今年のスダジイ


















貝殻坂上の山手本通りです。去年2月のブログで紹介したスダジイですが、大きく枝が切られました。道路右側の木です。左は山手聖公会の塔です。下の写真と比較すると良くわかります。

去年のスダジイ


















スダジイの枝は大きく道路にはみ出していました。ゴジラの頭のように道路半分を覆っています。バスが通ると屋根に当たっていました。山手らしくていい風景だな、などと思っていました。

枝が切られてみると、さっぱりしたというか、予測されたとおりですが、ちょっぴり残念という気がします。

今年のスダジイ去年のスダジイ







山手聖公会側から見ると木が半分ぐらいになってしまったことが良くわかります。まあ、生えたところが悪かったとしか言いようがありませんが、痛々しい姿がかわいそうですね。

切られたスダジイスダジイの切り株







切り株の切断面には目立たないような透明な薬液が塗られているようです。スダジイ君、小さくなってしまいましたが、まだまだ山手の景観作りに役立っています。これからもがんばってくださいね。