白いレフア


















もうそろそろ山手の木や花に戻ろうと思うのですが、このところ植物は冬枯れで散歩をしても目につくものがありません。というわけでもう少しハワイの植物にお付き合いください。

フォスター植物園にかわいいフワフワの花が咲いていました。オヒア・レフアというハワイ語の花です。オヒアは木、レフアは花のことです。ハワイ固有の常緑種の灌木で、花に見えるものはオシベが集まって房状となったものです。赤やのほかに、黄色、白、ピンク、オレンジ色、薄黄緑があります。

赤いレフアレフアの名札







和名はハワイフトモモと言います。フトモモいっても太腿のことではなく、中国名の「蒲桃」に由来します。このブログで紹介したブラシの木がやはりフトモモ科です。花はブラシノキの方が大きいですが、様子はよく似ています。

ゴクラクチョウ


















こちらはよく洋風の生け花などに使われる極楽鳥花。花なのにきれいな鳥の頭の部分によく似ています。派手で、いかにも南国風の花です。絵や工芸品、ステンドグラス、アロハシャツなどいろいろな所にデザインされます。

ゴクラクチョウと葉ゴクラクチョウの名札







葉はバナナに似ています。
学名:Strelitzia recinae 英語名は Bird of Paradise、南アフリカ原産です。