HIDA KANAYAMA 金山巨石群と筋骨めぐりのスタッフブログ

≪岐阜県下呂市 金山町≫ 縄文時代から機能している太陽カレンダー 「金山巨石群」 と飛騨街道金山宿に張りめぐらされた 「筋骨めぐり」 を紹介します

カテゴリ: 筋骨めぐり

『広報げろ』2020年 4月号  No.194 の裏表紙 Focus -Vol.13-  に、筋骨ガイド・辻井さんの切り絵ギャラリーが紹介されました。

ぜひ立ち寄ってみてください。


筋骨マップはこちらから。

昨年11月の、岐阜新聞掲載の記事はこちら。


切り絵ギャラリーFocus



2019年11月27日付 岐阜新聞(くらし)

新しい筋骨マップに登場する 切り絵ギャラリー
ここは以前、辻井レコード店 として知られていたところ。閉店に伴い空き店舗となっていましたが、数年前から店主、辻井さんの切り絵の作品が着々と増えつづけ、今では筋骨めぐりの立ち寄りスポットのひとつに加わりました。岐阜新聞の掲載記事です。
マップ_辻井さん
切り絵ギャラリー

筋骨めぐりで歩く飛騨街道、空き家街となってしまいましたが、そこを活用して店づくりを促そうと、夏から「入店者募集中!」の張り紙を。
016


017
今年の金山町商工会のまちゼミの中で、空き店舗で筋骨ガイド養成講座を行いました。先日11月17日、参加された女性がこの空き店舗でフリーマーケットを始めました。ガイドではなく店に興味を持たれて…。観光協会が家主から借りている店舗で、昔は「大岩洋服店」。いまでも看板が掲げてあります。改装には至っていませんが、1階部分だけに少し手を入れて…。
011
場所は筋骨めぐりで歩く飛騨街道。おととしまで名取のコロッケ屋さんがあったすぐ右隣です。3軒となりには、今年オープンした 金山巨石群リサーチセンター&GALLERY (写真下の右端水色のドア)があります。
012

大岩洋服店のすぐ右には筋骨があり裏の地下空間へ行くことができます。青い人がみえます。
013
この日は奥飛騨酒造の蔵開きイベント、名鉄ハイキング、クラブツーリズム、読売旅行の団体客や個人客で筋骨は観光地らしい人の流れとなりました。さっそく開店の店をのぞくお客さんも多くありました。
014
まだこれは初日の商品群で、日ごとに商品が増えていきました。このあと 5日間は天気も良くオープン。いつも開店しているわけではありませんが、商品販売の委託することもできます。まずは興味のあります方、覗きにきてください。閉店していても観光協会に連絡いただくと中をご覧いただけます。詳しくは金山町観光協会まで(080-3637-2201)。
015

10月16日(水)にオープンした お菓子のEnjyu さん。地元ではそれまで『縁樹(えんじゅ)』の名でシュークリームなどの移動販売店として知られていました。「巨石シュークリーム」と金山らしく命名された、見た目ごっついシュークリームがウリでした。どっしりと生クリームとカスタードクリームがミックスされています。新しい 筋骨マップ にも載っていますね。
マップ_縁樹さん

10時からオープンです。(月休)

国道41号線沿いなので、すでにご存じの方も多いと思います。
これはオープン当日の写真。行列が続くので今日は諦めて…。
昼には完売。

21

22
23
施工は金山の広瀬林業さんです。
24
25

「巨石シュークリーム」は抹茶とチョコクリームが新たに登場。日によって、季節によって商品が入れかわることもあります。
26

翌日開店と同時に入ったつもりが、筋骨ガイドさんの佐古さんが先に。メニューを見ながら電話で話していました。この日も完売。この後 1カ月の間も完売が続きました。
27

閉店が続く金山のまちですが、本当にうれしいですね。
筋骨めぐりでも多くのお客さんで賑わう店になってほしいと思います。


飛騨金山へお越しの際は、ぜひ Enjyu へお立ち寄りください!
28

2019年11月24日
境橋(さかいはし)公園
下の写真は、馬瀬川と飛騨川の境にある「さかいはし公園」。
川のすぐそばまで近づくことができます。公園のモミジがちょうど紅葉しています。ちょっと休憩するには静かで開放的な場所です。

01
02
03
04
05

飛騨と美濃を分ける境の橋、「境橋」の飛騨側にある「子守地蔵尊」。
マップ にも載っていますね。紅葉したイチョウの右側にある木が「パワースポットのケヤキ」です。左側にもケヤキの木がありますが、パワーが弱いそうですね。比べてみてください。

06


鎮守山(ちんじゅさん)
こちらも見頃を迎えています。
右側の空き地は駐車場としても利用できます。2台のみ。

31
32
33
34

冬の花ワラビが階段沿いに増えてきました。
35

37

ピラカンサスの実。筋骨めぐり始めた当初はまだありませんでした。
38

鎮守山観音堂。
40

しばらく来ないうちに、看板が新しくなっていました。
39

両面宿儺の石像。
42
41
そういえば今、東京と大阪で 劇団カムカムミニキーナの『両面睨み節』が公演されています。この両面(りゃんめん)は両面宿儺のこと。劇団員の方々は今年夏に飛騨金山を訪れています。金山巨石群に行き、リサーチセンターにも立ち寄りました。その際に鎮守山の両面宿儺伝説のことを話したのを覚えています。ストーリーには巨石群も登場するそうです。今日で東京公演は終了しましたが、次は大阪公演があります。来年にはDVDが手に入ります。


筋骨マップ に今年新しく載っている「古いもん屋」。
鎮守山へ行くときに通りかかりましたのでついでに。通常はカギがかかっていますが、近くの筋骨ガイドさんのご自宅に連絡すれば、中を見ることができます。

43
44
昭和に活躍した生活用品や家具・道具などが集まり、販売をしています。いわゆるいらなくなったものですが、まだ使えるものもたくさんあります。持ちこみも可能です。
50
51
52
53




↑このページのトップヘ