家栽の人
























珍しく5日連続の雨です。今日は本を紹介します。

親しい友人が、このブログを評して、コミック「家裁の人」を思い浮かべた、というので早速手に入れ、読んでみました。この漫画、知りませんでしたが、15年ぐらい前に評判になったものだそうです。とても面白いです。

裁判がらみの人間の縮図と植物の生態を絡み合わせたストーリーになっていて、毎回テーマになる植物が入れ替わって出てきます。事件は家庭裁判所で扱う人情物が多く、人間も植物も愛する主人公の桑田判事が、おっとりと解決してゆきます。この人柄がなかなか面白く、読ませます。

コミックは何十年ぶりでしょうか。悪くないですね。内容があるので読み応えがあります。

小学館1992年刊行 全13巻