CIMG6585
フォンライドウォッチからフォンモード、ブラスターモードに3段変形!ENTERキーで必殺技を発動!
仮面ライダージオウより、携帯型のライドガジェット・ファイズフォンX(テン)が登場!
発売元:バンダイ
発売日:2018/10/6
定価:2,700円

CIMG6555
パッケージ。携帯電話型なので電話モードでは音量が小さくなる旨の注意書きがあります。

CIMG6556
内箱。

CIMG6557
電池ボックスは本体を展開して下側にあります。ボタン電池が使用されているので、絶縁シートを引き抜けば通電して遊ぶことが出来ます。

CIMG6559
フォンライドウォッチ
フォンライドウォッチから電話型のフォンモード、銃型のブラスターモードに変形する可変マルチデバイスで、ツクヨミと明光院ゲイツが所持しているライドガジェットの1つ。
平成レジェンドライダーの力を借りるジオウだけあって、サポートガジェットもレジェンド由来のものが用意される形となっています。

CIMG6561
前後から。


CIMG6562
左右から。

CIMG6564
画面アップ。コードが書かれています。この辺の画面もかなりファイズフォンに似せていますね。
本来のファイズフォンは操作ごとに3桁のコードナンバー+ENTERが指定されているのですが、これは押せるキーが5とENTERのみになっているので、555+ENTER以外は全部ENTERになっています。

CIMG6589
ファイズライドウオッチと並べて。割と縦長です。

CIMG6591
ジクウドライバーに装填する事が可能。
装填すると装填音が鳴り、矢印が画面右から左に流れ、液晶画面が水色に発光します。

CIMG6592
バックルを回転させると
「『ライドガジェット!』ガシャーン!ピポポポピポッ!」
という効果音が流れます。

CIMG6566
フォンライドウォッチからフォンモードに変形!
ライドウォッチの竜頭を押すことでロックが解除されます。

CIMG6567
CIMG6568
ロックが解除されたら、内部のパーツを引き出して回転させます。ロックが掛かると
「ガシャガチャンッ…」
という変形音が流れます。

CIMG6570
ファイズフォンX(テン) フォンモード
フォンライドガジェットを展開した携帯電話形態。
「ファイズフォンX(テン)」という名前は「iPhone X」から取られたものでしょうね多分。
リボルバー式のように回転させて展開する、というのはファイズフォンというよりはむしろカイザフォンに近いところがあるかなと。

CIMG6572
前後から。よく見ると色も形状も当然ながらファイズギアのファイズフォンとは全然違うんですが、何となくそれっぽい雰囲気は出せているかなぁと。

CIMG6574
左右から。

CIMG6575
テンキー。元は銀のボディに黒いボタン、ナンバー表記は白だったんですが全部違います。
スマートブレインのロゴが入っているんですが2068年にも存続しているんでしょうかね…?

CIMG6576
「5」と「ENTER」のみが押せるキーとして対応しています。
ENTERキーを押す度に
1.電話着信音
2.『Calling』
3.『You gat mail』

の3つの音声が順番に流れます。

CIMG6578
5のキーを押すと、ファイズフォンに収録されていたものと同じ(多分)音のキー入力音が流れます。ファイズフォンと同様に3段階の音階になっています。
5を3回入力した後にENTERを押すと
「『レディ、ポインター・オン』ピュォィィーーン…ビュォォーン!」
「『レディ、ショット・オン』ピュォゥゥーーン…ビュォォーン!」

という2種類の音声が交互に流れます。

CIMG6577
5の入力回数を間違えると「ピピピピッ『エラー』」という音声が鳴ります。
入力回数は多くても少なくてもダメで、3回でなければエラーになります。

CIMG6581
ブラスターモードに変形。フォンモードの状態から、ウォッチに戻す方向に軽く折り曲げるとロックが掛かり、変形音が流れます。

CIMG6582
CIMG6583
ファイズフォンX(テン) ブラスターモード
ファイズフォンXの光線銃形態。銃口のマズルプッシュからエネルギー弾「フォトンバレット」を撃ち出す。出力を調整することにより、対象を気絶させる程度に抑えることも可能。
ブラスターモードでは精密射撃に向く単発銃のシングルモード、破壊力の高い連発銃のバーストモード、高威力の破壊光を照射する高出力のチャージモードの3つを選択する事が出来る。
原点のファイズフォンのフォンブラスター形態を元にした銃形態となっています。

CIMG6584
側面から。

CIMG6586
変形直後にトリガーを引くと
「ピピッ『シングルモード』」
という音声が流れ、シングルモードが選択されます。もう一度トリガーを引くと
「ビシューン!」
というシングルモードの銃撃音が流れます。銃撃音はファイズフォン収録のものと同じかな。

CIMG6586
シングルモードの状態からENTERキーを押すと「ピピッ『バーストモード』」の音声が流れ、モードがバーストモードへ切り替わります。
トリガーを引くと「デュンデュンデューーン!」というバーストモードの射撃音が流れます。
ファイズフォンではシングルもバーストも合計12発で弾切れになったのですが、ファイズフォンXでは弾切れの心配が無く撃ち続けることが出来ます。

CIMG6587
バーストモードの状態でENTERキーを押すとチャージモードに。
「ピピッ『エクシードチャージ』
 チャッチャッチャラッチャラッチャッチャッチャラッチャラッチャラッチャラッチャーラー…」

といった感じの待機音が流れます。そして、トリガーを引くと
「ピュゥゥーン、キュゥゥン…ドッシュゥゥーン!ズォォォン!チュドォォォン!キュゥゥン…」
というチャージ攻撃音が流れます。

CIMG6588
チャージモードの状態でENTERキーを押すとシングルモードに戻ります。
また、ブラスターモードでもポインターオンとショットオンの発動は可能になっており、555+ENTERを入力してやれば音声が流れます。



総評
ライドガジェット、というサポートメカ枠でリリースされる第一弾となります。サポートメカ自体はゴースト以来…と書くとあんまり間が空いたような気がしないですね。
ボタン数は5とENTERのみで他はダミーキーですらなくシール、という形ですが、まあ価格を考えると仕方のないところかな。音声はフォンモードで2種類の武器発動音と3種類の電話音、ブラスターモードでは3パターンの銃撃が可能…と、低価格帯の商品にしては音声が豊富に搭載されており、結構遊べる品物になっています。
ベルトとの連動はまあ、オマケ程度に考えればいいかなぁ、という感じです。

仮面ライダージオウ DXファイズフォンX(テン)