2018年 125日(木)

「筋骨ガイドの会」が発足して1年。今年もドライブイン飛山にて新年会を兼ねた総会が開かれました。まずは浅井会長のあいさつに始まり、岡戸マネージャーよりガイド状況のご報告、監事の桂川氏より会計報告、等々。計11名。

 0125_01
0125_02

平成28年は過去最高の入込数15,000名を突破しましたが、昨年は届かず。ですが旅行社の団体客が多かった平成28年に比べて昨年は個人客が増え、その対策が話の中心でした。平成28年末から石田豆腐店・名取天ぷら店のお立ち寄り店舗の閉店が相次ぎ、約1年。昨年はそれに伴い筋骨めぐりの魅力向上に向けて新たな動きが始まった年でもあります。そのため今回の総会は、金山町観光協会の髙木会長にも同席いただき、新たな動きの総括をしていただきました。新たな動きとは、前にもレポートしましたが、「飛騨街道の空き家を利用したまちづくり」の具体的な動きです。今年も観光協会とガイドの会は、金山全体の理想会議ではなく、具体案実行に向けての年となります。体を張ってここまで「筋骨めぐり」を形にしてきた方々ですから、次なる構想はすでに準備段階。ガイドの高齢化という課題をよそに、金山を憂う思いが個々の動きに現れています。

 

総会に続き、隣の部屋では新年会が。いつもの金屏風の部屋で、金山町観光協会・髙木会長のあいさつから。
0125_05

0125_04
0125_06
右端の辻井さんは、元辻レコードの店主さん。今は筋骨ガイドの重鎮で、切り絵の制作を手掛けておられます。そのコピーが下の写真です。筋骨めぐりでは是非お客さんに原版を見ていただけるようなギャラリーを作っていきたいものです。他にも辻井さんは個人客のための案内を充実させる策を多く提案していただき、既に制作が進行しています。

0125_03
0125_07

3時間が経過し言いたいことを言い尽くした後はすっかりできあがり、ここでいったんシメの儀式。
0125_08
このあと6名、いつものようにシモへ流れていきました…。