桜とエリスマン邸


















ここエリスマン邸の前にある桜は1982年の今日、4月4日にドイツ・ハンブルグ桜の女王が元町に来たときの記念植樹です。樹齢26年になるということでしょうか。少しひょろひょろした感じですが、綺麗な花をつけています。

ハンブルグの桜の説明ハンブルグの桜







ハンブルグは大阪市と姉妹都市で、2年に1度、桜祭りが開催されています。桜の女王がハンブルグと日本の双方で選ばれ、互いの国を訪問するということをしているようです。

ワシントン、ハンブルグ、世界で日本の桜が親善使節になっていますね。