江陵愁望寄子安 魚玄機
この詩は、夫李億ともう心さえも繋がっていないことを感じさせる、最後の手紙で、たぶん届先のない別れの手紙であろう。悲しくもあるが、凛とした女性を感じるものである。


2013年3月22日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩名都篇 曹植 魏<57-#2> 女性詩711 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2103
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原毀 韓愈(韓退之) <119-#7>Ⅱ中唐詩624 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2104
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集琴台 杜甫 <432>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2105 杜甫詩1000-432-615/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集遊嶺門山  謝霊運<21> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2106 (03/22)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性江陵愁望寄子安 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-112-47-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2107
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 


江陵愁望寄子安 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-112-47-#   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2107

魚玄機55021
卷804_40 【江陵愁望寄子安】魚玄機



江陵愁望寄子安
(江陵でとてもさびしい気持ちでいらっしゃるでしょう子安様よせる。)
楓葉千枝復萬枝,江橋掩映暮帆遲。
楓のまっ赤な千の枝が、万の枝に変わり秋も深まってきています。あなたのいらっしゃる大江の渡し場付近でも紅葉は広がって水面に映しているでしょう。あなたからのお手紙もなく心変わりされたことも船がなかなかつかないことのように感じております。
憶君心似西江水,日夜東流無歇時。

私のあなたを思う気持ちは長江の西の水と同じなのです。それは片時もやむことなく、東流していてやむ時がないことと同じことなのです。
(江陵の愁望、子安に寄す)
楓葉 千枝復た萬枝、江橋 掩映 暮れて帆遅。
君を憶う 心は似たり 西江の水、日夜 東流して 畝む時なきに。


『江陵愁望寄子安』 現代語訳と訳註
(本文)
楓葉千枝復萬枝,江橋掩映暮帆遲。
憶君心似西江水,日夜東流無歇時。


(下し文)
(江陵の愁望、子安に寄す)
楓葉 千枝復た萬枝、江橋 掩映 暮れて帆遅。
君を憶う 心は似たり 西江の水、日夜 東流して 畝む時なきに。


嘉陵江111111(現代語訳)
(江陵でとてもさびしい気持ちでいらっしゃるでしょう子安様よせる。)
楓のまっ赤な千の枝が、万の枝に変わり秋も深まってきています。あなたのいらっしゃる大江の渡し場付近でも紅葉は広がって水面に映しているでしょう。あなたからのお手紙もなく心変わりされたことも船がなかなかつかないことのように感じております。
私のあなたを思う気持ちは長江の西の水と同じなのです。それは片時もやむことなく、東流していてやむ時がないことと同じことなのです。


(訳注)
江陵愁望寄子安

江陵でとてもさびしい気持ちでいらっしゃるでしょう子安様よせる。
・江陵(こうりよう) 地名。湖北省の都市で、長江にのぞむ。武漢の上流にある。旧名荊州。天宝元年に江陵郡治となる。長安にいる魚玄機はこの時は李億がいる場所を知らないので漠然とした地名を挙げている。魚玄機が旅をして江陵にいるのではない。
この時、李億は、「江北」の江陵にいるのか、「江南」の岳州にあったか、「江南」の遠く浙江の地にあったか、ということがわからなかったのである。つまり早い段階で、李億は嫉妬心の強い正妻に第二夫人の魚玄機と別れさせられていたのである。そのことを知らない魚玄機が健気にも詩を作って贈ったのである。
ただ、花街で育った魚玄機にとって、李億の心変わりは判ってはいたことであろう。この詩は、「寄せる」と題しながら、李億に対する別れを意味した詩である。
・愁望 旅先の遠く李億がきっと憂愁の思いを抱いているであろう方を望むのである。この場合の「愁望」は魚玄機は寄せるのであるから、愁う、望むの主語は相手、つまり李億である。中国人の表現は自分も愁いにも持っていますがあなたはもっと愁いを持っておられるでしょうねということであり、だからこの詩を寄せるのですということである。漢文大系15の語訳はこのあたりが魚玄機が捨てられて狂ってしまったと思い込んでしまい「誤訳」しているのである。魚玄機は江陵にも、武漢にも鄂州にも来ていないのである。
・子安 李億のあざな。


楓葉千枝復萬枝,江橋掩映暮帆遲。
楓のまっ赤な千の枝が、万の枝に変わり秋も深まってきています。あなたのいらっしゃる大江の渡し場付近でも紅葉は広がって水面に映しているでしょう。あなたからのお手紙もなく心変わりされたことも船がなかなかつかないことのように感じております。
・楓葉 かえでの葉。楓や楡の木は西の方角、落ち葉を示し、暗に相手に対する気持ちがなくなってくることを確認するものと思われる。
・江橋 河にかけた橋。この江は長江で、土地勘のない魚玄機の表現である。この時代に江と呼ばれる大江にかかる橋はできていない。渡し場を示すもの。


憶君心似西江水,日夜東流無歇時。
私のあなたを思う気持ちは長江の西の水と同じなのです。それは片時もやむことなく、東流していてやむ時がないことと同じことなのです。
魚玄機55021・君 李億をさす。
・西江 広西省を流れる西江でもなければ、また湖北の監利県の東南にある西江をさすのでもなく、たんに普通名詞のように 「この西方にある川」というていどの意。つまり、西江をうけての下句、東流である。
・東流 東へむかって流れる。中國では常識を示す言葉であり、仕方ない出来事を云うものである。つまり、夫が、別の女のもとに走り、世継ぎを産んだ正妻は厳然として、自分は第二夫人であること、それらは判っておりますというあきらめほどの意味。
・歇 やすむ、つきる。本当に愛し合っているときにこんな表現はしないものである。