同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩寡婦 曹丕(魏文帝) 魏詩<1-#1>古詩源 巻三 女性詩618 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1689 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩招揚之罦一首 韓愈 韓退之(韓愈)詩<98-#2>Ⅱ中唐詩531 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1690 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集”成都紀行(10)” 剣門 杜甫詩1000 <350>#2 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1691 杜甫1500- 522 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集元和聖徳詩 韓退之(韓愈)詩<80-#4>4/18 (12/19) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩『更漏子 五』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-19-2-#5 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1692 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の3部門ランキング)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex 
 謝靈運index謝靈運詩古詩index漢の無名氏  
孟浩然index孟浩然の詩韓愈詩index韓愈詩集
杜甫詩index杜甫詩 李商隠index李商隠詩
李白詩index 李白350首女性詩index女性詩人 
 上代・後漢・三国・晉南北朝・隋初唐・盛唐・中唐・晩唐北宋の詩人  
◎漢文委員会のHP http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/
                  http://kanbuniinkai7.dousetsu.com
                  http://kanbuniinkai8.dousetsu.com
                           http://3rd.geocities.jp/miz910yh/


『更漏子 五』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-19-2-#5  花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1692


5.更漏子 其五
背江樓,臨海月,城上角聲嗚咽。
漢江の畔にある樓閣に背を向けて、入り江からのぼる月を眺める女がいる。城郭の傍の軍営から羌笛の悲しい笛の音がすすり女の泣く声とともに聞こえる。
堤柳動,島煙昏,兩行征雁分。
大堤の柳も芽を吹き風に揺れる季節も変わり、向いの島に霞がかかる夕暮れ時に二列で飛んでいた雁が女と同じように別れて飛んでいる。
京口路,歸帆渡,正是芳菲欲度。
又春が来て京口の別れ道に女がいる、わたしは長安に帰る舟の渡し場に立つ、まさにこれでもって春の盛りに情交を重ねた女と別れて旅立つのだ。
銀燭盡,玉繩低,一聲村落雞。

そこに残した座敷に一人、銀燭台の蝋燭をつけたまま女が横たわる、輝くその蝋燭の芯はもうすでに短くなっている。いつしか夜明けを告げる鶏が一番の時を知らせてくる。
其の五
江樓を背にし,海月に臨む,城の上【ほと】り角聲【かくせい】嗚咽【めいいん】す。
堤の柳は動めき,島の煙【えん】は昏【くら】し,兩行して征雁は分かる。
京口の路,歸帆の渡,正に是れ芳菲【ほうひ】度らんと欲す。
銀燭 盡き,玉繩 低す,一聲するは村落の雞。

botan00

『更漏子』 (五) 現代語訳と訳註
(本文)

更漏子 (五)
背江樓,臨海月,城上角聲嗚咽。
堤柳動,島煙昏,兩行征雁分。
京口路,歸帆渡,正是芳菲欲度。
銀燭盡,玉繩低,一聲村落雞。


(下し文)
其の五
江樓を背にし,海月に臨む,城の上【ほと】り角聲【かくせい】嗚咽【めいいん】す。
堤の柳は動めき,島の煙【えん】は昏【くら】し,兩行して征雁は分かる。
京口の路,歸帆の渡,正に是れ芳菲【ほうひ】度らんと欲す。
銀燭 盡き,玉繩 低す,一聲するは村落の雞。


(現代語訳)
漢江の畔にある樓閣に背を向けて、入り江からのぼる月を眺める女がいる。城郭の傍の軍営から羌笛の悲しい笛の音がすすり女の泣く声とともに聞こえる。
大堤の柳も芽を吹き風に揺れる季節も変わり、向いの島に霞がかかる夕暮れ時に二列で飛んでいた雁が女と同じように別れて飛んでいる。
又春が来て京口の別れ道に女がいる、わたしは長安に帰る舟の渡し場に立つ、まさにこれでもって春の盛りに情交を重ねた女と別れて旅立つのだ。
そこに残した座敷に一人、銀燭台の蝋燭をつけたまま女が横たわる、輝くその蝋燭の芯はもうすでに短くなっている。いつしか夜明けを告げる鶏が一番の時を知らせてくる。


(訳注)
更漏子 (五) 双調 四十六字。換韻。
花間集卷一温庭筠 更漏子 其五。


背江樓,臨海月,城上角聲嗚咽。
漢江の畔にある樓閣に背を向けて、入り江からのぼる月を眺める女がいる。城郭の傍の軍営から羌笛の悲しい笛の音がすすり女の泣く声とともに聞こえる。
・背 背を向ける。隠す。名詞で背中。背負う。
・江樓 大江沿いの高楼男が帰って來るの待ち侘びる状景。
・海月 渡し場の入り江に上る月。
・城上 じょうかくのほとりにある塞。
角聲 角笛の音が響いてくる。軍営で用いる夜のときをしらせるもの。
・嗚咽 むせび泣く。すすり泣く。また、寂しく悲しい笛の音の形容。


堤柳動,島煙昏,兩行征雁分。
大堤の柳も芽を吹き風に揺れる季節も変わり、向いの島に霞がかかる夕暮れ時に二列で飛んでいた雁が女と同じように別れて飛んでいる。
堤柳動 柳が芽を吹き葉を茂らせ、風に揺れ動く春から夏をあらわす語である。
・島煙昏 この詩は温庭筠が襄陽にいた時の詩であろう。大堤から見える魚梁洲の事ではなかろうか。春の霞のかかった夕暮れ時のこと。
 嚢陽一帯00

兩行 二列で飛ぶ雁、時節が秋に変わる。
征雁分 雁が分かれ離れて飛ぶ。妓女が待ち侘びるその胸の内で男と別れた時の事を連想させる語である。襄陽は漢水と白水の別れの街。


京口路,歸帆渡,正是芳菲欲度。
又春が来て京口の別れ道に女がいる、わたしは長安に帰る舟の渡し場に立つ、まさにこれでもって春の盛りに情交を重ねた女と別れて旅立つのだ。
・京口 江蘇省丹徒県。南徐州晋陵郡丹徒県京口里。現、鎭江市。北岸の揚州、瓜州と船で結ばれた、旅路のターミナルの都市でもある。ここから長江を離れ徐州長安に向かう運河に入る別れの港町でもある。
・歸帆渡 長安に向かう帰り舟の渡し。
・芳菲 花や草。ここでは、春の情況をいうのであるが、この街の色町における遊びを意味するもの。


銀燭盡,玉繩低,一聲村落雞。
そこに残した座敷に一人、銀燭台の蝋燭をつけたまま女が横たわる、輝くその蝋燭の芯はもうすでに短くなっている。いつしか夜明けを告げる鶏が一番の時を知らせてくる。
玉繩 二つからなる星の名というが玉衡星は動かないので沈んでいかないし、低くならない。銀の燭台の蝋燭の芯が燃え尽きて低くなる方が分かり易い。