HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

≪岐阜県下呂市 金山町≫ 縄文時代から機能している太陽カレンダー 「金山巨石群」 と飛騨街道金山宿に張りめぐらされた 「筋骨めぐり」 を紹介します

カテゴリ: 金山巨石群

日 時: 2017年 7月15日(土)13:30~17:00
会 場: 大阪科学技術センター701号室
    (大阪市西区靭本町 1-8-4  TEL.06-6443-5324)
講 師: 小林 由来(金山巨石群リサーチセンター代表)
演 題: 金山巨石群の「縄文」太陽観測ガイド
参加費: 日本サイ科学会会員 2,000円、非会員(一般)3,000円
主 催: 関西日本サイ科学会 https://kansai-psij.amebaownd
お申し込みは不要です

昨年 9月に ㈱三五館より出版されました初のガイド本『金山巨石群の「縄文」太陽観測ガイド』は、これまで多くの皆さまによって国内外に広く発信していただいています。今回の講演会はそんな中から話が持ち上がりました。通常講演会は 1時間程が主ですが、今回は講演 3時間(休憩あり)+質疑応答30分という流れで、かなり踏み込んだ内容を皆様に聞いていただきます。講演の構成はガイド本に従った解説を、DVD映像も交えながら最新情報も初公開します。

小林由来氏による金山巨石群の謎解きが、いかに現場によるものか!
世界初の閏年観測法は飛騨の山間部ならではの智恵から生み出されたものです。現代人の思考感覚が試される!と言っても過言ではありません。
縄文時代という重要なキーワードも興味深いところ。

皆さまのご参加をお待ちしています!


5月21日(日)光の点線 1日目
昨日20日、わずかに射し込む光線と比べると、今日ははっきりと4つの点が見てとれます。中日新聞、今年4月からの松本記者に取材していただきました。午後 1時頃の観測です。
20170524_01
 WEB NEWS はコチラ 中日新聞(飛騨)2017年5月24日

0521_02
この日の見学者はほとんどが県外から。以前ガイドツアーに参加された方が多くの見学者を呼んでくれています。夏至30日前の光を観るために12時30分頃から見学者が集まってきました。フィリピンから訪れた女性たちも。「テンテンテンのヒカリ…」と言いながら、すでにガイドブックを手に。
0521_03
光が射し込み始めるとスマホを片手に入れ替わり。
0521_04
光は射し込み始めて30分の間に消えていきます。このあとも縄文談議が続きました。

そしてこの日は夜に北斗七星カップマークに点灯です。
夕刻は曇り空で心配ではありましたが、夜になると星空が見えてきました。でも少しぼんやりとしてクリアさに欠けます。夜は県内のお客さまが午後 7時30分頃に到着。
0521_05
頭上に横たわる北斗七星が見えます。クリアさに欠けるとはいうものの、バルブ撮影なので右から二つ目の二重星も写っています。そして低い空、巨石群の上部に北極星ポラリス。これが今日はやや見ずらかった。

先日のブログでも説明しましたように、今は北極星と北斗七星が大きく離れていますが、これが5000年くらい前だともっと近づくわけです。つまり、もっと巨石の近くで北極星を中心に回転していたわけです。

0521_06
そして巨石に刻まれた 9つのカップマークは、 7つを結ぶと北斗七星の形が浮かび上がります。状況がわからないとこれ何?ですね。でも幻想的です。

上の写真を見てもわかりますが、実物の北斗七星と石のカップマークの形は、上下反転形です。これが何故なのかわからないところでもありますが、世界中の古代人も同じように反転形を遺跡に残しています。そしてあとの 2つは何を意味するのか…現代人には思いつかないような何かがあるような気がします。

宇宙は特にその大半が未知の世界です。現代人が知リ得ることは、全体からすればそれはほんのわずかな情報に過ぎず、古代の可能性を否定することさえできるわけがないのです。金山巨石群はそういう意味で、時を測る装置ということだけでなく、現代人の思考力をも測り得る、とんだ代物ともいえるのです。巨石群の調査も暦の機能だけでなく、それを見る人間の思考調査も多くのデータが集積し、この先、人が向かうべく方向性もよりクリアになってきました。

それはともかく…
星空観賞は午後 9時30分頃に終了、片付け午後10時に解散となりました。この夏、7月か 8月の太陽観測会に合わせて、もう一度、星空観賞を考えています。次は北斗七星は木に隠れて見られませんがカップマーク点灯は行い、夏の大三角形・天の川観賞をしたいと思います。ぜひ多くの皆さまと感動を共有できればと思います。

