7月21日頃の約 5日間の点線スポット光によって、
夏至から30日が経過したことを知るためのカウントダウン観測です。

特に21日、22日の観測会では、19日に放映された
NHK BS “コズミックフロント☆NEXT” の影響もあり、遠方からも多くの方々が訪れました。
金山巨石群へみえるのは地元民はほとんどなく、いつも遠方の方々ばかり。

先の西日本豪雨のあと、皮肉なことに金山には夕立の雨もないカンカン照りが続き厳しい暑さの中の観測会でした。ちょうど 39.4度まで気温が上がった頃でしたね。

午後 1時頃、この光を見ようとジワジワと人が集まってきます。
この日は22日。

201807_1

201807_2
201807_4

光が射し込む位置を下から見ると、その隙間はふたつの巨石から成ります。
201807_3

7月15日
この日は、楕円形のスポット光が終わる頃。
spot_summer
そのとき、点線スポット光はこんな感じ。
この光はまだ、点線とは見なしません。

201807_15

7月19日
点線と見なすのは、18日から5日間。
19日はくっきりと力強く入っていますね。

201807_19

7月20日
この日も。点は6つ。
金曜日なので、小林由来氏の解説です。本業のお店はお休みのため。

201807_20

7月21日
光線は日ごと、細くなってきているのがわかります。
21日は消える 2日前。
201807_21

7月22日

最後の日。でも 今年は 点が 4つ よく 見えていますね。
毎年観ている方はわかったと思いますが、最後の日にしてはかなり力強い光です。

201807_22

7月23日

前日の光の観測から、翌日23日も光が射しこむことが予想され来てみると…20日・22日も観測にみえた愛知県の常連さんが待ち構えていました。いいタイミングで NHK の番組を見て下呂温泉に泊まり巨石群へ訪れたというご夫婦も一緒に。13:06 はホソーい点が 4つ。2分後には 3つですが、確かに入っているのがわかります。
201807_23

これは、1年が365日ちょうどではないために、毎年同じ日の観測でも、わずかに光の見え方が変わってきます。それがおおよそ 4年ごとに繰り返されます。うるう年の関係ですが、この観測で、閏年を決定することは困難です。なぜならば、地球から見たときの 1日ごとの太陽の移動が小さいからです。

金山巨石群の岩屋岩蔭遺跡巨石群では、春分と秋分の頃に射し込むスポット光観測で、その難題をクリアしています。うるう年の観測です。それは、地球から見たときの 1日ごとの太陽の移動が、1年のうちで最も大きいときのスポット光観測だから可能になります。

・春分と秋分の頃
・スポット光観測

このふたつの条件がそろい、うるう年観測を可能にしています。(この意味が本当にわかると断然、巨石群の暦システムがおもしろくなってきます)しかしどのようにして観測のための巨石群を構築したかはいまだ謎ですが、現状を見つめていくと、文字なんか無くても太陽暦は存在することを、見せつけているんですね。素晴らしい!

≫2016年7月の観測はコチラ