HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

≪岐阜県下呂市 金山町≫ 縄文時代から機能している太陽カレンダー 「金山巨石群」 と飛騨街道金山宿に張りめぐらされた 「筋骨めぐり」 を紹介します

2015年04月

今日も名古屋からのお客さんで、午後230分から90分の筋骨めぐり。36名ほど。
ドライブイン飛山 を出発します!奥に見えるのが 鎮守山 の観音堂。

20150412_0120150412_02

何でもない道が「筋骨」です。

20150412_04
20150412_05
20150412_03

昭和町 の町並み。屋根が何軒分もつながっています。祭りで1軒にひとつの幕が張られているのを見るとよく分かります。昔は屋根を共有し、節約していたのだといいます。立て直す家が出ると、家の幅は狭くなり、屋根も自己負担です。

20150412_06

午後3時頃、本楽祭も終わり、花飾りの片づけです。
若者はみな祭りに出払っているためか、ご両親方々、ご近所と協力し撤去作業です。

20150412_07

昭和の銭湯 を右へ入る筋骨を行くと、目の前に 鎮守山 が見える場所へ出ます。ここから 鎮守山 の説明。ちょうど 長福寺 の山門に辺りです。90分の筋骨めぐりでも、立ち止まって話す時間のほうが長いので、説明に興味のない方はブラブラ自由に歩き回ったり、休んだり…。
20150411_06

20150412_08

最初に出発したグループは 鎮守山 へ登って、戻ってきたところです。
後ろから、
柯柄(えがら)八幡神社 で盛大に行われている祭りの太鼓や掛け声が聞こえてきます。

20150412_09

今日はお祭りで飛騨街道沿いのお店は休業。
しかしお饅頭の
みつや さんの六方焼きはありました。お土産に行列です。

20150412_1020150412_11
20150412_12

メインの裏筋骨。

20150412_13
20150412_14

再び飛騨街道へ。

20150412_15

ご婦人たちの集いに声をかけて…「いいねぇ~ご近所通しで、こんな風景うちにはもうないよ~」

20150412_1620150412_17
20150412_18

飛騨川馬瀬川 の合流点にかかる橋、金山橋 の桜並木。

20150412_19

説明というより雑談に笑いが飛んでいました。

20150412_20

馬瀬川 にかかる 飛騨美濃 を分ける橋、境橋
20150412_21
今日はまだ時間があるので橋を渡り、ケヤキのパワースポットへ。とりあえず皆、触っています。
今日はノリのいいお客さんが多く、終始笑い声が絶えませんでした。

20150412_22

境橋 から 金山橋 と桜並木の景観。向こうの山は、愛宕山

20150412_23

奥飛騨酒造(株)へ。幕は撤去済みでした。

20150412_24

新しい飛騨金山のポスターの前で、金山巨石群 と 四つの滝 の説明も…。

そこへ、いつもは筋骨ガイドの山口さんが神社からお帰りです。

20150412_25
20150412_26

奥飛騨酒造 の資料館を見学していたら、神主さんでもあるご主人もお帰りになりました。

20150412_27
20150412_28

最後の上り坂筋骨。今日も売店で試飲が待っています。

 

今日の筋骨めぐりは昨日と同様、時間が90分あったので、ガイドもゆったりと歩くことができました。穏やかな季節のガイド付き筋骨めぐりはやはり、90分コースをお勧めします!

今年は例年になく冬が明けると同時に、旅行社によるガイド付き 筋骨めぐり がスタートしています。飛騨金山の 筋骨めぐり は旅行社にとって新しく、手頃な観光となっているようです。

今日の午後120分からは、大阪からの観光客37名。ガイドは岡戸、杉山(節)、長尾、杉山(宜)の4名。3つのグループに分けてのガイドです。

午後230分からは、名古屋からの観光客17名。ガイドは岡戸、杉山(節)、小林の3名。ここでも3つのグループ分け。今日のブログでは後半の 筋骨めぐり をご紹介します。411日と12日は、飛騨街道沿いにある 柯柄(えがら)八幡神社 の春の祭礼のため、街道沿いの筋骨案内人はお休みです。20150411_01

 まずはいつものように 子守地蔵尊 の前で立ち止まり説明を聞きます。
サルスベリの木が剪定されていました。

20150411_02

この筋骨は 丹波の黒豆大福で人気の 餅倖(もちこう) さんの前へ出ます。

20150411_03

路地裏らしく猫が遠くから見つめています。この辺りの猫たちも団体客が珍しいのでしょうか。最近、覗き込むように首を長くして影から見ている猫をよく見かけます。住民の皆さまも最初はそうでしたが、今では多くの方が家の前に出てきて、笑顔で迎えていただけるようになりました。