5月22日(月)光の点線 2日目
今日は昨日よりよりクリアな点線の光です。
0522_01
 この日は中京テレビ「キャッチ」の取材。東海じゃらん編集長のおススメスポット、のような取材とか。
0522_03
見学者は、ガイドブックを手に神戸からご夫婦一組と、昨日も訪れ今日は光を観に飛騨高山からご夫婦が一組、その他数名。
0522_02
レポーターの女性 2名。昨日のように見学者が多いとこんなふうに撮れないので今日はラッキーでしたね、取材の皆さま。放送は 6月第 1週め(未定)午後4時頃、最初の特集コーナーで 3分くらいとのこと。
0522_04
0522_05
6つめ一番下のテンがわずかですが角に当たっています。明日以降はこの光の横幅が太く逞しくなっていき、5日目(25日)頃までが、点線と見なせる範囲です。


5月23日(火)光の点線 3日目
今日は静かな観測。今日も見ごたえあります。
0523_06
上からひとつづつ点が入り始めます。これはふたつめ。
0523_01
0523_02
0523_030523_04
  6つめまで入る間、約 3分。
0523_08
この三角状の石面の凹凸も計算されているのでしょうか!? 完全に遊んでますね。
0523_05
石面を通った光は下に落ちます。テンの光が 6つめまで入った状態で約3分。やがて6つの点は、今度は下からひとつづつ消えていきます。今日も入り始めて30分の間、点線スポット光のショータイムが続きました。

5月24日(水)光の点線 4日目  曇天のため観測不可

(明日25日快晴なら ここにレポートを更新していきます)







 

5月20日(土)
気温が29度まで上がった今日も快晴。
昼は山の緑にムラサキの桐の花が咲き、夜はカジカガエルの響きが夏の始まりを知らせる時期となりました。
20170520_3
さて、巨石群でも夏の始まりが今日から始まっています。
そう、お馴染み「線刻石のある巨石群」が夏の観測場所です。

20170520_2
洞窟内に射し込む午後 1時頃のスポット光。
いつもご覧になっている方なら、今日もウッスラ三角状の石面に光線が映り込んでいるのがわかりますね。今日は 3つ。しかし点線が浮かび上がるのは明日からカウントします。なぜなら今日の光はクリアでなく、閏年の関係もあって 3つが 2つになったりします。点線状のスポット光と認識し、皆さまに観ていただくには物足りないかもしれないので、確実に点線が浮かび上がる明日21日から、観測会を行います。通の方なら、今日から観る醍醐味がわかるはずです。20170520
夏至30日前の詳しい観測は、こちらをご覧ください。

今年は久々に北斗七星のカップマーク点灯です!
5月21日(日)午後 8時頃から 1時間程。2013年の同じ日にも開催し 4年ぶりです。
この時期はちょうど午後 8時頃、カップマークの頭上に本物の北斗七星が輝きます。
現場で対照的に見るとなぜ反転形が描かれているのかがわかるような気になるのはなぜでしょうか!? もし興味のある方は、観に来てください。
ただし夜はシカの交通量が増えますので近辺ご注意ください。
20170520_6pre
21日は月齢24.6、月明かりがなく、外灯もありません。各自懐中電灯をお忘れなく!巨石群までの遊歩道は、奥飛騨酒造さんのワンカップが足元をあたためてくれます。
20170520_5pre
これが 4年前の5月21日。空の高い位置に北斗七星が横たわっています。
20170520_4pre
しかし面白いのは、今よりも 3千年前の北斗七星の方が北極星に近いため、巨石群のアタマを囲うように回っていたんですね。今よりも近いのは、北極点にある星が今とは違う星だから。今はこぐま座のポラリスで、3千年前だとこぐま座のコカブ辺りです。これは地球の歳差運動によるもの。
star_BC1000
そして南の空にはジュピター、木星が見られます。
お泊りの方は深夜に天の川が頭上に現れて、夏の大三角形も見られます。

まだ夜は冷え込みますので暖かくしてお出かけください!

