ハクモクレン



















この季節どうしてもハクモクレンに目が行ってしまいます。枝からふっくらと直立する柔らかな白はたまらないですね。ふと俳句が頭に浮かびました。
  
「モクレンや 吉永小百合の 香りする」

うーーん、なんか川柳くさいけど、ぎりぎり俳句の形式と格式は保っているような気がする??。吉永小百合の香りは嗅いだことありませんが・・・。しかし、名前にもうひとつ花が入っているなぁ。くどいか。まあいい、どこにも投稿するわけじゃないから。何でも考えすぎるとよくない。パッと頭に浮かんだものがいいんだ。

というわけで、はじめて自作の俳句(狂歌?)を披露しました。