2017年11月 2日 更新
            
出版に関する新聞記事はコチラ
2016 プレリリース_金山巨石群

Amazonでの取り扱いは現在中古品のみとなっています。

新書《1,296円(税込)》をご希望の方は、当調査資料室(TEL.0576-34-0073)までお問合せください。E-mail: oofuku@fancy.ocn.ne.jp


中身を一部 紹介!
DSC_1972
金山巨石群の写真集ともいえる今回の出版第 1弾は、A4サイズでフルカラー72ページ。
1296円 (本体1200円+消費税)。三五館より。 
DSC_1974
写真とイラストで
分かりやすく解説!
金山巨石群が何をもって太陽暦といえるのか!? いつ頃、どんな光が体験できるのか!?
これまで金山巨石群は ムズカシイ と思っていた方こそ、見ていただきたい 1冊です。

DSC_1971
また 金山巨石群の太陽観測 において最大の効力を発揮する 太陽スポット光 の応用がいかに暦を読みとる手段として有効かを解説しています。
DSC_1970
他にも 4年周期で訪れる閏年はやがて、100年以上経過すると光の観測に 1日のズレを生じてきます。つまり閏年を平年に戻さなければならない時がやってきます。

金山巨石群ではそのズレを修正するタイミングが、2094年頃にやってきます。
その根拠とは!?
そのしくみを、全公開しています。

目次は次の通り。
「縄文」太陽観測ガイド_目次
ガイドブックは下呂市金山町 (金山巨石群調査資料室) で入手できます。
観測会でも販売しています。
電話でお越しになる日時をご連絡いただき、資料室へお越しください。(不在の場合が多々あります)

金山巨石群調査資料室 
TEL.FAX. 0576-34-0073  E-mail: oofuku@fancy.ocn.ne.jp

岐阜県下呂市金山町金山2974-16 GALLERY OOFUKU 〒509-1622

金山巨石群調査資料室金山巨石群リサーチセンター は同一です。第 1弾でリサーチセンターとしているのは、第 2弾を考慮した上での表示です。第 2弾では、太陽観測以外の項目を盛り込んだ日本語・英語版を制作中です。