80番館の廃墟とアケボノアセビ


















山手80番は関東大震災で倒壊した洋館の基礎部分をそのまま残した遺跡になっています。当時の洋館の様子やレンガ、タイルなどが展示されています。

この遺跡のエリスマン邸寄りにアケボノアセビが咲いていました(上の写真奥)。曙馬酔木はアセビの一種ですが、花がピンクから紅色です。

アケボノアセビアケボノアセビ近影







アセビは葉や茎にアセボトキシンという有毒成分が含まれていて、馬が食べると酒に酔ったようにふらふらになるといわれています。しかし実際は、馬や草食動物はこの葉を食べないそうです。

馬酔木咲く 金堂の扉に わが触れぬ
       
水原秋桜子(みずはら しゅうおうし)の句です。秋桜子は俳句誌「馬酔木」を主宰した昭和俳壇の大御所です。

ツツジ科アセビ属
学名:Pieris japonica f.rosea