウルトラマンオーブ バーンマイト
クレナイ・ガイがウルトラマンタロウ、ウルトラマンメビウスの2枚のウルトラフュージョンカードとオーブリングを使用して変身するウルトラマンオーブの派生形態。必殺技はストビュームダイナマイト。
名前の由来は「バーニングブレイブ」+「ウルトラダイナマイト」。

CIMG9526
CIMG9527
全身が赤く染まっているのが特徴。レッド族のタロウの要素が強い?

CIMG9531
頭部アップ。
メビウスの頭部模様とタロウのウルトラホーンを上手く融合させています。

CIMG9532
胸部。黒面積は減ったものの、襟元は黒いまま。
メビウスの要素は(名前通り)通常形態よりもバーニングブレイブの意匠が色濃く表れています。

・ウルトラヒーローオーブ03 ウルトラマンオーブ(ハリケーンスラッシュ)
発売元:バンダイ
発売日:2016/8/6
定価:648円

CIMG0049
CIMG0051
『ジャックさん!ゼロさん!キレのいい奴、頼みます!』
"フュージョン・アップ!" "ウルトラマン・オーブ!ハリケーンスラッシュ!"

CIMG0038
ウルトラマンオーブ ハリケーンスラッシュ
クレナイ・ガイがウルトラマンジャック、ウルトラマンゼロの2枚のウルトラフュージョンカードとオーブリングを使用して変身するウルトラマンオーブの派生形態。
槍状武器オーブスラッガーランスを使用する形態で、「オーブランサーシュート」「ビッグバンスラスト」「トライデントスラシュ」「オーブスラッガーショット」等、多彩な必殺技がある。
名前の由来は「ウルトラハリケーン」+「エメリウムスラッシュ」。

CIMG0043
前後から。黒の面積が多いですね。
赤と青の配色、肩のプロテクター、頭部に備わったスラッガーなど、ゼロ要素がかなり濃く、その一方でジャック要素が希薄。赤いとこが2重線になってたりしたらまた違ったと思うのですけども。

CIMG0039
左右から。

CIMG0052
CIMG0048
バストアップ。胸の下の縁取りがかろうじてジャックっぽい?

・ウルトラヒーローオーブ04 ウルトラマンオーブ(サンダーブレスター)
発売元:バンダイ
発売日:2016/9/24
定価:648円

CIMG1118
裸タグ付き。

CIMG1121
『ゾフィーさん。ベリアルさん。光と闇の力、お借りします…!』
"フュージョン・アップ!" "ウルトラマン・オーブ!サンダーブレスター!"

CIMG1123
ウルトラマンオーブ サンダーブレスター
クレナイ・ガイがゾフィー、ウルトラマンベリアルの2枚のウルトラフュージョンカードとオーブリングを使用して変身するウルトラマンオーブの派生形態。
通常のオーブよりも筋肉質になった肉体からも分かる通り、絶大なパワーを誇る反面、ウルトラマンベリアルという闇の力を使う為に制御が非常に難しく、初陣であるマガオロチ戦ではガイ=オーブらしからぬ荒々しいファイトスタイルを見せています。
名前の由来は「ベリアルジェノサンダー」+「ウルトラブレスター」。

CIMG1125
前後から。筋肉質な体型に加え、元々黒面積の多かったオーブに更に黒が追加され、目の形まで変わってしまった為にベリアルの要素が前面に打ち出されすぎており、ゾフィー要素がちょっと目立たなかったり。
ソフビでは塗装省略部分も多いのですが、実は体の赤いラインはかなりゾフィー寄りだったりします。 
 
CIMG1127
バストアップ。額の印象的なランプ部分でオーブであることは分かるのですが、やはり目が。

CIMG1128
ゾフィーがシンプルな顔であることも相まって、顔はほぼベリアル。

CIMG1129
スペシウムゼペリオンと比較。胸部のパーツや額などでオーブであることは分かります。

CIMG1130
オーブの4形態が遂に揃いました。
サンダーブレスターは放映前から明かされていたとはいえ、ちょっと特殊な立ち位置でしたが。

・ウルトラヒーローオーブ05 ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)
発売元:バンダイ
発売日:2016/10/29
定価:648円
CIMG1702
裸タグです。

