HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

≪岐阜県下呂市 金山町≫ 縄文時代から機能している太陽カレンダー 「金山巨石群」 と飛騨街道金山宿に張りめぐらされた 「筋骨めぐり」 を紹介します

カテゴリ: 金山巨石群

2017年 4月15日(土)
巨石群のすぐそば、岩屋第二ダム湖の東岸沿い400mに植えられたソメイヨシノの桜並木。岩屋ダムが昭和47年(1972年)に完成して後の植樹ですから、45年程経過?少なくとも40年は経過していることになります。 
 

今日がライトアップと出店の最終日、桜は満開で週末は天候に恵まれ一気に花が開きました。例年よりも少し遅め。今年も駐車するのに、駐車場だけでは足りず、道路脇に。係員の指示でスムーズに駐車できました。ちなみに八坂湖畔桜のパーキングは無料です。

20170415_01
 最初の頃、田んぼに水をはっていたのは桜並木正面の一面だけでしたが、最近ではこの周辺も水がはってあるため、遠くからも見ても鮮やか。 
20170415_02
近づくとすでに多くの人だかり。 午後7時頃。
このあと人が増えだし、ざっと見で300名以上。 

20170415_03
この距離感の迫力が素晴らしい。ライトアップを始めて13年目ということですが、年々神々しさが増しています。スタッフの皆さまに感謝。
20170415_04
20170415_09
今年も最終日は売り切れゴメン状態。BGMは演歌。「よこはま、たそがれ」に乗って団子のリズム。

20170415_10
金山のこんな光景は 一際贅沢な感じ。町なかにもあるといいですね。
20170415_06
八坂湖畔桜の魅力は何と言ってもロケーション。ダム湖畔だけあって周囲の威圧感もなく広々とした空間です。田んぼに水をはって映し出す演出は苗代桜のパクリとも言えますが、この迫力はパクリをすでに超えた魅力があります。夜の桜並木を歩く人も増えました。もっとも湖畔桜というくらいだから、わざわざ水をはらなくても、昼間対岸からの景観が湖面に映し出す桜並木が本来の姿とも言えますが、このライトアップはいい演出です。
20170415_0520170415_07
写真では伝わらないのが、この場所の質感。空気感というか、甘い桜の香りと、時々響くカエルの合唱、空にはコウモリが行き交い、人々の話し声がザワザワ…。交通騒音や排気ガスの心配はほとんどなく、空気が澄んでいるため、飛騨金山ってホントにいいトコだな~と思う瞬間です。

20170415_08
 今年も週末にかけて、去年並みにたくさん来てましたね、とスタッフの方。
もしかして今年の方が多かったかも、とも。

 

ライトアップと出店は終了しましたが、満開になったばかりなので、まだしばらくは楽しめそうです。
.............................................................................................................. 

ついでと言ってはアレですが、飛騨金山の最南端にある「嶽見桜(たけみさくら)」もレポート。

4月16日(日)

桜から御嶽山が見える、というところから命名された江戸彼岸桜「嶽見桜」。
今日は晴天とはいえ、遠くかすんで御嶽山は見えず。
15日と16日の 2日間は昼夜の出店とライトアップの日。
スタッフによると今朝はまだ 3分咲きくらいで、昼にかけて 5分咲きくらいにまで開いたそう。

20170416_01

20170416_02
20170416_03

ちょうど地元菅田小学校の親子らが見学に。

20170416_04
20170416_05
どてが美味かった!
20170416_07
やはりここでもBGMは演歌。
20170416_06
この先一週間内、青空の日が御嶽山を桜越しに見るチャンスのようです。

A4 金山さくらだより_2017

 

318日から20日(春分)まで 3日間行われた観測会。

シキビの花も咲き誇り、フキノトウも開花し始め今年も春分がやってきました。

03eq_02
03eq_01

朝は 9時頃、山から太陽が顔を出すと同時に線刻石の巨石群に光が射し込む時期に入ります。冬期は午後になっても陽が射し込まないこの巨石群の出番は、これからやってきます。

03eq_0303eq_04

一方、岩屋岩蔭遺跡巨石群へ射し込む光量が少なくなる時期ですが、年間を通して今が一番閏年観測には適した時期です。(3月初旬から春分頃まで)
ナゼかはガイドブック
p.46「スポット光観測の特徴」の図が参考になります。
03eq_05

