◆食いしん坊ナツメッグ☆の日記

食いしん坊ナツメッグ☆のランチや晩酌のつまみのB級グルメ日記〜 時々野球や大相撲、落語の話もo(^-^)o

☆朝はきはだまぐろ丼(^^)

image


image


image


こないだの朝の丼もの。前の日の活きのいいきはだまぐろが残ってしまったので、きはだまぐろ丼です。

image


image


image


大ぶりの切り身でうましうましd=(^o^)=b。さぁー、今日も頑張るぞの気合いが生まれてきました。

☆つまみはお好み焼きと帆立て焼き(^^)

image


image


image


こないだの晩酌のつまみ。珍しく粉もの、お好み焼きです。薄く薄くきった豚肉使用しました。

image


image


オタフクソースと青海苔をたっぷりかけていただきます。粉もの、美味しいけどうっかり食べ過ぎるとお腹がパンパンになっちゃうので食べ過ぎには注意します。

image


肉っけは、肉団子。

image


image


image


魚ってというか海っては、帆立ての焼いたの。タレは特にこだわらずに醤油でさっと焼きます。隣には油揚げの焼いたの。

image


image


image


帆立ての活きはイマイチでしたが、醤油がうまくからんでなんとかつまみになりました(^_^;)。

☆肉ニラ炒め丼(^^)

image


image


image


image


ちょっと痛風の痛みの予兆を感じたので、この日はご飯にしました。

メインの惣菜は肉ニラ炒め。味の素から出ているヤツ。

ご飯にのっけて肉ニラ炒め丼。

image


image


image


あと筍とわかめの煮たの。

image


箸休めにはしらすおろし。

おかずがありすぎて、ご飯が足りなくなっちゃいました(^_^;)。

☆お家かたい焼きそば(^^)

image


image


こないだカミサンが作った力作のかたい焼きそば。正直あんまり期待していなかったんですが、

image


image


image


NHKのきょうの料理で栗原はるみさんが作って板のを参考に作りました。番組ではかたい麺も手作りなのですが、そこは出来合いの麺を使用しました。長崎にある小川屋さんというメーカーさんのです。

出来上がりはこんな感じ。片栗粉のとろみはつけません。

image


image


image


ではではまずは麺からいただきます。ほとんどタレを絡めずいただいてみます。うん、だいぶ太くてかたい(*_*)。でも麺に旨みが感じられます。

タレは小松菜、もやしメインの野菜と豚肉に海老。小松菜がいい味してます。

image


image


海老、豚肉は脇にまわってもらい小松菜君が主役かな。濃い味つけのタレが小松菜とマッチしてましたd=(^o^)=b。

☆日清のどん兵衛肉うどん(^^)d

image


image


image


image


こないだオフの日のカップ麺。どうしても肉うどんが食べたくなったので日清のどん兵衛肉うどん。

image


image


蓋を開けて粉末スープと肉の具の入った袋を開けて、熱湯注いで五分弱。

image


image


image


さてと待つことしばし、五分経ちました。出来上がりはこんな感じ。肉、わかめが意外と多いですね。

image


image


image


うどんはカップ麺のうどんなのでこんなものかな。肉の味つけはあっさりした甘みがあります。

image


image


image


image


肉うどんのお供には、この日はペリエ稲毛の京樽の巻物が安かったのでこれっ。

ねぎとろ、鉄火、いか。うどんとの相性も良かったですd=(^o^)=b。


☆千野隆司の"寺社役同心事件帖"二冊いただきました(^^)d

image


image


紹介が遅くなりましたm(__)m。"入り婿侍商い帖"で新境地を開いた時代小説作家千野隆司の新しいキャラクター、寺社役同心雲野八十助が活躍する"寺社役同心事件帖"を版元さんから二冊いただきまさた。第一弾「竹寳寺の闇からくり」と最新刊第二作めの「富くじ狂瀾」。第一弾は、この記事ですでに紹介済みです。

さてと第二作めの「富くじ狂瀾」。

帯には、

"不正の富くじで
暴利を貪る悪僧らを
成敗せよ!
一攫千金を夢見る庶民の「願い」につけこむ企てを、
駆け出し寺社役同心と切れ者宮司が暴く!"
とあります。

あらすじは。

"不法で私腹を肥やす悪僧を退治せよ――!
駆け出し寺社役同心と切れ者宮司、異色コンビが神仏を悪用する輩を討つ――!
駆け出し寺社役同心の雲野八十助は、受け持ちの音羽神社で宮司の高松輔高と巫女の紗枝から、職人殺しの話を聞く。
職人を斬ったという侍を追ううちに、雲野は竹寶寺で不正の富くじが行われるという噂を耳にする。庶民の「夢」や「願い」につけこんで、金をだまし取ろうとする住職らの悪事を、雲野たちは暴こうと奔走する。"。