20150411_04

今日の餅倖さんは黒豆大福の試食を用意していただきましたが最後のグループはなくなってしましました。若旦那、夜の試楽祭のための身支度が完了。お店もこれで閉店、気分は祭りに向かっています。

20150411_05

祭りの日に、各家々の前に張られる幕には家紋が様々、年に一度の演出なので、今日の 筋骨めぐり は華やかさが増します。

20150411_07

昭和の時代で閉店した 銭湯。男風呂は中をいつでも見学できます。懐かしさに思い出話に花が咲きます。ご近所の親子たちも筋骨めぐりのお客さんに興味津々。

20150411_08

飛騨街道沿いの旅館、清水屋さん。

20150411_09

街道の趣きが残る 泉町 の城造り建築、清水楼(せいすいろう) さん。

20150411_10

振り返ると 愛宕連 の花みこしが威勢よく公民館から出てきました。美濃和紙で毎年つくられる鮮やかな花みこしに 「わぁ~きれ~!」

20150411_11

昔懐かしい味のコロッケで人気の 名取天ぷら店 の前。今日はお休みです。

20150411_12

石田豆腐店 では、よせ豆腐の試食を今日もいただき、お買い物。奥で 三田明似のご主人は ひりょうず(がんもどき) を揚げている最中、ここでは最後のグループだけが、ひりょうず を買うことができました!

20150411_13

石田豆腐店の前には 井桁屋薬局 の蔵が目の前に。こぶしの花が満開です。この階段を上ると、まっすぐ別の筋骨が続いています。個人の方は歩いてみて下さい。

20150411_14

金山橋 の桜並木。満開の時期は終わり、葉桜になりつつありますが、桜吹雪が気持ちいい。

20150411_15

清酒「奥飛騨」や「初緑」で有名な、奥飛騨酒造(株)

20150411_16

中の資料館を見学しながら、そのまま奥へ抜けます。結構長い道をひたすら歩きますが、ここはガイド付きの場合のみ歩くことができます。

20150411_17

酒蔵横の筋骨は最後の長い登り坂。しんどいけれど売店では、お酒の試飲が待っています。

20150411_18

今日は時間が90分ほどあったので、ゆっくりと歩くことができました。

天気も良く、春のさわやかな筋骨めぐりでした。

4月9日(木)  今が満開です
筋骨めぐり で下から見ても、上に登って景色を眺めてみても、飛騨金山の桜は今満開を迎えています。
sukuna_2015_49_01
sukuna_2015_49_02

先日の寒さに今年は長持ちしています。
11日(土)と12日(日)は金山最大の春祭りも控えています。
飛騨金山道金山宿 から 柯柄(えがら)八幡神社 まで、11日(土)夜の試楽祭と12日(日)の本楽祭で金山の町が賑わいます。

お花見と併せて、今週末、飛騨金山へお出かけください!
◆八坂湖畔桜のライトアップ 4月13日(月)まで
◆嶽見桜のライトアップ 4月11日(土)と12日(日)
sakura2015



4月5日(日)雨  まだこれから
金山巨石群の前にある妙見谷。(写真では左下に流れる川)
その脇に植えられたまだ小さな
ソメイヨシノの開花は今始まったばかりです。
右の岩から生えているように見える桜は
山桜で、例年なら山桜が散った後にソメイヨシノが咲きますが、今年は同時に咲いています。
0405_01
金山町にある
長福寺のしだれ桜も、今ソメイヨシノと同時に満開を迎えています。
(巨石群からはJR飛騨金山駅方面へ車で30分)
例年なら、
しだれ桜が終わるとソメイヨシノなんですが…
hassaka_0405_03
ちなみに上の写真の右には
金山小学校のグラウンドがあり、ここから南正面に 鎮守山 の 両面すくな像がこちらを向いています。
hassaka_0405_04
鎮守山 の桜もほぼ満開。あと1週間は楽しめそうです。
hassaka_0405_02
巨石群に戻ると…
巨石群の前の道を下へ下っていくと、150m先にテニスコートがあります。(和式の水洗トイレも1つあります)テニスコートは現在使用されておらず、大型バスの駐車場になっています。ここからは 岩屋ダム が正面に見え、近づいて見ると高さ147mのロックフィルはとても迫力あります。

そこに植えられた
ソメイヨシノも開花し始めました。3分~5分咲きくらいでしょうか。とても静かな場所で、まだまだ知られていない穴場です。人に出合うより、サルやシカによく出会う場所です。

巨石群周辺の桜と言えば、近年よく知られてきた 八坂(はっさか)湖畔桜 があります。
ライトアップも明日6日から始まり、飛騨金山の岩屋周辺は、今週から桜の見頃を迎えます!





 

↑このページのトップヘ