和人 魚玄機
咸宜観にはいって女遺士として暮らしていたころのある日、客のひとりが留守中にたずねてきて、詩を置いていった。これに封して、返した歌である。

2013年3月19日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩棄婦篇 曹植 魏詩<56-#2> 女性詩708 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2088
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原毀 韓愈(韓退之) <119-#4>Ⅱ中唐詩620 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2084
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集徐歩 杜甫 <429>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2090 杜甫詩1000-429-612/1500徐歩 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 24)
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集白石巌下径行田詩 謝霊運<18> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2091 (03/19)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性和人 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-109-44-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ209
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 


和人 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-109-44-#   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2092


卷804_37 【和人】魚玄機
咸宜観にはいって女遺士として暮らしていたころのある日、客のひとりが留守中にたずねてきて、詩を置いていった。これに封して、返した歌である。


和人
茫茫九陌無知己,暮去朝來典繡衣。
これだけ広い長安の大通り、長安の街で知己を通じて援助を受けようなどとは思いません。くる日もくる日も、毎日のように、着物を質に入れて、くらしています。
寶匣鏡昏蟬鬢亂,博山爐暖麝煙微。
美しい小箱に以前使っていた鏡を曇らせたままに収めております。前のように蟬髪にすることではなくてそのままおろして修行しております。「博山爐」で麝香をたまにたくだけで微かにその香を残すのです。
多情公子春留句,少思文君晝掩扉。
ご厚情にもあなた様はおいでくださいまして、わたくしの「春のきもち」を呼び戻す詩句を残してくれました。卓文君のように詩文で少し心が動きますが、今、お昼は修行での身ですから表の門も閉めたままにしております。
莫惜羊車頻列載,柳絲梅綻正芳菲。

修業の時はおいでくださいましても、なんの風情もございません。修行のない時、このわたくしを車にのせて、いっしょに郊外へ行楽しましょう。それでしたら何度でもお供いたします。柳も芽をふき、梅の花もほころび、草もよい香の花を咲かせているころには楽しみしております。
(和人)
茫茫たり 九陌に知己【ちき】無し,暮去【ぼきょ】朝來【ちょうらい】繡衣【しゅうい】を典す。
寶匣【ほうこう】鏡 昏うして蟬鬢【ぜんびん】亂れ,博山【はくざん】爐 暖こうして麝煙【じゃえん】微かなり。
多情の公子 春 句を留め,少思の文君 晝 扉を掩う。
惜しむこと莫れ羊車 頻りに列載するを,柳絲【りゅうし】梅綻【ばいたん】正に芳菲なり。


魚玄機888『和人』 現代語訳と訳註
(本文)
和人
茫茫九陌無知己,暮去朝來典繡衣。
寶匣鏡昏蟬鬢亂,博山爐暖麝煙微。
多情公子春留句,少思文君晝掩扉。
莫惜羊車頻列載,柳絲梅綻正芳菲。


(下し文)
(和人)
茫茫たり 九陌に知己【ちき】無し,暮去【ぼきょ】朝來【ちょうらい】繡衣【しゅうい】を典す。
寶匣【ほうこう】鏡 昏うして蟬鬢【ぜんびん】亂れ,博山【はくざん】爐 暖こうして麝煙【じゃえん】微かなり。
多情の公子 春 句を留め,少思の文君 晝 扉を掩う。
惜しむこと莫れ羊車 頻りに列載するを,柳絲【りゅうし】梅綻【ばいたん】正に芳菲なり。


(現代語訳)
これだけ広い長安の大通り、長安の街で知己を通じて援助を受けようなどとは思いません。くる日もくる日も、毎日のように、着物を質に入れて、くらしています。
美しい小箱に以前使っていた鏡を曇らせたままに収めております。前のように蟬髪にすることではなくてそのままおろして修行しております。「博山爐」で麝香をたまにたくだけで微かにその香を残すのです。
ご厚情にもあなた様はおいでくださいまして、わたくしの「春のきもち」を呼び戻す詩句を残してくれました。卓文君のように詩文で少し心が動きますが、今、お昼は修行での身ですから表の門も閉めたままにしております。
修業の時はおいでくださいましても、なんの風情もございません。修行のない時、このわたくしを車にのせて、いっしょに郊外へ行楽しましょう。それでしたら何度でもお供いたします。柳も芽をふき、梅の花もほころび、草もよい香の花を咲かせているころには楽しみしております。