とあります。

実を言うともう読み始めているんですが、インチキ富くじの"陰富"があるなんて知りませんでした。それから現在の宝くじと比べるとずいぶん高いものだったんですね。

だいぶ調子が出てきました。さっ、先を急ごうっと。

著者自身の紹介はこちらにあります。

☆焼き鳥丼&海老玉丼(^^)d

image


image


こないだ珍しく禁酒を実行した日の晩御飯。この日は焼き鳥の日本一で雛の焼き鳥が安かったそうでカミサンが大量に買い込んで来ました。してタレと塩焼きの焼き鳥をご飯にのせて焼き鳥丼です。

image


image


image


晩酌をしないとおかずはあんまりいりません。あと二品。まずは、あっさり塩味の海老玉炒め。

image


image


image


海老玉炒めもご飯にのっけて海老玉丼。

image


それから明太子入りのはんぺんです。中身を撮影する前に食べちゃいました(笑)。

だいたいこれで満腹満腹d=(^o^)=b。

※今日は、午後もう一回記事アップします(^^)d。

☆カップヌードルリッチの"贅沢だしスッポンスープ味"を食す(^^)d

image


image


image


こないだオフの日のカップ麺。カップヌードルリッチの"贅沢だしスッポンスープ味"です。

香味油つきです。

image


image


image


蓋を開けて具を麺の上に開けて五分弱、出来上がりはこんな感じです。ポークのつみれが目立ちます。

image


image


image


ではではさっそくいただきます。まずはスープから。うん、スッポンは食べたことがないので(笑)、なんとも言えないのですがキレのある鰹風味の味わい、重量感があります。カップヌードルの麺とスープとの絡みも絶妙。

image


image


image


気になっているポークのつみれをいただきます。叉焼がわりの肉っ気。けっこうたくさん入っていてボリュームがあります。

image


image


カップヌードルリッチ"贅沢だしスッポンスープ味"のお供にはイオンで買った天むすおむすび、相性は良かったですよd=(^o^)=b。

✩ナツメッグ✩の4月に読んだ本〜

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1849ページ
ナイス数:65ナイス

公明党 - 創価学会と50年の軌跡 (中公新書)公明党 - 創価学会と50年の軌跡 (中公新書)感想
自民党の下駄の雪としての存在か、公明党。発足当時の革新さは息をひそめ戦争法にも賛成してしまった。選挙制度、自民党が経世会から清和会に政権がうつったこともあるとはなるほどと。
読了日:4月25日 著者:薬師寺克行
二重生活 (角川文庫)二重生活 (角川文庫)感想
ふふふ、文学的・哲学的尾行、したくなっちゃいました。最後は案外ありきたりな結末なような気がする。たまにはこういう種の恋愛小説もいいかな。小池真理子、好きです。
読了日:4月20日 著者:小池真理子
本の雑誌394号本の雑誌394号感想
特集の「出版社を作ろう!」はなかなか。
読了日:4月15日 著者:
関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)感想
負けるべくして負けた西軍、というより石田三成の一人負け。しかしこのときの毛利と島津が幕末に徳川を倒す側になる萌芽はあったと言える。さいご初芽がでてきてすこし救われた。つぎは大阪の陣の「城塞」へ。
読了日:4月10日 著者:司馬遼太郎
関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)感想
徳川家康が勝つのはわかっていても、石田三成を応援したい。大谷形部吉継の三成に対する「友情」がいい。
読了日:4月4日 著者:司馬遼太郎

読書メーター


■まとめ〜
◇いまNHKの大河ドラマ「真田丸」に触発されて司馬遼太郎読み。徳川家康は取るべくして天下を手に入れたのがよくわかる。ただいま続編の「城塞」を読んでます。
◇小池真理子の小説の魅力にはまりそう。「無伴奏」まだ途中です。

☆テング酒場飲み(^^ゞ

image


こないだ休みを明日にしてひさぶりにテング酒場飲みを敢行(^^)。

image


image


まずは定番中の定番、ホッピー白セットにもつ煮込みの煮玉子入りです。

image


image


この日のもつは脂分がかなり。玉子はよく煮込んでありました。

image


image


焼き物を一通りとだし巻き玉子。

image


image


もつっ気がちょっと足らなかったのでホルモン炒め、それからだし巻き玉子。

image


これはジャンボな焼売。ホッピーはぐいぐいすすんで中を二杯、セットをもう一セット。

image


image


image


ほろ酔い気分になったところで〆のソース焼きそば。チープな紅生姜がいいはたらきのしています。

image


image


image


ソース焼きそばで
やめとけばいいんですが、そこは酔っぱらいの勢い。炒飯まで頼んじゃいました。パラパラさっぱりの美味しい炒飯でしたd=(^o^)=b。
◇コメントをいただきました
◇Categories
◇来てくださった方
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

◇Archives
◇プロフィール
◇記事検索はこちらから
◇読み込みのQRコード
QRコード
  • ライブドアブログ