CIMG1705
ウルトラマンオーブ オーブオリジン
クレナイ・ガイがオーブリングとオーブオリジンのカード=聖剣オーブカリバーを使用して変身する、他のウルトラマンの力を一切借りていない、オーブの本当の姿。
放映開始前の番宣ポスターや第1話のアバンでも姿を見せており、ある意味で当初から公開されていた姿ではあるのですが、光に包まれていたり絶妙に見えなかったりという形で、はっきりと姿を見せたのは第17話が最初。
 
CIMG1708
前後から。スペシウムゼペリオンからティガの要素(プロテクターや頭部など) を抜いたような形になっており、非常にシンプルなシルエットとなっています。
また、配色も黒の比率が高く、主役ウルトラマンとしては異例です。
 
CIMG1710
バストアップ。スペシウムゼペリオンからティガのプロテクターと色(紫)を抜いた程度なんですが、やはり印象は変わります。
 
CIMG1712
真正面から。額のクリスタルは水色です。

CIMG1713
スペシウムゼペリオンと比較。
上半身の黒面積が減ってますね。逆に下半身はかなり広くなっています。

CIMG1703
オーブ5形態、全員集合。
並べてみるとやはり結構自由…というか、一人のウルトラマンとは思えないくらいに身体のラインが変わっているかなと。

・ウルトラヒーローオーブ06 ウルトラマンオーブ(オーブトリニティ) 
発売元:バンダイ
発売日:2017/2/25
定価:648円
CIMG6874
裸タグ。タグにはオーブのロゴと劇場版のロゴの両方があります。

CIMG6886
ウルトラマンオーブ オーブトリニティ
クレナイ・ガイがギンガ、ビクトリー、エックスの3枚のウルトラフュージョンカードをオーブリングにスキャンして出現するオーブスラッシャーを使用してトリニティフュージョンしたウルトラマンオーブの強化形態。
これまでのオーブのフュージョンアップとは少々方向性が異なり、オーブオリジンをベースに全身に装飾やアーマー状のパーツが追加されたような姿になっています。
 
CIMG6889
前後から。オーブにしては意外なくらいの派手さですが、映画限定かつ最終パワーアップ(多分)ですしこれくらいの方が却っていいのかも。

CIMG6887
左右から。

CIMG6881
バストアップ。頭部はギンガのクリスタル、ビクトリーのもみあげ、エックスのヘッドホン状の耳をオーブオリジンの上に乗せたような形に。

CIMG6882
別角度から。肩のトゲは変身アイテム兼専用武器のオーブスラッシャー。 
 
CIMG6884
CIMG6883
肩パーツの分割は少々特殊で、右腕は一体成型ではなく肩と腕に分かれています。
スラッシャーを取り外した状態の肩でも後々作るつもりなのかな…?と思ったのですが、別にパーツ数自体は変わりませんし、単に形状の問題で一体成型では抜けなかっただけかもしれません。

CIMG6892
腕と足のクリスタルパーツ。この部分はビクトリーのイメージかな。

CIMG6893
オーブオリジンと比較。

・ウルトラヒーローシリーズ40 ウルトラマンオーブ ライトニングアタッカー
発売元:バンダイ
発売日:2017/4/22
定価:648円

CIMG8489
裸タグ。
「オーブ」テレビシリーズ放映終了後の展開となっている為、「ウルトラヒーローオーブ」名義ではなく、通常のソフビシリーズのナンバリングとして発売。 

CIMG8493
ウルトラマンオーブ ライトニングアタッカー
クレナイ・ガイがウルトラマンギンガ、ウルトラマンエックスの2枚のウルトラフュージョンカードとオーブリングを使用して変身するウルトラマンオーブの派生形態。
映像作品では「ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!」に登場。
元々はアーケードゲーム「ウルトラマン フュージョンファイト!」に登場するゲーム限定形態として登場していましたが、 後にスーツが制作され、2016年9月末のイベントで展示、そして「ウルトラヒーローズEXPO2017」のライブステージにて動く姿が初お披露目されました。
名前の由来は「ギンガサンダーボルト(⇒電撃⇒ライトニング?)」+「アタッカーX」と思われます。
 
CIMG8495
前後から。元々ゲーム限定の形態としてデザインが起こされている都合もあるのか、全身にアーマーを纏ったようなその姿はかなりの異色。
首から下はウルトラヒーローというよりは東映系ヒーローのような感じがしますね。

