八重のクチナシ



















フェリスの前にあるスチュワートプラザというマンションの庭にクチナシがたくさん咲いていました。甘ーい香りが漂っています。花の色は白、本来一重で5弁の花びらだそうですが、ここのは分厚い八重咲きで重厚な感じがします。葉は光沢があり、楕円形をしています。

クチナシとは実が熟しても割れないことから来ているそうです。 漢字では梔子、梔と書きます。学名:Gardenia jasminoides(ガーデニア)にジャスミンが入っているところを見るとやはり香りが良いことと関係あるようですね。

アカネ科クチナシ属

クチナシ近影開花前のクチナシ







♪いーまでは指輪も まーわるほど
 やせてーやつれた おまえのうわさ
 くちなしの花の 花のかおりが
 旅路のはてまで ついてくる
 くちなしの白い花
 おまえのような 花だった♪

渡哲也の「くちなしの花」は有名ですね。花そのものよりも知られているかもしれません。わたしもよくカラオケで歌いました。音域も狭く、スローなので初心者によく歌われるようです。作詞者は水木かおるですが、この人は 「アカシアの雨がやむとき」(西田佐知子)など多くのヒット曲を作詞しています。