HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

≪岐阜県下呂市 金山町≫ 縄文時代から機能している太陽カレンダー 「金山巨石群」 と飛騨街道金山宿に張りめぐらされた 「筋骨めぐり」 を紹介します

カテゴリ: 金山巨石群

暑かった今年の夏も終わろうという時期ですが、このところの天候は雨続き。あさって秋分23日は天気予報だとまず良さそうですね。

秋分前後には、下のポスターの光が体験できます。

午前中(9:00頃~13:00)はポスター写真 2段目の右から 2番目、巨石群へ射しこむスポット光観測があります。光の体験ツアー にご予約の方々には、この光を体験していただきます。ガイドブック52ページの光。

そして午後はメイン写真の光 、16:30~16:45。ガイドブックの44ページの光です。
s_poster_kyoseki

ガイドツアーに参加希望の方は、11:30までに巨石群現地にある「太陽カレンダーシミュレータ  再現館」に集合してください。現地に行けば、すぐわかります。所要時間は90分。

観測会は 9月22日(土)~24日(月)の 3日間ですが、晴れそうなのは秋分の日23日ですね。

この日はガイドブックの販売もあります。またもや amazon.co.jp では中古品ですが値が上がってきていますので、ぜひこの機会に定価 1,296円(1,200円+消費税 96円)で現地調達してください。オンラインショップでも買うことができます。

では巨石群でお待ちしています!

中日新聞 2018年 9月 4日(火)
『中津川「丸山神社のふな岩」と近くの巨石』
当リサーチセンター(調査資料室)では今年、春分の日を過ぎた 3月23日、十数年前から気にかけていた 中津川市苗木 にある 丸山神社の鮒岩(ふないわ)の調査に出かけました。以降も何度か通い測量や考察を重ねてきました。そのひとつが下の記事です。記事にもあるように、5月にはアメリカから調査・書籍編集のため金山に滞在していたナツヤマ博士にも同行いただき、また金山の有志ら 4名と愛知県のスタッフ 1名も同行し調査を手伝っていただきました。

np_chunichu20180904
PDFはこちら

もうすぐ秋分(今年は 9月23日が秋分の日)。
当日前後は「金山巨石群」が忙しいので、その前の期間にふたたび「ふな岩」に出かけます。
巨石群と秋分の朝日・夕日の関係に加え、今後の課題は12km離れた笠置山との関連を調査していきます。下の写真は、真西に位置する笠置山へ太陽が沈んだ直後です。
20180323_funa_06

全国各地で巨石調査が始まりつつある今、地方に眠る巨石の謎解きのポイントは何か!? まずは古天文学的(考古天文学的)にこの「ふな岩」でその基礎が学べます。超基礎編といったところでしょうか。ただしフナには見えなくて、クジラでしょうか。南向きのそのモニュメントはきちんと台座の上に据えられています。その台座に沈む光を観察する「しかけ」がしてあるのです。
20180323_funa_04
写真左が南側の道路から撮影。右は神社境内に回り込み北側から撮影。

南側はクジラの目もくりぬいて、背びれも彫刻されています。尾びれは勢いよく空に向かってそりあがっています。ですが市の天然記念物とされていますね。これまでにもさまざまな分野の専門家が入り調査があったようですが…。
20180323_funa_05

ちなみに金山巨石群の岩屋岩蔭遺跡は県の文化財(縄文時代の史跡)になっていますが、単なる縄文人の洞窟という扱い。一時はどういうわけか「史跡」のはずが「天然記念物」と間違った県の表示が立っていましたね。本当にどういうわけか。気づいて岐阜県に指摘したのは他県の方でした。

これまで考古学上では、巨大な石はすべて天然記念物とされてきましたが、世界の巨石文明の謎を背景に、わが国におけるその後の見解はいかがなものなんでしょうか !?  
先の 9月 4日の記事に次のようなものがありました。

『人類は複数の集団から進化し、初期から多様性を内包していた』日本語
(原文はこちら〔英語〕/2018年 7月11日)