CIMG8496
左右から。

CIMG8498
バストアップ。
頭部はギンガのクリスタルとエックスの耳のデザインを取り入れた、ウルトラマンらしいデザインです。
 
CIMG8499
オーブトリニティと並べて。ビクトリーの力が入るだけでものすごくシンプルになりますね。

・ウルトラヒーローシリーズ41 ウルトラマンオーブ エメリウムスラッガー
発売元:バンダイ
発売日:2017/4/29
定価:648円

CIMG8490
裸タグ。

CIMG8501
ウルトラマンオーブ エメリウムスラッガー
クレナイ・ガイがウルトラセブン、ウルトラマンゼロの2枚のウルトラフュージョンカードとオーブリングを使用して変身するウルトラマンオーブの派生形態。
映像作品では劇場版のラスト、および「ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!」に登場。
こちらも当初は「ウルトラマン フュージョンファイト!」に登場するゲーム限定形態として登場。
名前の由来は「エメリウム光線」+「ゼロスラッガー」、或いは「エメリウムスラッシュ」+「アイスラッガー」。
 
CIMG8503
前後から。青い上半身と赤い下半身、胸部の形状、目つきなど、全体的にゼロ要素が濃い目。
いや、ゼロ自体セブンがベースですからそうなるんですけどね。
ただ、エメリウムスラッガーはシンプルなだけに肩幅が広く、かなり小顔なのでセブン…というかセブンXのような要素が入っているような気がします。
エメリウムスラッガーとは違い、スーツにしやすそうなデザインになっています。フュージョンファイトの参戦時期が2017年1月稼働の第4弾だったので、もしかしたら最初からファイトオーブへの登場が決定していたのかも…ってそれだとデザイン時期が遅すぎますかね。

CIMG8504
左右から。

CIMG8506
バストアップ。
サンダーブレスター等のベリアル系に続いて、目のデザインが異なるタイプになっています。
胸周りのデザインもゼロ寄りになっているので、ぱっと見ただけではオーブと認識できないかも。 
 
CIMG8507
ゼロの力が入っているハリケーンスラッシュと比較。

CIMG8508
 ライトニングアタッカーと並べて。頭部が小さく作ってあるのが分かるかと思います。

CIMG8516
多分オーブのソフビ展開もこれでいったん終了、と思いますので各種形態を並べて。
スーツがある(=ソフビが発売された)分だけでも9形態。ゲーム限定形態も含めるとウルトラマンの中でもダントツで形態持ちになりますね。 

・ウルトラヒーローオーブ スペシャル限定 
  ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン) フュージョンアップクリアver. 
発売元:バンダイ
発売日:2016/7/22
定価:648円
備考:ウルトラマンフェスティバル&ウルトラマンショップ限定商品

CIMG0011
タグは単色印刷ですが、通常版と同じものではなく「スペシャル限定」「フュージョンアップクリアver.」の文字が追加されています。

CIMG0035
"フュージョン・アップ!"

CIMG0019
ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン) フュージョンアップクリアver.
スペシウムゼペリオンのソフビの成型色変更品。素体となるオーブにウルトラマンとティガの姿が重なり、紫色の光の粒子に包まれている(光が晴れて色が付いていく直前の)状態のオーブをイメージしたもの。

CIMG0014
前後から。

CIMG0017
左右から。

CIMG0021
CIMG0020
バストアップ。主に赤かった部分を紫色に塗っているような形ですね。

CIMG0022
通常のスペシウムゼペリオンと比較。

CIMG0034
通常のソフビと上下を交換すると色が晴れていく直前のような状態を再現できます。
ってこれは私が遊んでいて思いついたんですけども。

・ウルトラヒーローオーブ イベント限定 
  ウルトラマンオーブ(バーンマイト) フュージョンアップクリアver. 
発売元:バンダイ
発売日:2016/8/9
定価:648円
備考:ウルトラマンイベント会場&ウルトラマンショップ限定商品

CIMG0012
タグ。後頭部に刺さっています。

CIMG0031
"フュージョン・アップ!"

