蹴りの基本として重要なことは、軸足を落とす(膝を沈ませる)ことです。年少部の練習を見ていて、動きは良いのですがミットをジャンプしながら蹴っている場面をよく見かけます。私は最近このことをよく指摘して軸足を浮かさないように指導しています。初級者の間にこれを修正しておかないと間違った蹴りが身について、練習しても努力しても強くなれないという事を招く危険性があります。拳法でも空手でもこの基本は変わりません。特にカンフーのような中国武術の重心の低さは顕著なものです。先日の大会でも、軸足を落とさないで蹴っている選手は居ました。蹴りは当たっても効き目が薄いのはこの為です。我々の武道の基本とは形ではなく、重力に則して(万有引力の法則)その他の地球上に存在する理法(梃子の理、車の理、弾みの理等)に適った動きのことです。膝落も大変重要な基本ですが、勘違いをし易いので敢えて書いてみました。日々の練習の中で各自でチェックしてみてください。


                                          館長 石黒 剛士