打越のミズキ



















山手の西から唐沢に移る辺りが打越で、大きな橋が掛かっているので多くの人に知られているところです。ここの打越側にミズキの大木がありました。ミズキは山地では渓谷沿いの斜面に多い木ですが、大昔はこのあたりも峠道で水の流れがあったのではないでしょうか。

この道は石川町から山手へ上がる坂の中では最も傾斜が緩やかで、登りやすい道です。昔は市電が通っていたということからもその傾斜の緩やかさがわかります。坂の上がり口からすぐ左に共立学園へ向かう牛坂というのがありますが、こちらはきつい、きつい、いきなり頂点に達するような坂です。打越の坂のほうは上りきると山本町の商店街に通じていています。

橋の下から橋の下のレリーフ







この橋は横浜市指定歴史的建造物で昭和3年に築造されています。色はともかくとしてアーチ型の美しい橋ですね。しかし風格では鶴見の国道一号線にかかるめがね橋には完全に負けています。かなり高さがあるので石では無理だったのですかね。上の写真左、橋の下の白い建物は大韓基督教横浜教会。右は橋の下の築造レリーフ。