古い洋館とノウゼンカズラ



















古い洋館の玄関前にノウゼンカズラが梅雨空の中、鮮やかな黄橙色の花を咲かせていました。のうぜんかずら。「凌霄花」と書きます。難しい漢字ですね。読みも難しいですね。意味もよくわかりません。しかしなんとなく覚えやすい名前です。

つる性の落葉木で、中国原産。日本には平安時代から入っているそうです。気根を出して他の植物をはい上がる性質があります。以前、10メートル以上の大木の天辺まで這い登っているのを見たことがあります。

花は直径が6〜7僉い蹐Δ半。遠くからもよくわかる鮮やかな色は,夏の訪れを告げてくれます。

ノウゼンカズラ近影