ヒイラギモクセイ

三渓園の入口付近にヒイラギモクセイの大木があります。いわゆるヒイラギとギンモクセイの掛け合わせによってできた雑種です。民家の生け垣などではよく利用されますが、一本の木としては珍しいのではないかと思います。




 ヒイラギモクセイ近影<br>
木犀(もくせい)科。
学名 Osmanthus fortunei

常緑樹で冬も厚くかたい葉を茂らせています。葉の大きさはギンモクセイに似ています。葉の周辺がトゲになっているのはヒイラギに似ています。10月に香りの良い、白い花を開かせます。はっきりとした葉脈が目立ちます。