いずれの日も午前中の岩屋岩蔭遺跡巨石群へ射し込むスポット光の時間帯は快晴で、多くの見学者が光を体験しました。春分の日は 400名以上のお客様でした。

03eq_07
03eq_08
偶然にも午前 9時頃巨石群へ来られた方はラッキーでしたね! 例の春分の日のスポット光と同形の石型Bと重なる光が観られたはずです。(ガイドブックp.53
この観測は、春分の日と秋分の日の前後
3日間ほどを特定できる観測です。

このプロセスは、夏至の日を決定する夏期
62日間のスポット光観測と、冬至の日を決定する冬期119日間のスポット光観測によって、夏至の日と冬至の日が決定されたとき、冬から夏までの期間よりも、夏から冬までの期間の方が長いことを金山巨石群の古代観測者は知っていたことになります。金山巨石群の太陽観測の特徴(夏至から冬至まで太陽が移動する範囲を4つのゾーンに分ける観測p.25)が、日数を 4等分するのではなく範囲を4等分している点が、古代エジプト遺跡に共通点する興味深い事実がある中で、春分の日前後 3日間を特定できるということは、同様に夏から冬、または冬から夏までの「範囲」を 2等分していることになります。(夏至・冬至・春分・秋分のそれぞれの期間を数えてみれば わかります)私たちがいかに短絡的に数字を割って平均化する思考に偏ってしまっているかを実感しますね。
03eq_09

03eq_10

319日の光の体験ツアーは 2名様をご案内。20日は 5名様で、便乗者11名、個別のツアーで19名様をご案内しました。すでにガイドブックを手にした方々もおられ嬉しい限りです。ウラの早見表を作ってクルクルまわして見せていただいたのも嬉しかったです。

03eq_11

午後はいずれの日も曇りがち。夕刻山へ沈む直前の太陽光が射し込む観測は19日、太陽位置はわかるものの、看板写真のような光を観ることはできませんでしたが、それに近い体験をしていただきました。次回この観測は秋分ですね。
03eq_12
03eq_13
 

今年のライトアップ予告です  
更新日:3月29日
まだいずれも硬いつぼみです! 
全国の桜開花予想はコチラ

🌸
金山巨石群のすぐそば 
八坂(はっさか)湖畔桜  2015年のブログはコチラ

下の画像(印刷物)に日にちの変更があります
<八坂湖畔桜のライトアップとバザーの期間>
◆ライトアップ18:30---21:30は 42日(日)~15日(土)

◆バザーは18:30---21:00は 47日(金)~12日(水)


🌸
筋骨めぐりで歩く桜並木
大船渡ダムの桜並木 

A4 金山さくらだより_2017
続きを読む

今日は311日、土曜日。

東北の大震災が発生したのは金曜日の午後であったのを思い出します。
来年は 
7年が経過し、再び金曜日に当たります。この 6年の間にも様々な思いを抱き幾度と巨石群を訪れた方々も多くおられたはずです。

さて今日の天候は快晴。風が強くまだまだ空気は冷たいけれど深呼吸が気持ちいい。深呼吸もこの先花粉が大量に飛ぶ時期になるので、今のうち。今日は帰りの車中で少し鼻がムズッとした程度ですが、杉のオレンジがタワワなのを見ると余計にむムズムズしてしまいます。

それはともかく

今日の観測は測定石スポット光。959分。
0311_05
0311_02

ちなみに227日と28日は下の通り。いずれも10:00頃。
0311_03

写真奥の方角が北になります。日ごと光の位置が手前に来るのは、太陽高度が上がったことを示します(今の時期だと、1日ごとに0.5度弱上がっています)。それは上の2枚の写真で示すように、光がb石(光が当たっている先端の尖った石)を通過するときの位置で知ることができます(光の移動は1日で約4cmもあります)。

ガイドブックの 67ページを見てください。
0311_01

この時期、特別な観測会は開催していませんが、今が岩蔭遺跡巨石群内の一番見ごたえのある太陽スポット光観測の時期です。射し込む光が測定石bの先端から下のラインまで日ごと移動する日数は9日間。今日311日はその期間を過ぎ、測定石abcで作られる謎の三角形の隙間へ光が射し込む時期です。

