2018年 7月15日(日)
西日本に大災害をもたらした豪雨が治まって後、今度は照り付ける陽射しにつらい毎日が続いています。そんな中、金山巨石群では 夏の60日間の終わり を告げる光の時期になりました。

岩屋岩蔭遺跡巨石群の夏のコウモリたちも出産を経て順調に育っています。
あと30日が過ぎると、旅立ちの日がやってきます。


今日は 楕円のスポット光(11:40) 最後の日でもあり、点線スポット光(13:00) の 7日前でもあります。4名様のガイドツアーがありました。
20180714_20

金山巨石群は数千年の時を経て、現在も太陽の動きを刻み続けています。金山町もあちこちで谷が氾濫し、浸水した家屋の片づけを手伝う中、ここへきて巨石群を巡ると何か伝わってくるもがありました。自然災害に対するメッセージ、地震や豪雨などの自然災害は起こるものだと、どっしりと安定した巨石群は余裕で語っているよう。3.11 東日本大震災であらためて認識した教訓 も含め、起こりうる自然現象の予知を個人レベルで持たなければいけない…なんてことを考えながら、流れる汗を拭きながら今回の大雨でえぐられた遊歩道を歩いていました。

20180714_21

7月 8日前後の豪雨の影響
20年間の調査の中で初めての豪雨だったことを物語る痕跡。深いところで20cm程えぐられています。いつも大雨が降ると遊歩道が川になりますが、今回はちょっと違う…。
線刻石のある巨石群の下の道はほとんどがこんな感じです。

20180714_22

下は60年程前にダイナマイトで石が割られた跡が残る巨石付近の足元。昔の石畳が出てきました。でも縄文ではないでしょう。岩屋ダムができる50年ほど前まで下呂からこの道を通ってきたわけなので、新しい石畳ですね。でもこれもまた面白い。
20180714_23

巨石群は何ともありませんが、道の前に流れている妙見谷の石たちはかなり動いて階段には砂が上がっていました。
20180714_riv01

右の配管用のコンクリ?は少し上流にあったものが流れ着いたようです。
ここは歩きにくい場所でしたが、土砂が埋まって歩きやすくなりました。

20180714_riv02

ちょうどいいプールができていましたが、もうありません。
20180714_riv03

巨石群前の道を下り、テニスコートへ出たところは、水があふれだした跡がありました。
20180714_24

ちなみにテニスコートにあるトイレは、このように断水のため現在は使用禁止です。
7月21日・22日の観測会へお越しの際は、ご注意ください。
一番近い公衆トイレは岩屋ダム資料館にあります。
20180714_25

下は 2012年 8月の台風12号のあと。今回は豪雨とはいえ、ここまでの被害はなく、ひとまず安心していますが、遊歩道の修復に課題が残りました。
201208_台風12号


点線スポット光(午後 1時)の観測
こちらが今日の本題です。11:40頃の楕円形の最後のスポット光はツアーのお客さまと確認して、13:00頃の観測がこちらです。
20180715_01

まだ点線とはいえませんね。点線の期間は 5日間(7/18~22)とみていますので、今日 15日は 7日前のカウントダウンということになります。日に日にこのラインは細くなり最後の日が、夏至から30日後を告げる日となります。これが夏期62日間のスポット光観測です。
≫2016年7月の観測はコチラ
20180715_02
今日のツアーのお客さんはこの光も最後に観て終了。11:40と13:00の両方が見られる日を選んだのはいいタイミング。そのつもりはなかったそうですが。

明日16日から22日までも、午後 1時頃に線刻石のある巨石群へ行けば、この観測を誰でも自由に見ることができます。洞窟の外は直射日光が強いので、暑さ対策はお忘れなく。


観測会は 7月21日(土)と22日(日)午後 1時頃です(12:50から要待機)。

 金山町内の大雨による被害・復旧状況はこちらからご覧ください。