HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

太陽とともに生きた縄文人たちの巨石カレンダー「金山巨石群」 と昭和の懐かしい風景がよみがえる飛騨金山の「筋骨めぐり」 を紹介します

≪岐阜県下呂市金山町≫
“飛騨かなやま” 金山巨石群 と 筋骨めぐり のスタッフブログ
本ブログでは 『金山巨石群』 および 『筋骨めぐり』 に関する個別の情報を掲載していきます

縄文巨石天文学の復活プロジェクト2022   
Project for Reviving Jomon Megalithic Astronomy
北緯35度31分40秒ライン調査
金山巨石群リサーチセンター

岐阜県関市 
”下日立(しもひたち)の巨石”
【 N35°31'40.59", E136°59'03.81", ALT.148m】

調査日:2021年 2/5, 2/12, 2/24, 3/19, 3/23
    2022年 3/21, 4/1, 5/17 


今年に入り、下日立の巨石調査は先日 5月17日で 3回目。
今回はその 下日立の巨石 をご紹介します。

『北緯35度31分40秒ライン調査』の詳細内容は
 以下のジャーナル紙(リンク先)で読むことができます。

下の図は今年発行された 日本天文考古学会ジャーナル J-AASJ  Vol.3 掲載の図7 。
Fig.7
補足:上のマップ、昨年12月 3日の調査を加えると、現時点で関市約 3km の東西ライン上に、8か所の春分・秋分観測の巨石を確認しています。マップの『1.八神(やかい)下のたんす岩』の左端にマークされているのが 8つ目の巨石です。


下日立の巨石 

巨石の発見 2021年 2月 5日
その巨石は、標高160mの山の尾根から東の急斜面に10mほど降りた位置にあります。山の尾根づたいを歩いてもまったくといっていいほど石はない中、ちょうど40秒ラインに近づき小さな石(1m角以内)が現れ、やがて目に留まったのがこの巨石。当初は上からずり落ちた石が木で止まっているのかと思いましたが、近づくとそうではありませんでした。
shimo_03
shimo_06

下の写真は東側から見たところ。山の傾斜に沿うかのように石は 2段構え。
その脇上段に、四角柱の突き出た石がバランスよく座っています。
shimo_05
この突き出た石は、正確に真東を向いています。
shimo_04
石の下から東の正面を見ると、山との隙間があります。
shimo_11

shimo_07
何度も通っていると、この石はエジプト・ギザの三大ピラミッド、カフラー王ピラミッドの参道脇に座る東の空を見つめるスフィンクスのように見えてなりません。正面の山は見通しよく一直線で、夏至から冬至までの朝日が観測できます。

この巨石が指し示す真正面から、春分と秋分の朝日が昇ります。


春分頃の朝日 2021年 3月23日
この日は、小林氏が下日立 担当。
計測とおり、巨石が示す方向の山から昇った直後の写真です。
朝 6時16分(太陽方位 E1°42'S , 高度 +4°05') 。
巨石の水平な天部との高さも一致しています。
shimo_08

このアングルは、太陽位置から見た巨石です。
突出している観測の石は右上。
shimo_01

さらに上空からの巨石。人が立っている方向が東の正面です。
shimo_02

..................................................................................................
そして2021年 3月23日、私徳田は たんす岩 2か所を担当。
この詳細は次回の撮影時のレポートにすることとします。
(左)6時13分  (右)7時24分
shimo_09shimo_10
..................................................................................................


関市の巨石群 東西ラインの地質について
下の 3つのマップは、上段が東西ライン上に並ぶ巨石の位置を示し、中段は同位置の地層、下段はそれらの合成です。
tomino_08
地質のデータは  岐阜県博物館WEB  岐阜県地質図〔ジオランドぎふ〕 を参考にしました。
かなり詳細に把握できるのでこれはとても便利です。

ちょうど巨石の東西ラインに花崗斑岩が 3か所重なっています。
地質赤色で示された場所の地質が 花崗斑岩(岩種記号 Gp)となっています。

下記の参考サイトの説明によると、1~2行目に書かれているように、「平行岩脈群をつくる」とあります。それが調査により確認されている東西ライン上の巨石を重なっていることになります。 

