【2018年 10月27日 更新】
昨年に続き、今年は10月 7日(日)に開催された『竹あかりアート第2弾』。
山内克支氏渾身のパワーみなぎるこのアートイベントは、心暖かくも熱い思いが伝わってきます。
20181007_01
20181007_02
20181007_0420181007_20

滝をイメージしたという作品。
下の 2枚目と3枚目の写真でそのイメージがわかりますね。

20181007_03
20181007_0520181007_22

こちらは今年初のピラミッド型。根気に輪切り続け、組み立てにもバランスをとるのに苦労したといいます。アイデアがおもしろいです。
20181007_06
20181007_07

今年は家族連れが多く訪れました。こちらも今年初の影絵コーナーで子どもたちは大はしゃぎ。時代は変わっても、今も昔も子どもの興味は同じですね。この演出はまたどこかで見たくなります。
20181007_08
20181007_09
20181007_10
20181007_11
20181007_12

飛騨街道 金山宿の「筋骨めぐり」でもこのアートイベントやりたいですね~。
20181007_13
20181007_14
光源の異なる空間に「かぐや姫」。
20181007_21

たまにはこんな光を見る時間を持ちたいものです。
20181007_15
20181007_16
20181007_17
20181007_18
20181007_19

20181007_yamauchi
金山町観光協会の理事を務める山内克支さん。夏まつりの黄金姫パレードの屋台制作・運営にも携わっています。このキャンドルアートイベントは、いまだ個人単位の少人数で運営され、継続は困難と山内さんはいいます。

現在、飛騨街道沿いの空き家を「筋骨めぐり」のお客さんを対象とした観光まちづくりが、「筋骨ガイドの会」「金山町観光協会」「金山町商工会」を中心に行われていますが、ぜひこれらの組織体で継続を引き受けていきたいものです。

素晴らしいアイデアとその行動力は、飛騨金山の観光まちづくりに大きな影響を与えています。他の地域でも「竹あかりアート」は既に開催されていますから、飛騨金山独自のアートイベントを定着させるべく、アイデアを練っていければと思います。

山内さん、スタッフの皆さま、今回も大変お疲れさまでした。
そしてこれからも、共によろしくお願いします!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【2018年 9月28日 更新】開催日を10月7日に延期しました

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

予告【岐阜新聞】2018年10月 3日 
7日にキャンドルアートイベント 下呂市金山町

2017年はクリスマス・イブに開催した初のキャンドルイルミネーション。

前回の様子はこちら

今年も “竹灯りの会” 会長の山内克支氏のプロデュースによる第 2弾のキャンドルイルミネーションが開催されます。   (ご案内チラシPDF)
bamboo_2018
日時:2018年 9月29日(土)18:00~
日時:2018年 10月 7日(日)18:00~
※雨天の場合、10月20日(土)に延期
場所:大船渡ダム下流 左岸駐車場内(休憩所)
      お子様にはお菓子・ドリンクをご用意しています。
主催:飛騨金山 竹灯りの会
協力:大船渡ダムの桜を育てよう会

竹あかりアート会場
会場は Google Map にも掲載しています。
「下呂市金山町大船渡  竹あかりアート会場」で検索!
 

今年は13:00~15:00まで、竹あかりのランプシェードをつくる
ワークショップも開催されます。親子で参加できます。参加者限定10名様!お申込みはお早めに。
【お申し込み予約】090-3303-3655 山内まで