追記:2015年 4月 9日(木) 5~8分咲き

ライトアップは 411日(土) と 12日(日) の2日間です。

午前1030分、くもり時々晴れ。先日の冷たい空気も、今日は暖かく過ごしやすい気候に戻りました。今日の 嶽見桜 状況です。 

TAKEMI_2015_49_01

金山町 関市 の境にある県道58 袋坂トンネル の上に見える嶽見桜。上の写真右に見える 星谷荘 の看板前の入り口を車で入ります。以前は入口にピンクの目立つ旗があったので、初めての人でも入りやすかったのですが…

TAKEMI_2015_49_02
下から遠く眺めると満開に見えますが、上まで行くと満開はまだこれから。
TAKEMI_2015_49_03
TAKEMI_2015_49_04

樹のそばまで行くと樹の上部は咲いていますが、中間はこんな感じ。

TAKEMI_2015_49_05

手の届く辺りはまだつぼみです。ちょうど次の土・日あたりのライトアップには見頃を迎えそうです。

TAKEMI_2015_49_06

今日は大きく雲がかかっていて、御嶽山は見ることができませんでした。
時々雪のかかった山頂が雲の切れ間からキラキラと輝いて見えた程度。

 

嶽見桜の満開のシーズンはまだこれから。
今年も静かな森に佇む夜桜をご覧ください!

 

 

4月4日(土)現在 まだつぼみ~咲き始め

嶽見桜(たけみさくら)
は飛騨金山から 県道58号、関・金山線「こぶし街道」 を美濃方面へ車で走ると、袋坂トンネル の手前の右手遠くに見つけることができます。開花の時期にはピンク色の旗が並ぶので、誰の目にも留まることでしょう。(以下写真はすべて以前のものを使用しています)

kanayamasakura_takemi01
 
近くまで行くには昔の山道があり、駐車場も完備されているので車で上まで行くことができます。
kanayamasakura_takemi02
kanayamasakura_takemi00

車はこの位置で駐車します。
kanayamasakura_takemi03
 
あとは階段を歩いて上まで登ります。

kanayamasakura_takemi04

嶽見桜 は平成18年(2006年)下呂市の文化財(天然記念物)に指定された江戸ヒガン桜。樹の高さは約22m、幹の周囲は目通り4.6mで、樹齢300年と言われています。ソメイヨシノより花びらが小さく、ピンク色が濃いのが特徴です。

kanayamasakura_takemi05 

北の正面に御嶽山が見えることから 「嶽見桜」 と命名。(写真は2013年)
kanayamasakura_takemi06

現在私たちは下の 県道58、関・金山線(こぶし街道) を車で通行していますが、県道ができるまではこの 袋坂峠 の山道が利用されていました。大正時代初期には荷馬車で賑わい、峠の入り口には「見付屋」という茶屋があったそうです。当時もここから 御嶽山 を眺めながら一服していたのでしょうか。

kanayamasakura_takemi08
kanayamasakura_takemi07

桜満開の土曜日と日曜日。今年はまだ決定していませんが、ライトアップと出店があります。
411日と12日 または 18日と19日 を予定しています。
ここも 八坂湖畔桜 と同じようにライトアップが始まって、10年も経っていません。2006年に文化財となり、地元 菅田 の方々 「峠の桜を守る会」 の手によって管理・運営されています。
kanayamasakura_takemi09kanayamasakura_takemi010
kanayamasakura_takemi11

ライトアップは午後6時から930分まで。

この写真はライトアップ初期の頃で、丸い提灯が階段にぶら下がっているのが分かります。
kanayamasakura_takemi12

大船渡ダムの桜金山橋の桜八坂湖畔桜 よりも少しだけ遅く咲く 袋坂峠の江戸ヒガン桜。
他とはまたひと味違う景観をなす「
嶽見桜」を観賞しに、今年も出かけてみませんか?
 

≪嶽見桜 満開のめやす≫ 2015年 全国の桜開花予想(日本気象協会)

2010年4月11日頃

2011年……4月16日頃

2012年……4月24日頃 
2013,14年…4月13日頃  

(HP担当TS)