元町公園のユリノキ
























明け方はひどい雨でした。午前中は小ぶりになったので元町公園を散歩しました。雨の日はシイの木の新芽やミズキの花の蒸れるような香りが湿気の中に充満して、森歩きの楽しみが倍化します。いつも見ているユリノキになにやら花のようなものが付いています。左は塗装発祥の記念塔です。

ユリノキの花


















ユリノキは概して背が高いので遠くからしか花の撮影ができません。上の写真が精一杯でした。帰ってからインターネットを見ると花の内部の写真がありました。 想像を超える美しさに驚きました。
http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt/kigi/yuri.htm

下の写真は葉の形です。チューリップに似ているのでチューリップツリーとか、半纏の形に似ているのでハンテンボクとか、いろいろ別名があるそうです。 
落葉高木 北アメリカ原産 モクレン科ユリノキ属
アオキの若葉も雨に濡れていつもより生き生きしていました。リーベも雨が好きです。

ユリノキの葉雨のアオキ







濡れたリーベ