濃いピンクのアジサイ



















アジサイの色は一般的に酸性土では青、アルカリ性だと赤くなるといわれています。リトマス試験紙と逆、と覚えておけばいいですね。日本は酸性土壌であったため、青い花が集まって咲くという意味の「アズ(集)サイ(藍)」が訛って「アジサイ」になったとの説があります。

しかし、同じ敷地で色とりどりのアジサイが咲いているのを見ると、土壌はもうあまり関係なく、それぞれの株の遺伝子のほうがはるかに効果的なのかと思います。歩いていると赤に近い色のアジサイ、藍色のアジサイ、など濃い色のアジサイにハッとします。なんか濃密な肥料でも吸っているのかな、と思います。淡い色が好きか、濃い色が好きか、好みが分かれるところですね。

濃いピンク近影紫色のガクアジサイ







珍しい形のガクアジサイブルーのガクアジサイ







上の珍しい形はスミダノハナビという品種、上野町に咲いていました。

ブルーのアジサイ