大仏次郎記念館のケヤキ



















ケヤキの知名度はかなり高いと思いますが、このブログ初登場です。すんなりと縦に伸びる樹形、がっちりと太い幹、それでいてゴツゴツしない滑らかな樹皮。男性的ですね。スポーツ選手のようです。ケヤキの語源は「けやけき(きわだった)木」だそうです。長いケヤキ並木などを歩くと身が引き締まります。山手でもあちこちに見られますが、並木はないようです。

ここ大仏次郎記念館の周辺には何本かのケヤキがありますが、新芽の出る時期はずいぶん木によってずれています。この写真の手前の木はまだ芽が出ず、奥の木はもうかなり新緑になっています。

ニレ科ケヤキ属

ケヤキの新緑