   濃飛流紋岩のほぼ岩体全域および岩体周辺の美濃帯堆積岩類の分布地域にわたり小規模な岩脈として分布し、しばしば平行岩脈群をつくる。岐阜県内に分布する代表的なものだけを挙げてると、上之保(かみのほ)-鹿山(かやま)平行岩脈群・東沓部(ひがしくつべ)岩脈群・初納(しょのう)岩脈群・日出雲(ひずも)岩脈群・中之宿岩脈・青屋弧状岩脈のほかに釜戸・大洞谷・門坂(かどさか)・三間山(さんげんやま)・宇津江(うつえ)・黒内の各岩体がある。全体として濃飛流紋岩のどの層準よりも新しい時期に貫入し、濃飛流紋岩を貫く苗木花崗岩などの花崗岩類中にはまったく分布しないことから、花崗岩類の定置以前に貫入したと考えられている。岩相は全体を通じてほとんど一定しており、灰白色の石基中に石英・カリ長石・斜長石・黒雲母およびまれに角閃石の自形斑晶を含む。カリ長石や斜長石の斑晶は長径1~3㎝である。周縁相として斑晶がやや小型化し、石基が隠微晶質となる石英斑岩質を示すものがみられる。

都合よくこれらの岩石を利用したのかもしれません。
下日立の巨石 もちょうど 花崗斑岩 地帯にあります。
4月 1日に歩いた西側の山の斜面に点在していた石もおそらく同じ石と思います。

.......................................................................................................................
2021年 3月21日  春分の日
shimo_12
今年の春分 3月21日の前夜、夜中に眠れなくなってしまい、天気予報の晴れマークをみたら余計に目が覚めたので準備をして朝 4時半に下日立に出かけました。まだ暗い 5時頃到着し、少し明るくなるまで待って山に登りましたが、残念ながら朝日は見ることができませんでした。

その足で金山巨石群の観測会へ向かう途中に晴れてきたので、金山ではいい観測日となりましたが、今年の秋分は下日立、動画の撮影も含め、再チャレンジしたいと思います。

金山巨石群リサーチセンター
徳田紫穂






2022年 5月 1日

2018年に環境省の認定を受けて下呂市エコツーリズム推進協議会が発足される 8年前の2010年10月、エコツーリズム推進の活動をされている現東海大学教授の小林寛子氏が金山巨石群を訪れました。下呂市のエコツーリズム事業の一環で。

その際、Ustream の
 小林寛子のエコ旅 Wednesday にゲスト出演しませんかと声をかけていただきました。即、はい喜んで!と東京麹町スタジオへ行ったのは はや12年前。

つい先日、熊本の拝ヶ石巨石群を調査されている松永辰也氏が小林教授とお会いする機会があったそうで、後に松永氏よりこの動画のリンクを送っていただきました。松永氏は 2011年にNHKの番組に出演したこともあり、リサーチセンターでは古いつき合いになります。さまざまな情報提供もいただいています。

ひと昔前とはいえ、内容は今も同じ。
ただし、わたくし徳田もですが、富永さんもお若い!

ちょっと忘れかけていて懐かしく、ここにリンクを張っておきましょう。

小林寛子のエコ旅 Wednesday 
古代の太陽観測所 !?
巨石群の謎と下呂のエコツーリズム&ソーシャルメディアの可能性
2010年12月08日



縄文巨石天文学の復活プロジェクト2022   
Project for Reviving Jomon Megalithic Astronomy
2022年 5月 13日 更新

金生山(きんしょうざん)は岐阜県大垣市赤坂町にあります。
「かなぶやま」ともいうようです。

map
北緯35度31分40秒ライン上にある揖斐川町乙原(おとはら)から 南へ 約15km。
大垣西インターチェンジにある 縄文時代の土偶が出土した荒尾南遺跡 から 北へ 約3km。


Wikipedia によると次のような記述があります。
金生山は、岐阜県大垣市赤坂町から揖斐郡池田町に跨る、伊吹山地の南東端に位置する山である。 掘削前の最高標高は217.1 m、東西1km、南北2kmの丘陵で、全体が古生代ペルム紀の赤坂石灰岩で構成されている。日本一の石灰石生産地として山の大部分が削り取られたため、現在では 明星輪寺 のある南東部が残るのみである。


また、古生代ペルム紀(2億 5千万年前)、赤道直下のサンゴ礁に生息した、フズリナ、サンゴ、ウミユリ、巻貝、二枚貝などの化石が豊富に産出した 古生物のメッカ としても知られている山で、博物館もあります。

地元では山の上から東側、金華山を望む夜景がきれいな名所 として知られています。

さらにすこし北へ目を向けると背景には御嶽山も。

05

04
金生山は山全体が 石灰岩 からなり、金鉱石が掘り出されることからついた山の名前だそうで、石灰岩とともに大理石を産出する山としても名高いようです。
昭和10年代には石灰岩の生産高は日本一を誇ったそうです。詳しくはこちら

石灰岩といえば、エジプトのピラミッドやスフィンクスを思い出します。
その石灰岩、日本一の産地が岐阜県に !?

