HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

太陽とともに生きた縄文人たちの巨石カレンダー「金山巨石群」 と昭和の懐かしい風景がよみがえる「筋骨めぐり」 を紹介します

カテゴリ: 筋骨めぐり

昨年、2020年 3月まで、クラブツーリズムの観光客でほぼ毎日賑わっていた飛騨街道金山宿の筋骨界隈。2008年頃から、金山の新たな観光資源として企画を練ってきた「筋骨めぐり」。ようやく団体客が軌道に乗りかかったところでしたが、4月以降の新型コロナ感染拡大により、元の静けさに。しかしその分、団体客に変わりフリーのお客さんがのんびりとマップ片手に筋骨を楽しむ姿が見られるようになりました。ガイドさんはひと休みといったところ。

そんな中、飛騨金山の観光スポット「金山巨石群」と「筋骨めぐり」のセットツアー『光の体験ツアー』を、外国人向けに準備を進める 金山巨石群リサーチセンター がこの春、英語版の筋骨マップを作成させました。再び観光事業が動き出す準備段階としての完成です。リサーチセンターでは専属の通訳者によるモニターツアーも行っています。2021年 4月現在、まだ出番はなさそうですが、WEB等で先行告知を行っていきます。

筋骨マップ英語版は 日本語版(B4サイズ)と違って 縦21cm×横10cmのリーフレット(A4,1/3/観音折)。

是非ご活用ください。マップのお取り寄せは以下まで。

・金山巨石群リサーチセンター TEL.0576-20-4118
・金山町観光協会       TEL.080-3637-2201


【表紙の外側紙面】 PDFはこちら
01


【中面紙面】 PDFはこちら
02


これまで 本町商店街で開催されていた 金山町商工会主催の 軽トラ市 が、2019年 3月から飛騨街道金山宿  泉町から稲場町まで移動しました。筋骨めぐりのメイン街道での開催です。

2019年 3月 2日(土)
0302_1
0302_3
0302_2
0302_4
0302_5
0302_6

2019年 8月25日(日)
2回目ということで、多くのトラックが出店していました。
0825_01
0825_02
旧大岩洋服店の前。
0825_03
0825_05
0825_04
0825_060825_09
0825_08
0825_12
0825_13
0825_10
0825_11
0825_14
↑「古もん屋」の前。その向い右奥が「昭和の銭湯」↓です。
0825_15
0825_16
0825_17
現在はお客さん、まだ地元金山の人たちが多いですが、金山以外からも来ていただけるようになればいいですね。

朝市の時間は、朝 9時から12時までですが、実際には12時には余韻なく、ほぼ全店片付けが終わって元の静かな街道に戻っています…。



金山町観光協会 および 筋骨ガイドの会による
筋骨めぐり・観光まちづくり構想

おもなエリアは飛騨街道金山宿、泉町から稲場町にかけての約80m
2021_01

2017年 6月 
金山町観光協会(会長:髙木千宏氏)では、内閣官房  歴史的資源を活用した観光まちづくり連携推進室 へ、飛騨街道金山宿の筋骨めぐりを軸とした古民家、空き家を活用した観光まちづくりの相談をしました。副会長、小林由来氏が申請書を提出。

2017年 7月
20170724
翌月、観光庁より 3名、国土交通省 中部地方整備局より 2名、(一社)全国古民家再生協会の事務局長・井上幸一氏らに、飛騨街道金山宿の筋骨界隈を視察いただきました。

2017年 8月~2018年 6月
20170810
その後 8月10日、23日、26日、
10月13日、11月18日、2018年 6月13日に会議を重ねてきました。
具体的な空き家利用の構想一例は以下のとおりです。
筋骨エリア具体案 20171118改訂

2018年 7月
7月 8日未明、飛騨街道金山宿の筋骨周辺に集中豪雨が襲いました。1時間に108ミリという驚異的な豪雨は、筋骨沿い長洞谷の氾濫をまねき、大きなダメージを受けました。
0709_04_0
筋骨のメイン道にある空き地は、民家で囲まれた地下空間。車の通行がない安全な場所であるため、子供たちからお年寄りまで安心して楽しめる交流広場をつくり、遊び場や休憩所をつくる構想を立てていました。しかしこの空間は洪水で浸水、必ずしも安全な場所ではなくなりました。

豪雨の被害を受け、9月には旅館「福寿美 ふくずみ」が閉館

2019年 1月
3 sites
豪雨災害の復旧後、観光まちづくり構想 80mエリアを含む飛騨街道沿いの店舗が、リニューアルオープン。まずは福寿美さんのスナック童夢が「DOUMU」として飲食店(夜間のみ)に、老舗和菓子屋「みつや」さんもリニューアルされました。
 ⋙詳しくはこちら