(訳注)
和人
咸宜観にはいって女遺士として暮らしていたころのある日、客のひとりが留守中にたずねてきて、詩を置いていった。これに封して、返した歌である。
この詩も「漢詩大系15」P145-146の解釈はどうかしているとしか思えない。私の解釈と比較されたい。
意味深な語句は花街の女性であったから男に対して自分を縣そうしていうのであるからその後を使う。プライドの高い女性である。杜甫でも数が少ないのように七言律詩を詠っているのである。


茫茫九陌無知己,暮去朝來典繡衣。
長安城の図01これだけ広い長安の大通り、長安の街で知己を通じて援助を受けようなどとは思いません。くる日もくる日も、毎日のように、着物を質に入れて、くらしています。
茫茫 遠く広いさま。
・九陌 九陌はもともと南北に通じている田の畦みちをいったが、後には、都会の街もいうようになった。九陌は、漢の都の長安にあった九つの大道を指したが、これも転じて、ひろく都大路をいうことになった。ここでは唐の長安城においても南北の通りは九本である。 
・暮去朝来 くる日もくる日も、毎日のように。
・繍衣 ぬいとりのある着物。ここではたんに着物。
・典 衣類を入質すること。これは惨めな事と解釈するのは間違い。儒教、道教問わず、その日を楽しく過ごすことを矜持の事としていっているわけである。杜甫『曲江三章章五句2』『奉陪鄭駙馬韋曲二首其一』 杜甫  樂遊園歌  杜甫  



寶匣鏡昏蟬鬢亂,博山爐暖麝煙微。
美しい小箱に以前使っていた鏡を曇らせたままに収めております。前のように蟬髪にすることではなくてそのままおろして修行しております。「博山爐」で麝香をたまにたくだけで微かにその香を残すのです。
・寶匣 匣はハコ。宝は単に美しい意。
・昏 うす暗い。磨くのを怠っているから。
・蟬鬢 女の髪をゆった形が、蝉の羽のようだから畔蛍という。
・繍衣・宝匝撃、みな美しい語を使っただけで、上にかぶせた形容詞に深い比重はおいていない。詩語というものである。
・博山爐 仙山のかたちをした香炉のこと。
李白 「楊叛兒」
君歌楊叛兒、妾勸新豐酒。
何許最關人、烏啼白門柳。
烏啼隱楊花、君醉留妾家。
博山爐中沈香火、雙煙一氣凌紫霞。○博山香 「博山」という仙山のかたちをした香炉かんたんにいえは、山の形をした香炉である。博山は、山東省にある山の名。炉の形は山形をしているが、下の盤に湯を入れ、それに蒸されて、上にある香が煙になって昇るように仕掛けたものらしい。
・麝煙微 麝香の煙がわずかに立ちのぼっている。麝香は貴重高価なものであった。微の字に重点があり、たまにたくことでほのかに残している。修行において香は重要である。以前は客を迎えるために焚いたものと比較する。漢詩ブログについて、と李白36 楊叛兒と蘇東坡-蘇軾 ⑪江城子 密州出猟


多情公子春留句,少思文君晝掩扉。
ご厚情にもあなた様はおいでくださいまして、わたくしの「春のきもち」を呼び戻す詩句を残してくれました。卓文君のように詩文で少し心が動きますが、今、お昼は修行での身ですから表の門も閉めたままにしております。
・少思 思うことの少ない、自分を文署にたとえ、それに比べれば物思い、恋心の少ないといったもの。
・文君 蜀の司馬相如の妻であった卓文君。卓文君は司馬相如の詩文を見て司馬相如のもとに走った。自分をそれにたとえていう。


莫惜羊車頻列載,柳絲梅綻正芳菲。
修業の時はおいでくださいましても、なんの風情もございません。修行のない時、このわたくしを車にのせて、いっしょに郊外へ行楽しましょう。それでしたら何度でもお供いたします。柳も芽をふき、梅の花もほころび、草もよい香の花を咲かせているころには楽しみしております。
・羊車 羊にひかせる小型の車、控えめに言っている。
・列戴 ならんでのせること。道女がたくさんいて、どの車にも女を同伴してのせていること。
・柳絲 柳の枝が芽をふくこと。
・梅綻 梅の花がほころびること。
・芳菲 芳も菲も、ともにかんばしいことをいう。
李白『春日獨酌 二首 其一』
東風扇淑氣、水木榮春暉。
白日照綠草、落花散且飛。
孤雲還空山、眾鳥各已歸。
彼物皆有托、吾生獨無依。
對此石上月、長醉歌芳菲。
春日獨酌二首 其一  李白 104