CIMG8000
ガイアメモリを起動!ドライバーに装填して2人の仮面ライダーに変身!!
「仮面ライダーW」より、映画に登場する2人の仮面ライダーが使用した変身ベルト・ロストドライバーが平成仮面ライダー20作を記念して再発売!
発売元:バンダイ
発売日:2018/12/1
定価:7,020円

CIMG7933
CIMG7934
パッケージ。付属品が変わった事もあって当時から一新されており、構成も現在のバンダイ製玩具の基本となっているヘッダー表タイプになっています。

CIMG7935
内箱。この箱に関しては当時に発売された「DXダブルドライバー」から全く変わりません。

CIMG7975
ドライバー本体の組立。といってもほぼ同じやり方なんですけれどもね。
ベルト止めを通してからベルトの左右を組みます。

CIMG7976
ベルトを組み立てます。右側はワンタッチで取り外せるのですが、左側は一度取り付けてしまうと外せない(事は無いんですが、かなり取り外しにくい)形になっています。

CIMG7977
このように組み合わせます。

CIMG7978
右側でベルトを止めます。

CIMG7979
右側面にマキシマムスロットを取り付ければ組立完了。

CIMG7980
CIMG7981
変身ベルト ロストドライバー
ダブルドライバーのプロトタイプとなる、メモリスロットが1本の変身ベルト。
Wとアクセル以外の仮面ライダーが変身する際に使用し、作中では鳴海壮吉、大道克己、左翔太郎、フィリップ(小説版)の4人が使用。
放映時は「劇場版 仮面ライダーW AtoZ 運命のガイアメモリ」公開に合わせ、放映終了間際の2018年8月に発売されました。2018年現在、最後に発売された夏映画ライダー専用の変身ベルトとなっています。

CIMG7982
CIMG7983
前後から。ダブルドライバーからボディサイド(金端子)用のスロットが削られたものになっており、基本的には金型流用のリデコ品となっています。ダブルドライバーからの新造パーツは削られたボディ側スロットを埋めるカバーパーツくらい。
ちなみにロストドライバーは閉じた状態で「L」を表している、との事。

CIMG7984
側面から。
ダブルドライバーではマキシマムスロットのボタンに「W」のマークが刻印されていたのですが、ロストドライバーでは刻印が削除されています。

CIMG8038
ダブルドライバー(画像はSUPER BEST版)と並べて。
本当にスロット片方削られただけなんですよね…。

CIMG7989
エターナルメモリ(T2)
大道克己の持つT2ガイアメモリ。「永遠」の記憶を内包したメモリで、ロストドライバーに装填する事で仮面ライダーエターナルへ変身することが可能。
成形色は乳白色、端子の色はT2メモリ共通の水色となっています。
仕様自体は2010年当時に発売されたロストドライバーに付属するエターナルメモリと同一です。

CIMG7990
メモリのマークは無限回廊というか合わせ鏡というか。

CIMG7992
ガイアメモリのスタータースイッチを押すと『エターナル!』の音声が流れ、LEDが黄色に発光します。

CIMG8001
ロストドライバーにエターナルメモリを装填、仮面ライダーエターナルに変身!

CIMG8017
メモリを差し込むと
「ビシュゥイィン!」
という装填音が流れ、それに続いて
「ビューン(キューン)… ビューン(キューン)… 」
といった感じの変身待機音が鳴り、LEDが発光します。この段階ではLEDは真下を向いているので、正面からの発光確認は出来ません。

CIMG8018
そしてメモリスロットを倒すと「キュゥーイィン!」という音声が鳴り、続いて
「『エターナル!』キューーン(タッタッタカタッタッタッタタ)…
 キュゥゥウーン(タッタッタッタタ)…バシィィン!」

という仮面ライダーエターナルへの変身音が流れます。

CIMG8019
ロストドライバー・仮面ライダーエターナル変身状態。

CIMG8022
LEDの発光は変身完了後約8秒間持続してから消灯します。

CIMG8021
マキシマムスロットにメモリを装填して必殺技を発動!

CIMG8023
CIMG8024
ドライバーからメモリを引き抜いてマキシマムスロットに装填すると
「ビシュゥイィン!『エターナル!マキシマムドライブ!』」
 キューーン(タッタッタカタッタッタッタタ)…キュゥゥウーン(タッタッタッタタ)…」
といった感じの必殺待機音が流れます。
エターナルの場合、必殺待機音は変身音の繰り返しとなっています。

CIMG8025
そして、マキシマムスロットのボタンを押すと
「ヴヴィィン!ビシィィィン!チュドォォーン!」
という必殺攻撃音が流れます。攻撃音は多分専用のものかとは思いますが、結構短めです。

CIMG7994
スカルメモリ
鳴海壮吉が所持していたガイアメモリ。「骸骨」の記憶を内包したメモリで、ロストドライバーに装填する事で仮面ライダースカルへ変身することが可能。
成形色はクリアブラック、ロストドライバー対応として作られている為、端子は銀色となっています。
当時はロストドライバーに付属するメモリではなく、「MOVIE大戦2010」公開時の2009年12月に発売された「DXスカルマグナム」に付属するメモリでした。
ちなみにこのスカルメモリ、パッケージとはやや異なる部分があり、「S」のマークの傾きが微妙に異なっています。とはいえそれは当時品からずっとそのままで、確かに「当時品と全く同じものの再販」ではあります。

CIMG7996
メモリのマークはスカルの名前通り頭蓋骨。

CIMG7997
ガイアメモリのスタータースイッチを押すと『スカル!』の音声が流れ、LEDが紫に発光します。

CIMG7999
ロストドライバーにスカルメモリを装填、仮面ライダースカルに変身!

