初秋の森林公園


















山手の尾根伝い、南の突端が森林公園になります。横浜開港期には山手の居留地からこのあたりまで遊歩道が続いていて、外国人が馬で散策をしていました。

ここは明治時代は競馬場で、明治天皇も良く来られたそうです。有名なモーガンの設計によるメインスタンドも残っています。

中央広場は一面の芝生、広々としていて本当に気持ちのいいところです。休日には多くの人が来て、ボール遊びや犬と戯れたりしています。周回道路ではランニングの練習をする人もたくさんいます。中央右の一本の樹はミズキです。左のほうは欅やサクラですが、うっすらと紅葉が始まっています。

アブラスギアブラスギ説明







芝生広場にアブラスギという珍しい樹がありました。ほかではあんまり見たことがありません。詳しい説明版がありました。モミのような葉っぱです。

アブラスギの葉