金山暦の128年サイクルの謎を解くカギが、この隙間奥に隠れている可能性がありますが、現在は県教委により埋め戻されてしまっているためそのカギを確認できずにいます。もしそのカギが見つかれば、金山巨石群において古代人の閏年観測に関する物的な証拠が見つかることになります。大陸から輸入された太陰太陽暦が日本の暦の原点ではなく、この国独自の太陽暦が存在していたことを裏付けることになるのですが、なぜか否定したがる人たちによってその行為を阻止されているのが現状です。しかしながら金山巨石群は物的証拠に頼ることなく、巨石構造そのものが、太陽周期を知るための数値と一致し、その方法は、古代エジプト遺跡との共通性からも証明できます。このことは意義深く、これこそがまさに考古天文学と言える部分ですが日本ではまだ反応が鈍い。少なくともドイツやフランスでも金山巨石群のような新たな調べが進行しているにもかかわらず

0311_06
10時20分。

今日のスポット光見学者は、仕事が休みで訪れたという中国の方々4名と、その他日本人の家族が数組。家族(30代女性)のつぶやきの中に「 1年という感覚もない時代に?」今日は聞かなかったことにしました。その旦那サマは「ゼンゼン意外とスゲーとこじゃん」 …。

この先、春分(3/20)頃までのスポット光は日ごと小さくなり、一筋の光のシーズンになります。
春から夏へ、山菜収穫の時期へ移動していきます。

春分の観測会は 318日(土)から 20日(月祝日)までの 3日間。
午前
 9時から午後 5まで

ガイドツアー「光の体験ツアー」も開催中(参加者募集中)!
お待ちしています!

2017年 1月16日→19日→22日→26日

1月16日(月)
今年のお正月は暖かく晴天続きでしたが、やはり降りましたね、雪。 2日前に積もり、今日は3日目。そろそろ行かないとガチガチに凍ってしまうので雪かきに出かけました。 
20170106_01
ここは祖師野(そしの)。雪が積もった山々はいつ見ても美しい!
20170106_02
ここは乙原(おっぱら)。縄文集落エリアです。
冬の太陽光が日中を通して降り注ぐ開かれたエリアです。
このダム湖の対面は 八坂(はっさか)湖畔桜 のある集落です。。
20170106_03
お気に入りの景色に足を止めて。新緑との対比が、これもまた美しいです。
モノクロームの世界。

20170106_04
巨石群に到着。ですが入り口が雪でふさがっていたので、半分だけ掻いて下りてきました。
20170106_05
今日は車道の左端の駐車スペースを雪かき。 2時間弱で 4台ほどの駐車スペース確保!
こんな日でも見学者はありましたね。明日以降は巨石群の遊歩道も。

20170106_06
見学する場合は、雪道を了承の上お越しください。道が凍っている箇所もあるかもしれませんのでくれぐれもご注意を! 雪かきも大歓迎です!

1月19日(水) 晴れ
17日、18日、今日19日も快晴です。
巨石群前の道路に、よく陽が当たる午後に出かけました。

20170119_01
岩屋岩蔭遺跡の巨石群はさすがに冬期の光が日中を通して当たる巨石群なので、見事に融けていつも通りに。
20170119_02
20170119_03
線刻石のある巨石群のほうも、幾分融けたようです。
20170119_04
遊歩道も陽当たりがいいので、ありがたい…。
20170119_05
20170119_06
今日も 2時間弱汗をかき腰が痛み始めたので終了。
タイヤで踏みしめてある場所は凍りついていて、雪掻きがやりにくい。
それでも、掻ける部分だけでもやっておくだけで、1週間先ぜんぜん違いますね。
雪の日は誰も来ないでしょ、と思うかもしれませんが、今日もこの間 2組のお客様が来ています。

20170119_07
帰る頃には、巨石間へ冬期の沈む太陽光が。午後 4時すぎ。

この沈む光の観測はあと 1か月です。
ここで沈む光が観られなくなると、冬期が終了し、春の訪れを知るわけですね。

1月22日(日) 晴れ
20170122_1
20170122_2
今日もこのエリアの雪をなくすため、80分ほどの雪かき。
この先はガリガリ。
20170122_3
20170122_4
陽当たりのよい岩屋岩蔭遺跡巨石群はこの通り。
20170122_5
20170122_6
線刻石のある巨石群はまだ残っています。
20170122_7

1月26日(木) 晴れ
20170126_1
20170126_2
線刻石のある巨石群のほうももう見学に支障はなさそうですね。
20170126_3
この辺りはほぼ融けました。
20170126_4
下へ降りるとまだこんな感じです。今日は1時間ほどの雪かき。氷を割りながら除雪するのはとても疲れました。

ここもそうですが、県道86号の一部も日陰で凍っている部分はツルツルですので、巨石群へお越しの際は充分ご注意ください。



 

↑このページのトップヘ