エノテラ



















外人墓地から港の見える丘公園に向かう通りの路傍にエノテラが咲いています。ヒルザキツキミソウとも呼ばれる北米南部原産の多年草。花色は白から薄いピンク色。マツヨイグサの仲間ですが、マツヨイグサが夕方から花開くのに対し、ヒルザキツキミソウは名前のごとく、昼間にも開花しています。

太宰治の有名な「富士には月見草がよく似合う(富嶽百景)」は黄色いマツヨイグサをさします。か弱いピンク色の花ですが、案外丈夫で長持ちしています。
アカバナ科エノテラ属

路傍のエノテラエノテラの咲く道







右欄のブログ内検索に木や花の名前を入力するとそれを掲載しているページがわかります。