岐阜県の地質をよく調べると、まだあるんですね、石灰岩層。
飛騨北部では跡津川断層の広域に、山県市では舟伏山の広域に、そして伊吹山地と金生山、他にもわずか…。


ところで話は巨石群。
巨石群は金生山の南東部頂上付近の 明星輪寺(みょうじょうりんじ)にあります。
本堂に向かう左(西)側に、周囲を展望できる巨石群が切り立っています。
こんな看板も。権現岩とかくぐり岩とか…。
03

右奥に本堂が見え、左側が不動岩と星厳岩あたりです。
06
07

階段の先は岩の間をよじ登ります。今回は下の方の巨石のみ見学。
08

少し登ると、所々に岩と岩の隙間があります。
そのひとつがくぐり岩。
09

ここをくぐるというわけですが…。
13時58分、西側から太陽光が射しこんでいました。

10

近づいてよく見ると、右側の平らな石(厚20-30cm)が垂直に地面に突き刺さり、その上に石が載っています。この平らな壁の前を人がくぐるとなっていますが、光が通るもの事実のようです。太陽位置が下がるにしたがい奥へ(手前へ)、この時間帯に光が歩くように位置を変えます。
11

これが反対側の西側からの遠景。
14
隙間の道を進むと…くぐり石に突き当ります。
太陽光もこの道を通りくぐり岩に届いていることになります。
中央の石がその平らな石で、右側が通路。
12

この周辺の岩場はいくつもの迷路のような通があります。
15


くぐり岩のすぐ北側には、東の空が望める隙間があり、南無黄金大菩薩が祀られていました。
そこからは年間を通してほぼ地平線上に近い太陽光が昇る様子を見ることができます。
( N35°24'01.54", E136°34'40.90", Alt.160m )

13

そしてこちら本堂の奥にある巨石が、情報をいただいた巨石です。
岩蔭遺跡の F石の傾斜のような岩があるという情報です。
17
奥へ回りこんで拝見すると、確かに約30度の傾斜に覆われた空間があります。
30度の仰角は西向きに開いていますが…。

19

明星輪寺のウェブサイト ( http://www.mirai.ne.jp/~kinsyou3/ ) の「明星輪寺本堂」には次のような記述があります。

この本堂は、文久3年(1863)に大垣藩十代藩主戸田氏彬によって再建されたものであり、
日本三大虚空像の一つである。本尊の虚空蔵菩薩が安置されたいることから「虚空蔵堂」とも呼ばれています。正面は入母屋造りで、唐破風の向拝がつけられ、背面は切妻で、本尊が祀られている岩窟を覆う屋根が続いています。再建当時は茅葺きでありました。また、本堂の棟札には「慶長十四年(1609)高須藩徳永寿昌再建」、「明暦二年(1656)大垣藩戸田氏信再建」と記されており、本堂再建の歴史を伺うことができます。


この岩の下に、虚空蔵菩薩が祀られています。
16

天井まで高さ約 7m、石は 6m。奥行も 6m。西側の壁は岩が突き抜けていました。
18

虚空蔵さんから南の入口方向をみたところ。
20

この岩窟が、金山巨石群の岩屋岩蔭遺跡の F石のように太陽光との関わりがあるとは何とも判断がしにくいのは、ここはとくに建物に覆われているので、どこまで人の手が加わっているかが不明ということがあります。元の状態を知ることができれば、何か関連をつかめるかもしれません。

この日は、外の屏風岩とか行場岩とか、西側の石までは行かなかったので、太陽がしずむ方面との関係をみるには、もう一度訪れる必要があります。

今回、荒尾南遺跡と金生山の見学は、「中津川から関まで西方向へ48km」を超える範囲の巨石調査でもあります。今後も揖斐川町乙原(おとはら)周辺の調査を継続していきます。

金山巨石群リサーチセンター
徳田紫穂

....................................................................................................
◆金生山の関連記事
【2022年 5月12日付】岐阜新聞
数学 A教科書に「算額」難問を昔の子どもが解いていた史料




↑このページのトップヘ