『南歌子七首』(一) 温庭筠
◆◆◆2012年12月26日紀頌之の5つの漢文ブログ◆◆◆

Ⅰ.李白と李白に影響を与えた詩集
古代中国の結婚感、女性感について述べる三国時代の三曹の一人、曹丕魏文帝の詩
至廣陵於馬上作 曹丕(魏文帝) 魏詩<8-#2>古詩源 巻五 女性詩629 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1733
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67765496.html

Ⅱ.中唐詩・晩唐詩
 唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
秋懐詩十一首(7) 韓愈 韓退之(韓愈)詩<107>Ⅱ中唐詩542 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1734
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6162341.html

Ⅲ.杜甫詩1000詩集
"●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 
●理想の地を求めて旅をする
●全詩1/3を掲載済。"
成都(1)浣花渓の草堂(4) 蕭八明府實處覓桃栽 杜甫 <355>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1735 杜甫詩 700- 533
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/archives/67764563.html

Ⅳ.漢詩・唐詩・宋詞詩詩集
元和聖徳詩 韓退之(韓愈)詩<80-#15> (12/30) http://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-583.html

Ⅴ.晩唐五代詞詩・宋詞詩
 森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”彼女の詩の先生として登場する 晩唐期の詩人 温庭筠(おんていいん)の作品を訳註解説する。
『南歌子七首』(一) 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-30-5-#8 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1736
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/archives/21534541.html


謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html
謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。

孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html
盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html
古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。

孟郊詩  http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html
「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。

李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






『南歌子七首』(一) 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-30-5-#8  花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1736


南歌子七首

(一)
手裏金鹦鹉,胸前繡鳳凰。偷眼暗形相。不如從嫁與,作鴛鴦。

(二)
似帶如絲柳,團酥握雪花。簾卷玉鈎斜。九衢塵欲暮,逐香車。

(三)
鬓垂低梳髻,連娟細掃眉。終日兩相思。爲君憔悴盡,百花時。
南歌子(四)
臉上金霞細,眉間翠钿深。倚枕覆鴛衾。隔簾莺百啭,感君心。

(五)
撲蕊添黃子,呵花滿翠鬟。鴛枕映屏山。月明三五夜,對芳顔。

(六)
轉盼如波眼,娉婷似柳腰。花裏暗相招,憶君腸欲斷,恨春宵。

(七)
懶拂鴛鴦枕,休縫翡翠裙。羅帳罷爐熏。近來心更切,爲思君。



南歌子(一)
手裏金鹦鹉,胸前繡鳳凰。
嫁ぐかもしれないそのひとの手の中には、黄金製の鸚鵡杯があり、衣服の胸元には、ホウオウの刺繍がしてあります。
偷眼暗形相。不如從嫁與,作鴛鴦。
わたしはこっそりとその人お顔と姿をうかがい見るのです。もう嫁いでいった方がいいかもしれない。きっと鴛鴦のような夫婦となります。 

南歌子
手の裏に金の鸚鵡,胸前に鳳凰を綉【ぬひと】る。
偸【ぬす】み眼【み】て暗【ひそ】かに 形相し,嫁ぐに 如【し】かず,鴛鴦と作【な】らん。

haqro02
現代語訳と訳註
(本文)
南歌子(一)
手裏金鹦鹉,胸前繡鳳凰。
偷眼暗形相。不如從嫁與,作鴛鴦。


(下し文)
手の裏に金の鸚鵡,胸前に鳳凰を綉【ぬひと】る。
偸【ぬす】み眼【み】て暗【ひそ】かに 形相し,嫁ぐに 如【し】かず,鴛鴦と作【な】らん。


(現代語訳)
嫁ぐかもしれないそのひとの手の中には、黄金製の鸚鵡杯があり、衣服の胸元には、ホウオウの刺繍がしてあります。
わたしはこっそりとその人お顔と姿をうかがい見るのです。もう嫁いでいった方がいいかもしれない。きっと鴛鴦のような夫婦となります。 


(訳注)
南歌子

『花間集』巻一にある。女性の目から見た好ましい男性の姿である。
唐教坊曲名。単調二十三字。唐以降の中国王朝における宮廷に仕える楽人や妓女たちに宮廷音楽を教習させるための機関をさす。楽曲や歌舞の習得を主な目的とするが、官妓にあたる妓女を統括する役割もあった。その後の王朝に引き継がれ、清代まで続いたが、雍正帝の時に廃止された。
『更漏子』『定西番』は宮廷で歌われたこの教坊曲である。


手裏金鹦鹉,胸前繡鳳凰。
嫁ぐかもしれないそのひとの手の中には、黄金製の鸚鵡杯があり、衣服の胸元には、ホウオウの刺繍がしてあります。
・手裏 手の中に。 
・金鸚鵡 杯。黄金製の酒器、「鸚鵡杯」のこと。李白の『襄陽歌』「落日欲沒峴山西。倒著接籬花下迷。襄陽小兒齊拍手。攔街爭唱白銅鞮。旁人借問笑何事。笑殺山翁醉似泥。鸕鶿杓。鸚鵡杯。百年三萬六千日。一日須傾三百杯。」
・胸前 衣服の前面に。
・綉 刺繍がしてある。縫いとりがしてある。 
 
偷眼暗形相。不如從嫁與,作鴛鴦。
わたしはこっそりとその人お顔と姿をうかがい見るのです。もう嫁いでいった方がいいかもしれない。きっと鴛鴦のような夫婦となります。 
・偸眼 盗み見る。 
・暗 ひそかに。こっそりと。 
・形相 みつもる。目算する。 人相。顔かたち。姿。ここは、前者、動詞の意。
・不如 もう…た方がいい。…に及ばない。しかず。 
・從嫁與 …に嫁ぐ。・從 …にしたがう。…につく。従軍、従父の従。 ・嫁 とつぐ。・與 …に。
・作 …となる。
・鴛鴦 鴛鴦の夫婦。