CIMG8006
メモリを差し込むと装填音が流れ、それに続いて変身待機音が鳴り、LEDが発光。
装填音と変身待機音は全メモリで共通のもの。

CIMG8008
そしてメモリスロットを倒すと「キュゥーイィン!」という音声が鳴り、続いて
「『スカル!』ギュゥゥン!ジャァァーーン!ギュゥィィィン!」
という仮面ライダースカルへの変身音が流れます。

CIMG8009
ロストドライバー・仮面ライダースカル変身状態。
LEDの発光は変身完了後約8秒間持続します。

CIMG8012
CIMG8015
マキシマムスロットにメモリを装填して必殺技を発動!
ドライバーからメモリを引き抜いてマキシマムスロットに装填すると
「ビシュゥイィン!『スカル!マキシマムドライブ!』」
 ギュゥゥン!ジャァァーーン!ギュゥィィィン!ギュゥィィィン!ギュゥィィィン!…」
といった感じの必殺待機音が流れます。
スカルの必殺待機音も変身音繰り返しとなっていますが、全体が繰り返されるわけではなく、最後の変身完了音がループするような形になっています。

CIMG8016
そして、マキシマムスロットのボタンを押すと「カチッ」という音声が流れます。
それだけ?という感じですが、これはスカルメモリがスカルマグナムに装填してマキシマムドライブを撃つことを前提に作られている為。スカルマグナムはメモリ側ではなく本体側から必殺攻撃音が鳴るんですね。
ちなみに、スカルマグナムのリデコ元で同じくトリガーマグナムに装填する事を前提で設計されているWのトリガーメモリも同じ仕様になっています。

CIMG8014
スロットからメモリを引き抜くと「ピューン…」という音声が鳴ります。

CIMG8005
また、開いていたドライバーのバックル部を閉じると「ガッキュォォン…」という効果音が、メモリを引き抜くと「ピューン…」という音声が鳴ります。

CIMG8039
一応ダブルドライバーへの装填も可能。ただし、双方とも他のメモリとの掛け合い前提の音声になっていないので被ります。間隔がないのでボディサイドのメモリであれば何とか出来ない事もないかな?という感じですが。


CIMG8002
別売りの「変身ベルト DXダブルドライバー」に付属するメモリを使用しても変身遊びが可能。
ジョーカーメモリを装填して仮面ライダージョーカーへ変身。

CIMG8027
CIMG8028
ジョーカーメモリを装填して展開すると
「キュゥーイィン!……『ジョーカァァー!』……(ダァン!)ジャージャージャァン!」
という変身音が流れます。ジョーカー単独の変身音ですが、ボディ側のメモリと掛け合いが前提の音声になっているので、どうしても音声の間に間隔が出来てしまいます。
一応間隔無しのジョーカー単独変身用メモリも何度か発売されたことはあったのですが、まあなりきり遊びの雰囲気を楽しむならこれでも十分かなとか。

CIMG8029
ロストドライバー・仮面ライダージョーカー変身状態。

CIMG8031
当然ながらマキシマムスロットに入れた際の音声はダブルドライバーで発動する音声と同様です。

CIMG8003
サイクロンメモリを装填して仮面ライダーサイクロンへ変身。

CIMG8032
CIMG8033
メモリを装填して展開すると
「キュゥーイィン!『サイクロン!』
 ……ジャララララーンジャーラーラーラン!チャララッチャラ…チャララン」
という変身音が流れます。こちらもダブルドライバーでの掛け合い前提の音声なので、どうしても音と音の間隔が出来てしまいます。

CIMG8034
ロストドライバー・仮面ライダーサイクロン変身状態。

CIMG8035
マキシマムスロットに入れた際の音声はダブルドライバーで発動する音声と同様。


総評
平成ライダー20作記念…ということで、ロストドライバーがまさかのリニューアル再販。メモリが1本増えた事を加味しても、当時よりも価格は高くなっているのですが、まあ8年前の価格と今の価格を比べるのもちょっと酷かなという部分もあるので、そこら辺は不問という事で。
当時のものをそのまま再販しているだけなので、当時品の問題点でもあった「エターナルの変身音が本編よりもちょっと低い」とか「スカルメモリのマークが傾いてない」みたいな点も引き継いでいるわけですが、まあ修正するとアナウンスされたわけでもないですし、そこは仕方ないところかと。
スカルのマキシマムドライブ音声に関しては当時の仕様から下手に変えられても困りますしね…。
またスカルメモリはパッケージでは傾き直ってるじゃん、とは言いますが実は当時品から宣材写真での角度と実際の商品の角度が微妙に違ったりするわけなので、まあ諦めている部分もあったり。たぶん素材を撮り直さずにそのまま使っている故の問題だと思いますが。
まあ本当に「良くも悪くも当時のものがそのまま手に入る」という商品です。
何にせよ、ロストドライバーが今になって新品がちゃんと手元に来たのは純粋に嬉しいです。


変身ベルト ver.20th DXロストドライバー