記事を読むと、ものすごく新鮮ですね。これまでの定説、アフリカ単一民族からの進化がベースとなっていた人類のはじまりでは説明がつかなくなってきたわけです。最後にあるように、研究で大事なことは、集めた情報を再構築し、見直しをすることです。それがこの国ではどの程度「進化」しているのでしょうか…!? この国における巨石文化を明らかにすることは、私たち祖先の功績を再認識することにつながり、喜ばしいことではないでしょうか。素直に考えればそうです。しかしある情報によりますと、日本の縄文時代が表に出てくると、仕事がなくなる(減る)人たちがたくさんいるそうです。卑弥呼あたり以降を研究する専門家のことでしょうか。それを守るために必死だそうですが、さみしい話です。そういえば、8年前にお会いしました天文学者さんが言っておられた「考古学」「天文学」は金にならない。という言葉を思い出します。さみしいついでに。

ともあれ「ふな岩」は見るだけでもおもしろい。まだ見てない方は、ぜひおススメ。なぜ海に面していない岐阜県なのにクジラなのか。この考察はここではまだにしておきます。縄文遺跡との関わりある各土地に眠る巨石の謎は、金山と中津川の中間、白川町の切井にもあります。これも機会があればまたご紹介します。

7月21日頃の約 5日間の点線スポット光によって、
夏至から30日が経過したことを知るためのカウントダウン観測です。

特に21日、22日の観測会では、19日に放映された
NHK BS “コズミックフロント☆NEXT” の影響もあり、遠方からも多くの方々が訪れました。
金山巨石群へみえるのは地元民はほとんどなく、いつも遠方の方々ばかり。

先の西日本豪雨のあと、皮肉なことに金山には夕立の雨もないカンカン照りが続き厳しい暑さの中の観測会でした。ちょうど 39.4度まで気温が上がった頃でしたね。

午後 1時頃、この光を見ようとジワジワと人が集まってきます。
この日は22日。

201807_1

201807_2
201807_4

光が射し込む位置を下から見ると、その隙間はふたつの巨石から成ります。
201807_3

7月15日
この日は、楕円形のスポット光が終わる頃。
spot_summer
そのとき、点線スポット光はこんな感じ。
この光はまだ、点線とは見なしません。

201807_15

7月19日
点線と見なすのは、18日から5日間。
19日はくっきりと力強く入っていますね。

201807_19

7月20日
この日も。点は6つ。
金曜日なので、小林由来氏の解説です。本業のお店はお休みのため。

201807_20

7月21日
光線は日ごと、細くなってきているのがわかります。
21日は消える 2日前。
201807_21

7月22日

最後の日。でも 今年は 点が 4つ よく 見えていますね。
毎年観ている方はわかったと思いますが、最後の日にしてはかなり力強い光です。

201807_22

7月23日

前日の光の観測から、翌日23日も光が射しこむことが予想され来てみると…20日・22日も観測にみえた愛知県の常連さんが待ち構えていました。いいタイミングで NHK の番組を見て下呂温泉に泊まり巨石群へ訪れたというご夫婦も一緒に。13:06 はホソーい点が 4つ。2分後には 3つですが、確かに入っているのがわかります。
201807_23

これは、1年が365日ちょうどではないために、毎年同じ日の観測でも、わずかに光の見え方が変わってきます。それがおおよそ 4年ごとに繰り返されます。うるう年の関係ですが、この観測で、閏年を決定することは困難です。なぜならば、地球から見たときの 1日ごとの太陽の移動が小さいからです。

金山巨石群の岩屋岩蔭遺跡巨石群では、春分と秋分の頃に射し込むスポット光観測で、その難題をクリアしています。うるう年の観測です。それは、地球から見たときの 1日ごとの太陽の移動が、1年のうちで最も大きいときのスポット光観測だから可能になります。

・春分と秋分の頃
・スポット光観測

このふたつの条件がそろい、うるう年観測を可能にしています。(この意味が本当にわかると断然、巨石群の暦システムがおもしろくなってきます)しかしどのようにして観測のための巨石群を構築したかはいまだ謎ですが、現状を見つめていくと、文字なんか無くても太陽暦は存在することを、見せつけているんですね。素晴らしい!