CIMG0024
ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン) フュージョンアップクリアver.
バーンマイトのソフビの成型色変更品。スペシウムゼペリオン同様、変身完了直前の状態のオーブをイメージしたもの。

CIMG0028
前後から。

CIMG0025
左右から。

CIMG0029
バストアップ。主に赤かった部分を紫色に塗っているような形ですね。

CIMG0030
通常のバーンマイトと比較。

CIMG0032

・ウルトラヒーローオーブ イベント限定 ウルトラマンオーブ オリジン・ザ・ファースト
発売元:バンダイ
発売日:2016/12/29
定価:648円
備考:ウルトラマンイベント会場&ウルトラマンショップ限定商品

CIMG4995
タグは後頭部に刺さっています。

CIMG4997
ウルトラマンオーブ オリジン・ザ・ファースト
惑星O-50で、青年ガイが「戦士の頂」の光から授かった聖剣オーブカリバーで変身した姿。
ウルトラマンオーブの最初の形態で、身長は10~50m。オーブを構成する大きな要素であった黒のカラーリングが殆ど無く、ほぼ赤と銀で構成されているのが特徴です。
金型に関してはオーブオリジンと同様のものを使用している様子。

CIMG5000
前後から。胴体が黒、腕が銀の成型色だったオーブオリジンとは異なり、オリジン・ザ・ファーストは全身赤の成型色。そのため、腕部の銀色は塗装となっています。

CIMG5001
左右から。…なんというか、この姿だと逆に地味というか没個性というか。
オーソドックスなカラーリングゆえに歴代ウルトラ戦士と並ぶと埋没しそうというか。

CIMG5004
CIMG5003
バストアップ。黒のないオーブというのが凄く新鮮。

CIMG5005
下半身も赤に。

CIMG5006
CIMG5007
オーブオリジンと比較。
ウルトラマンとしてはオリジン・ザ・ファーストの方が「らしい」配色ではあるんですよね。

CIMG5008
オーブ6形態集合。
番組前半のスペシウムゼペリオン、番組後半以降のオーブオリジン、プライムでのオリジン・ザ・ファーストと何気に基本形態が3つも存在しているウルトラマンなんですよね。

・ウルトラBIGソフビ ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン
発売元:バンダイ
発売日:2016/10/8
定価:2,160円

CIMG1203
BIGソフビも裸タグ。通常のウルトラヒーローシリーズ同様にタグが刺さっています。

CIMG1205
ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン
2015年から展開している新シリーズ「ウルトラBIGソフビ」にオーブがラインナップ。
サイズは全高約23cmで、ウルトラヒーローシリーズ(全高約14cm)よりもかなり大型化しており、また価格の関係でウルトラヒーローシリーズでは省略されがちな塗装にも力を入れています。

CIMG1209
前後から。背面も塗装されていますが、後頭部や背中の赤が塗られていないのは残念(本来は背面中央、ヒレの部分が赤く塗られています)。

CIMG1210
左右から。ちゃんと塗装してあるとやはり見栄えが違いますね。

CIMG1217
CIMG1218
肘部分の黒や膝の赤も塗られていませんが、まあここは面積的に小さいので仕方ないのかも。
 
CIMG1214
バストアップ。
オーブの瞳は通常のソフビと同様に白。
CIMG1213
CIMG1219
別角度から。

CIMG1215
ウルトラヒーローオーブのスペシウムゼペリオンと比較。大きさが全然違います。 
やはりBIGサイズの方は比較的高価なソフビなので通常サイズよりも塗装に力が入っていますね。

CIMG1326
あまり関係ないんですがジュウオウキングとはスケールがぴったりだったりします。

・ウルトラBIGソフビ ウルトラマンオーブ オーブオリジン
発売元:バンダイ
発売日:2017/2/4
定価:2,160円

CIMG5649
タグ。 

CIMG5651
ウルトラマンオーブ オーブオリジン
全高約23cmとなるビッグサイズのソフビシリーズに、スペシウムゼペリオンに続いてオーブオリジンがラインナップ。BIGソフビとしては、既に発売されている同一キャラクターの別形態がラインナップされるのは初めてとなります。
オーブは「基本形態が明確に変更されたウルトラマン」なので、放映後期から集合写真や各種関連商品などでも基本形態として扱われていたオリジンがラインナップされるのは納得するところですね。
 
CIMG5655
前後から。腕や足の細かい赤や黒の部分は未塗装ですが、背面もそんなに省略はないかと。
せいぜいヒレくらいかな?
 
CIMG5652
左右から。しかし黒いなあオーブ。

CIMG5656
CIMG5663
バストアップ。

CIMG5664
ウルトラヒーローオーブと比較。塗装省略の関係で通常サイズのオリジンは本来以上に黒の割合が高かったのですが、BIGサイズでは塗り分けられています。

CIMG5662
前半の基本形態だった、BIGサイズのスペシウムゼペリオンと。オリジンをベースにウルトラマンとティガの意匠を追加しているスペシウムゼペリオンが本来は強化形態とも言える姿なのでプロテクターらや色合いやらと派手ですね。