とき:2017年 6月10日(土)①午後 2時~ ②午後 6時30分~ 
会場:金山市民会館 ①研修室 3 ②研修室 1
主催:朝倉 哲(あさくら さとし)金山町大船渡ダム管理所所長
入場料:前売り(事前予約)300円/当日 500円
予約・お問い合わせ:朝倉 090-2136-7958
                                  asakura.satoshi.1118@gmail.com


朝倉氏は愛知県岡崎市出身で、岡崎市災害ボランティア支援センター運営協力団体である「災害ボランティア・おかざ」の広報部長を務めます。震災後、東北をはじめ、先の熊本地震などの災害ボランティア活動において全国の支援活動を積極的に行っておられます。
今回の上映は、朝倉氏による自主上映です。

自然災害の少ない飛騨金山には見えにくい震災の現状。
上映日は「時の記念日」 6月10日。あらためて自分の過ぎ去った時や、これから生きてゆく時について、新しい何かを見つけることができるかもしれません。
震災後の福島を撮り続けてこられた笠井監督の想いが、皆さまに届くことを願います。

Life上映
ドキュメンタリー映画『Life』Facebook
https://www.facebook.com/life.fukushima.tsunami/?ref=nf
思い願うプロジェクト Facebook
https://ja-jp.facebook.com/omoi.negau.prj/

2017年 4月15日(土)
巨石群のすぐそば、岩屋第二ダム湖の東岸沿い400mに植えられたソメイヨシノの桜並木。岩屋ダムが昭和47年(1972年)に完成して後の植樹ですから、45年程経過?少なくとも40年は経過していることになります。 
 

今日がライトアップと出店の最終日、桜は満開で週末は天候に恵まれ一気に花が開きました。例年よりも少し遅め。今年も駐車するのに、駐車場だけでは足りず、道路脇に。係員の指示でスムーズに駐車できました。ちなみに八坂湖畔桜のパーキングは無料です。

20170415_01
 最初の頃、田んぼに水をはっていたのは桜並木正面の一面だけでしたが、最近ではこの周辺も水がはってあるため、遠くからも見ても鮮やか。 
20170415_02
近づくとすでに多くの人だかり。 午後7時頃。
このあと人が増えだし、ざっと見で300名以上。 

20170415_03
この距離感の迫力が素晴らしい。ライトアップを始めて13年目ということですが、年々神々しさが増しています。スタッフの皆さまに感謝。
20170415_04
20170415_09
今年も最終日は売り切れゴメン状態。BGMは演歌。「よこはま、たそがれ」に乗って団子のリズム。

20170415_10
金山のこんな光景は 一際贅沢な感じ。町なかにもあるといいですね。
20170415_06
八坂湖畔桜の魅力は何と言ってもロケーション。ダム湖畔だけあって周囲の威圧感もなく広々とした空間です。田んぼに水をはって映し出す演出は苗代桜のパクリとも言えますが、この迫力はパクリをすでに超えた魅力があります。夜の桜並木を歩く人も増えました。もっとも湖畔桜というくらいだから、わざわざ水をはらなくても、昼間対岸からの景観が湖面に映し出す桜並木が本来の姿とも言えますが、このライトアップはいい演出です。
20170415_0520170415_07
写真では伝わらないのが、この場所の質感。空気感というか、甘い桜の香りと、時々響くカエルの合唱、空にはコウモリが行き交い、人々の話し声がザワザワ…。交通騒音や排気ガスの心配はほとんどなく、空気が澄んでいるため、飛騨金山ってホントにいいトコだな~と思う瞬間です。

20170415_08
 今年も週末にかけて、去年並みにたくさん来てましたね、とスタッフの方。
もしかして今年の方が多かったかも、とも。

 

ライトアップと出店は終了しましたが、満開になったばかりなので、まだしばらくは楽しめそうです。
.............................................................................................................. 

ついでと言ってはアレですが、飛騨金山の最南端にある「嶽見桜(たけみさくら)」もレポート。

4月16日(日)

桜から御嶽山が見える、というところから命名された江戸彼岸桜「嶽見桜」。
今日は晴天とはいえ、遠くかすんで御嶽山は見えず。
15日と16日の 2日間は昼夜の出店とライトアップの日。
スタッフによると今朝はまだ 3分咲きくらいで、昼にかけて 5分咲きくらいにまで開いたそう。

20170416_01

20170416_02
20170416_03

ちょうど地元菅田小学校の親子らが見学に。

20170416_04
20170416_05
どてが美味かった!
20170416_07
やはりここでもBGMは演歌。
20170416_06
この先一週間内、青空の日が御嶽山を桜越しに見るチャンスのようです。

A4 金山さくらだより_2017

 

↑このページのトップヘ