新規オープンは、80mエリア内の 空き家① がギャラリーに改装されました。こちらは外国人観光客の受け入れを強化している金山巨石群の資料館でもあり、アンテナショップも兼ねた「金山巨石群リサーチセンター&GALLERY」です。  ⋙詳しくはこちら

空き家⑧ には「古もん屋」がオープン。昭和のレトロな家具や道具をリサイクルし販売する店です(常時店員がいないため、予約制もしくは電話でご連絡が必要です)。
⋙店内というか室内はこちら

2019年 3月
前年豪雨の被害で浸水した空き地の活用は、「きんこつファーム」として一新。筋骨ガイドの岡戸さん指導の農園ができました。
きんこつファーム
左写真は区画と土造り。 3月 8日、この日は筋骨ガイドの岡戸氏、池戸氏、辻井氏、小林氏で作業の様子。右は 6月24日トマト、キュウリ、ナス、オクラなどの夏野菜が少しずつ育ってきたころです。

2019年 10月
筋骨マップもリニューアル。
筋骨マップ 2019_オモテ筋骨マップ 2019_ウラ

10月15日、筋骨めぐりエリア内の国道41号線沿いには、スイーツショップ(洋菓子店)の ENJYU さんがオープン。こちら

筋骨ガイドの辻井邦雄氏制作の「切り絵ギャラリー」もオープンしました。筋骨めぐりの人気スポットが切り絵で鑑賞でき、ポストカードも販売しています。
gallery_kirie
記事/岐阜新聞 2019.11.27
記事/広報げろ 2020年 4月号

2019年 11月
ooiwa
空き家③ の元大岩洋服店を、観光協会で簡易改装し、今回は白川町の女性がリサイクルストアを開店。無料で貸し出し、2年ごとに見直しをします。こちら

金山町商工会では、2019年 3月 2日と 8月25日、飛騨街道 80mエリアで、軽トラ市 を開催しました。それまでは街道筋の北、本町で開催していましたが、場所を筋骨周辺に移し、空き家を利用。

sentou
筋骨めぐりで人気の
「昭和の銭湯」の雨漏りも工事も終了しました。

2019年は、クラブツーリズム関東の団体客が、金山の観光スポット 筋骨めぐり-金山巨石群 を年間を通しほぼ毎日楽しみました。その影響は年間の観光客数にでています。
筋骨めぐり来訪者数2021

筋骨めぐりの周遊エリア内にオープンした 金山巨石群リサーチセンター&GALLERY は、1月から12月までの間に、8569名の入場者がありました。筋骨めぐりの次に行く 金山巨石群の概要を、調査員からセンターで聞き、現地へ赴き自由見学という流れです。添乗員さんがとても助かっているようで、年間を通し人気のコースになっているようです。
kmrc

2020年
全世界中で拡大している新型コロナウィルスの影響でふたたび静かな飛騨街道金山宿となっています。フリー客は度々見られました。

koushido
なとり天ぷら店が閉店となり、玄関先が 3軒ベニヤ板で覆われていた部分は、筋骨ガイドの会で格子戸に景観を整えました。空き家利用についてはこれからというところです。

2021年
金山町観光協会では、さまざまな影響を考慮し、そして新しい令和の時代に即した創造的なまちづくり構想を、団体客のみならずフリーの個人客のお客様の満足度を高める内容で、引きつづき考案しているところです。

◆金山町観光協会WEBSITE
◆筋骨めぐり・筋骨ガイドの会 

2021年 8月16日 更新

<下呂市観光課企画>
下呂であそぼう キャンペーン実施中! 最大50%OFF

対象期間:2021年 4月 1日~9月30日 
受付は 8月15日で終了しました。
8月16日以降のご予約は、通常料金に戻ります。

➤2020年 5月11日から 6月20日までは対象外(終了)
 対象者:岐阜県・愛知県・三重県在住の方のみ
➤2020年10月 1日~2021年 3月31日まで(終了)
2021年 2月の岐阜県緊急事態宣言延長により、1月 9日から 3月 7日までは飛騨地域の方のみが対象、3月31日までは 岐阜県在住の方のみ対象となりましたので、ご了承ください。


詳しくはこちら


【金山地区対象ツアー】
★筋骨めぐり <主催:金山町観光協会>
①10:30~12:00
②13:00~14:30
③14:30~16:00
集合場所:JR飛騨金山駅 または ドライブイン飛山 

・ 1グループ 6名様まで
   2,000円 → 1,000円
・ 7名様以上        おひとり 300円 →    200円

この機会にぜひご利用ください!

『広報げろ』2020年 4月号  No.194 の裏表紙 Focus -Vol.13-  に、筋骨ガイド・辻井さんの切り絵ギャラリーが紹介されました。

ぜひ立ち寄ってみてください。


筋骨マップはこちらから。

昨年11月の、岐阜新聞掲載の記事はこちら。


切り絵ギャラリーFocus



↑このページのトップヘ