雨のコブシ




















今日はひどい雨です。それでもリーベを連れて散歩に出ました。先日のハクモクレンの後、コブシはないかと散策すると南坂にコブシがありました。エリスマン邸の信号から北方小学校に下がる道で、右手はかつてセントジョゼフカレッジがあったところで、今はコルティーレというマンションになっています。その前の90番のお宅の庭に小さいですがコブシを見つけました。地面から一本で立つ樹形、モクレンより小さい花、花の下の緑色の若葉、間違いなくコブシです。モクレンの気品に対し、親しみやすさがあります。

私が他で見た印象的なコブシは根岸森林公園の中央芝生部分に立つ大きなコブシです。木に名札がついているので親切だなと思った記憶があります。実に拳(こぶし)のように凹凸があるところからの命名のようですが、私には拳というよりはなにか芋虫か蛾の卵のように見え、グロテスクな感じがしました。

下は2−3日前の外人墓地の正門右のハクモクレンです。フックラして思わず手に取りたくなるような色気がありますね。


ハクモクレン


























夕方、晴れてから散歩に出ると外人墓地の正門の中のコブシが満開でした。今日は天気の変化が激しい日でした。

外人墓地のコブシ