≫2016年7月の観測はコチラ

≪番組≫
NHK BSプレミアム “コズミック フロント☆NEXT” 
 

2018年 7月19日(木)よる10時~11時
(再放送:7月25日(水)よる11:45~)

本題は「人類と星のファーストコンタクト」。
今回「金山巨石群」が登場するのは、“宇宙街紀行” というミニコーナー(約 4分)です。『宇宙』をテーマに、街の魅力を伝える今年新設のコーナー。

全国に多くある温泉地の中でも、下呂温泉は壮大なテーマを秘めた街…。

ぜひご覧ください!

2018年 7月15日(日)
西日本に大災害をもたらした豪雨が治まって後、今度は照り付ける陽射しにつらい毎日が続いています。そんな中、金山巨石群では 夏の60日間の終わり を告げる光の時期になりました。

岩屋岩蔭遺跡巨石群の夏のコウモリたちも出産を経て順調に育っています。
あと30日が過ぎると、旅立ちの日がやってきます。


今日は 楕円のスポット光(11:40) 最後の日でもあり、点線スポット光(13:00) の 7日前でもあります。4名様のガイドツアーがありました。
20180714_20

金山巨石群は数千年の時を経て、現在も太陽の動きを刻み続けています。金山町もあちこちで谷が氾濫し、浸水した家屋の片づけを手伝う中、ここへきて巨石群を巡ると何か伝わってくるもがありました。自然災害に対するメッセージ、地震や豪雨などの自然災害は起こるものだと、どっしりと安定した巨石群は余裕で語っているよう。3.11 東日本大震災であらためて認識した教訓 も含め、起こりうる自然現象の予知を個人レベルで持たなければいけない…なんてことを考えながら、流れる汗を拭きながら今回の大雨でえぐられた遊歩道を歩いていました。

20180714_21

7月 8日前後の豪雨の影響
20年間の調査の中で初めての豪雨だったことを物語る痕跡。深いところで20cm程えぐられています。いつも大雨が降ると遊歩道が川になりますが、今回はちょっと違う…。
線刻石のある巨石群の下の道はほとんどがこんな感じです。

20180714_22

下は60年程前にダイナマイトで石が割られた跡が残る巨石付近の足元。昔の石畳が出てきました。でも縄文ではないでしょう。岩屋ダムができる50年ほど前まで下呂からこの道を通ってきたわけなので、新しい石畳ですね。でもこれもまた面白い。
20180714_23

巨石群は何ともありませんが、道の前に流れている妙見谷の石たちはかなり動いて階段には砂が上がっていました。
20180714_riv01

右の配管用のコンクリ?は少し上流にあったものが流れ着いたようです。
ここは歩きにくい場所でしたが、土砂が埋まって歩きやすくなりました。

20180714_riv02

ちょうどいいプールができていましたが、もうありません。
20180714_riv03

巨石群前の道を下り、テニスコートへ出たところは、水があふれだした跡がありました。
20180714_24

ちなみにテニスコートにあるトイレは、このように断水のため現在は使用禁止です。
7月21日・22日の観測会へお越しの際は、ご注意ください。
一番近い公衆トイレは岩屋ダム資料館にあります。
20180714_25

下は 2012年 8月の台風12号のあと。今回は豪雨とはいえ、ここまでの被害はなく、ひとまず安心していますが、遊歩道の修復に課題が残りました。
201208_台風12号


点線スポット光(午後 1時)の観測
こちらが今日の本題です。11:40頃の楕円形の最後のスポット光はツアーのお客さまと確認して、13:00頃の観測がこちらです。
20180715_01

まだ点線とはいえませんね。点線の期間は 5日間(7/18~22)とみていますので、今日 15日は 7日前のカウントダウンということになります。日に日にこのラインは細くなり最後の日が、夏至から30日後を告げる日となります。これが夏期62日間のスポット光観測です。
≫2016年7月の観測はコチラ
20180715_02
今日のツアーのお客さんはこの光も最後に観て終了。11:40と13:00の両方が見られる日を選んだのはいいタイミング。そのつもりはなかったそうですが。

明日16日から22日までも、午後 1時頃に線刻石のある巨石群へ行けば、この観測を誰でも自由に見ることができます。洞窟の外は直射日光が強いので、暑さ対策はお忘れなく。


観測会は 7月21日(土)と22日(日)午後 1時頃です(12:50から要待機)。

 金山町内の大雨による被害・復旧状況はこちらからご覧ください。

↑このページのトップヘ